ここひえR4とR3の違いを比較!風量や静音性がアップしてるよ! ショップジャパン卓上クーラー

家電製品

ここひえR4とR3の違いを比較!風量や静音性がアップしてるよ! をお届けします。

ここひえR4とR3は、ショップジャパンの卓上クーラー。
持ち運びができるコンパクトな冷風扇でたいへん人気があります。

ここひえR4は2022年モデル。 ここひえR3は2021年モデルです。

R4(2022年モデル)は、R3(2021年モデル)に比べて 、風量や静音性がアップして使い勝手が進化し、省エネ性も高くなっているのが違いです。

詳しくは、本文に書きましたがこの記事では次のことをまとめています。

・ここひえR4とR3の違いを比較
・ここひえR4とR3でおすすめはどっち
・ここひえR4とR3の共通の特長

ここひえR4のチェックはこちらから

ここひえR3のチェックはこちらから

CCH-R3WS [パーソナルクーラー ここひえ R3]

ここひえR4とR3の違いを比較

ここひえR4とR3の違いは次の点です。

・涼しさ(風量)
・静音性
・省エネ性
・連続使用時間
・首振りパターン
・サイズ・重さ

それぞれ説明します。

涼しさ(風量)の違い

ここひえは、気化熱を応用して室温から最大-10℃の冷風を出します。

で、送風の風速がR4は6.8m/秒、R3の2.9m/秒の約2倍になりました。

が速くなったことで風量が増えて、体感温度が低くなり、より涼しく感じるようになりました。
R4では、体感温度が約30%クールダウンするようになっています。

さらに吹き出し口も改善されてます。。

R3は吹き出し口全体で風を送っていました。

R4では吹き出し口の上半分からピンポイントで強い涼風を吹き出すように変更され、
より涼しさを体感しやすくなっています。

 

静音性

R4の運転中の運転音は、R3から約40%もダウンしました。

風量を最も弱い第1段階「おやすみモード」に設定した場合は40dB以下を実現しています。これは「図書館レベルの静かさ」です。

在宅ワーク中にここひえを使うときなど、音が静かなのはいいですね。

省エネ性

R4の消費電力は最大約4W(風量4(強)、首振りなし時)で、1時間の電気代が0.11円

R3は1時間の電気代が0.16円と比べて低減しました。

ただ、電気代は、R3もR4も、1日8時間で1か月使っても30~40円なので、どちらも省エネですね。

エアコンと比べたら、96%も省エネですよ。

連続使用時間

連続使用時間は、

R4:最大11時間
R3:最大9時間
R4の方が2時間長く使えますね。

R4は最大11時間なので、ゆっくり寝たい時でもずっと涼しさを楽しめて重宝しますよ♪

 

首振りパターン

R3では1段階(70°)しかなかった首振り機能。

R4では、標準(約30°)と広い(約70°)の2段階で調整可能になりました

より使い勝手が良くなりましたね。

サイズ・重さ

最後に、サイズと重さの違いをご紹介します。

サイズ 重さ
R4 (2022年モデル) 幅190×高さ201×奥行175mm 1.5kg
R3 (2021年モデル)) 幅176×高さ189×奥行173mm 1.15kg
R4が少し大きくなり、350gほど重くなりました。

よりコンパクトなモデルを求める方は、R3の方がいいですね。

ここひえR4のチェックはこちらから

ここひえR3のチェックはこちらから

CCH-R3WS [パーソナルクーラー ここひえ R3]

 

ここひえR4とR3でおすすめはどっち

R4はR3に比べて、より涼しく、より静かになっていて、連続使用時間や首振りパターンも改善されより使いやすくなっています。

価格もR4の方が安くなっていたりするので、(価格は日々変動してます)R4の方がおすすめです。

R3のメリットとしては、R4よりコンパクトで軽いという点ですで、微々たる差なので、
やはりR4の方がおすすめです。

ここひえR4のチェックはこちらから

ここひえR3のチェックはこちらから

CCH-R3WS [パーソナルクーラー ここひえ R3]

 

ここひえR4とR3の共通の特長

ここからは、ここひえR4とR3の共通の特長を紹介します。

冷風扇

「ここひえ」の冷風扇としてのしくみは次のようになっています。

水が蒸発する際に周囲の熱を奪う「気化熱」を利用した、特許出願済みの冷却構造「ハイドロチルテクノロジー」で、吹出口付近で室温に比べて最大-10℃の涼風を出すことができます。

エアコンは冷えすぎるというデメリットがあります。

でも「ここひえ」は水分を含んだしっとり冷風。空気が乾かず快適です。

2022年モデルのR4では、送風のしくみも改善されて風速アップし、より冷却効果を高めています。

軽量・コンパクト

軽量・コンパクトな卓上サイズだから、家の中でも野外でも持ち運びラクラクです!

モバイルバッテリーでも使えるので、家中どこでも設置ができるし、
野外でも使えますよ。

水を入れてスイッチを押すだけの簡単操作

取り外しが簡単な給水タンクに水を入れてスイッチを押すだけ!

あとは風量設定や首振り機能やタイマーのボタンで選ぶだけの簡単操作です。

また、上下に自由に風向きを調節する事ができます。

 

防カビ抗菌フィルターで清潔

ここひえオリジナル「防カビ抗菌フィルター」は、ここひえ従来のフィルターと比較してカビや菌の繁殖を抑えるので、クリーンな風で安心です。

ここひえR4のチェックはこちらから

ここひえR3のチェックはこちらから

CCH-R3WS [パーソナルクーラー ここひえ R3]

ここひえR4とR3の違いを比較!風量や静音性がアップしてるよ!のまとめ

ここひえR4とR3の違いを比較!風量や静音性がアップしてるよ! をお届けしました。

R4(2022年モデル)とR3(2021年モデル)は次の点が違います。
・涼しさ(風量)
・静音性
・省エネ性
・連続使用時間
・首振りパターン
・サイズ・重さ
R4(2022年モデル)は、R3(2021年モデル)に比べて 、風量がアップしてより涼しく、静音性もアップして使い勝手が進化し、省エネ性も高くなっています。

価格もR4の方が安くなっているので、R4の方がおすすめです。

ここひえR4のチェックはこちらから

ここひえR3のチェックはこちらから

CCH-R3WS [パーソナルクーラー ここひえ R3]

コメント

タイトルとURLをコピーしました