JA-16WとJA-18Wの違いを比較!取り付けは簡単?ハイアール窓用エアコン

家電製品

JA-16WとJA-18Wの違いを比較!取り付けは簡単?をお届けします。

JA-16WとJA-18Wは、2022年4月発売のハイアールの窓用エアコンです。
壁に穴を開ける必要がなく、工事不要で設置できる窓用のエアコンです。

コロナの製品より安価なので人気があります。

JA-16WとJA-18Wの違いが気になりますが、違いは冷房能力です。

詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

・JA-16WとJA-18Wの違いを比較
・JA-16WとJA-18Wの取り付けは簡単?
・JA-16WとJA-18Wの共通の特長

JA-16Wのチェックはこちらから

JA-18Wのチェックはこちらから
JA-16Wより冷房能力がやや高い

JA-16WとJA-18Wの違いを比較

JA-16WとJA-18Wの違いはその冷房能力です。

・JA-16Wの冷房能力は、1.40kW(50Hz)/1.60kW(60Hz)
 適応床面積は、鉄骨6~7畳 木造4~4.5畳

・JA-18Wの冷房能力は、1.63kW(50Hz)/1.90kW(60Hz)
 適応床面積は、鉄骨7~8畳 木造4.5~5畳

JA-18Wの方がJA-16Wより冷房能力は高いです。

ただ、木造の適応床面積は同じですし、鉄筋の適応床面積では、1畳ほどの違いです。

大きな冷房能力の違いはありませんね。

狭い部屋であれば、価格もお得なJA-16Wでいいと思います。

JA-16Wのチェックはこちらから

JA-18Wのチェックはこちらから
JA-16Wより冷房能力がやや高い

 

JA-16WとJA-18Wの取り付けは簡単?

取り付けに関しては、実際に取り付けた人の口コミからまとめてみました。

・取り付けに必要な部品はすべて梱包されています。

・他に必要なのは、ドライバー・幅広のビニールテープ・カッター
          窓の高さによっては脚立

・特殊な窓でなければ、取り付けは1時間以内で済んでいる口コミが多いです。

・一番問題になっていたのは、エアコン本体が20Kgぐらいあるので、窓に取り付けるときに、非力だと1人ではきびしいということでした。

参考に、JA-16WとJA-18Wの取り付け動画を紹介します。

ハイアール 窓用エアコン 窓エアコン JA-16P-W JA-18P-W 取付け方

JA-16Wのチェックはこちらから

JA-18Wのチェックはこちらから
JA-16Wより冷房能力がやや高い

JA-16WとJA-18Wの共通の特長

ここからは、JA-16WとJA-18Wの共通の特長 を紹介します。

工事不要で取り付けカンタン

壁に穴を開けずに工事不要で設置できるのがこの窓用エアコンの最大の特長です。

室外機もいらないので、室外機を置くスペースがなくても大丈夫です。

移動や引っ越しも楽々です。

窓の高さは、777mm~2005mmまで設置可能です。

マイナスイオン発生装置付き

マイナスイオン発生装置が付いているので、お部屋の空気をリフレッシュできます。

おやすみ運転機能

睡眠時に、冷やしすぎを防ぐおやすみ運転機能がついて、自動で温度調節してくれます。

タイマー入/切(1~12時間)も付いて、おやすみ時の使用が便利です。

JA-16Wのチェックはこちらから

JA-18Wのチェックはこちらから
JA-16Wより冷房能力がやや高い

JA-16WとJA-18Wの違いを比較!取り付けは簡単?のまとめ

JA-16WとJA-18Wの違いを比較!取り付けは簡単?をお届けしました。

JA-16WとJA-18Wの違いは冷房能力です。

ただ、JA-16Wの冷房能力は、1.40kW(50Hz)/1.60kW(60Hz)
適応床面積は、鉄骨6~7畳 木造4~4.5畳

JA-18Wの冷房能力は、1.63kW(50Hz)/1.90kW(60Hz)
適応床面積は、鉄骨7~8畳 木造4.5~5畳

と大きな違いはないので、狭い部屋であれば、価格も安いJA-16Wがおすすめです。

取り付けは難しくないですが、本体が20kgと重いので、取り付け時に非力だと、1人での取り付けは難しいかもしれません。

JA-16Wのチェックはこちらから

JA-18Wのチェックはこちらから
JA-16Wより冷房能力がやや高い

コメント

タイトルとURLをコピーしました