大相撲の勝武士が新型コロナ感染で死亡!持病はあった?原因は?

スポンサーリンク

大相撲の高田川部屋に所属する三段目の勝武士が、新型コロナ感染でなくなりました。
まだ28歳でした。力士は、一般の人よりもかなり体力も免疫力も高いと思われますし、28歳という若さなので、信じられません。
それだけ新型コロナウィルス感染は油断できないということです。

勝武士関は、

勝武士関が、新型コロナ感染で悪化して最終的には、新型コロナウイルス性肺炎による
多臓器不全で亡くなりましたが、そうなってしまった原因について、
今まで新型コロナでわかっていることから考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

病状の経過

相撲協会の発表によると、
勝武士関の病状の経過は次のようでした。

・4月4~5日 38度台の発熱。
       師匠らが保健所に電話をかけ続けたがつながりません。

→まず、保健所に電話し続けてもつながらないというのが、
 初期対応を遅らせてしまうので問題です。

・4月4~6日 近くの複数の病院に問い合わせたが
 受け付けてもらえず。

→保健所に電話がつながらなければ、
 近くの病院で相談ということになりますが、
 病院も新型コロナの疑いがあるのかと思って
 受け入れたくなかったのか、これも問題です。

・4月7日 さらに近所のまわりの病院にも相談しますが
 受け入れられず。

→近所や近隣の病院、何件もあたったのだと思いますが、
 どこも受け入れてくれないというのは、大問題です。
 どの病院も新型コロナの疑いがあると思ったのでしょうか。

・4月8日 熱が下がらず血痰があって救急車を呼びますが、
 受け入れ先の病院がなかなか見つからず、
 夜になってやっと都内の大学病院に入院。
 簡易検査の結果は陰性。

・4月9日 状態が悪化し、別の大学病院へ転院。
  すでに気管切開などの処置を受けたようです。        

・4月10日 PCR検査で陽性と判定。

・4月19日 状態が悪化し、集中治療室で治療を続ける。
 集中治療室での治療の詳しいことがわかりませんが、
 効果がでたといわれる治療薬は試されたのでしょうか。

・5月13日 午前0時30分、都内の病院で
 新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で死去

発熱が続いた初期段階で、
保健所にも近隣の病院にも治療を拒否された形で、
初期対応が遅れて悪化し、
死亡につながってしまったことが考えられます。

悪化させる持病があった?

新型コロナウィルスは、当初若い人では8割方は軽症といわれてました。
しかし、高齢者や持病がある人は悪化しやすいので注意ということが
言われていました。

勝武士関に持病はあったのでしょうか?

調べて見たところ、興味ある記事が見つかりました。

それが2016年1月17日の
大相撲初場所で「珍事!低血糖障害で不戦敗」の記事

当時、西54枚目の勝武士(24歳)が
土俵下の控えで全身が紅潮して手が震えて
相撲がとれなくなり、
不戦敗になっています。

この症状は、糖尿病による低血糖症でした。

勝武士関は糖尿病をわずらっていましたが、
病院には定期的に通っておらず、
血糖値のコントロールがうまくいってなかったと
思います。

通常は、薬と食事療法で、血糖値をコントロールしますが、
力士の食事だと、血糖値コントロールが難しそうです。

とにかく、勝武士関には糖尿病という持病がありました。
その後、インシュリン注射をずっと続けていたようです。

それで、中国の新型コロナ感染の重症化例では、持病をもっていることが
指摘されていましたが、
それは、
・高血圧
・糖尿病
・心血管障害
・慢性呼吸器疾患

が言われてます。

糖尿病があって血糖コントロールが良くないと
白血球や免疫に関わる細胞の機能が低下して、
体がウイルスと戦うの難しくなって、
悪化しやすいと考えられています。

勝武士関が新型コロナに感染して、悪化して亡くなられた原因の
もう1つには、
持病の糖尿病の血糖値コントロールが上手くいっておらず、
若いのに免疫力が低下していた可能性があります。

まとめ

勝武士関が28歳の若さで、新型コロナ感染で亡くなられたのは、たいへん残念なことです。なくなられた原因は、保健所や病院の初期対応のまずさと本人の持病の糖尿病の
コントロールが上手くいってなかったことが考えられます。

ご冥福をお祈りします。

このような悲劇を繰り返さないように、医療体制を整え直し、高血圧や糖尿病のような
持病がある人は、きちんと病気のコントロールをすることが大切だと思います。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました