ドラマ「極主夫道」の娘役(向日葵)は誰?娘設定の評判は?

スポンサーリンク

10月スタートのドラマ「極主夫道」は玉木宏さんが主演で、その奥さんが川口春奈さんと豪華キャスト。二人には娘(向日葵)がいる設定ですが、その子役は誰なのでしょう。また原作には娘はでてきませんが、ストーリーはどう展開するのでしょうか。そこで
・ドラマ「極主夫道」の娘(向日葵)役は誰?
・原作にない娘の設定の評判は?

をまとめました。

スポンサーリンク

ドラマ「極主夫道」の娘役(向日葵)は誰?

娘の向日葵役は

ドラマ「テセウスの船」の佐野鈴役、
NHK朝ドラ「エール」のとみ役、
ドラマ「凪のお暇」の白石うらら役
などで幅広く活躍している「白鳥玉季」ちゃんです。

ドラマで玉季ちゃんの演技を見ている方はわかると思いますが、
その演技力は定評があります。

白鳥玉季ちゃんのプロフィールは

生年月日2010年1月.20日
2020年で10歳(小学5年生)
身長138センチ
趣味︓詩を書くこと・ 本を読むこと
特技︓笑顔・バランスボール
所属事務所は「スマイルモンキー」です。

玉季ちゃんの所属事務所「スマイルモンキー」は主に、
幼稚園児〜⾼高校までの子役やタレントが所属しています。

白鳥玉季ちゃんには妹がいて
実はテレビドラマに出演していました。
それが
2017年の木村拓哉さん主演ドラマ
「A LIFE〜愛しき⼈〜」の第2話です。

横顔だけですが、すっごく可愛い感じがします。
妹さんもいずれお姉さんの玉季ちゃんのように活躍してくるんでしょうね。

「極主夫道」の原作にない娘の設定の評判は?

「極主夫道」の原作では登場していない娘(向日葵)が
ドラマでは出演しますが、
原作ファンには、かなり酷評みたいですが・・

他にも

◆Aさん
最初はドラマ化で設定を変えるのはやめて欲しいと思いましたが、
キャストさんたちが皆素敵なので、ドラマはドラマ版と割り切って楽しもうと思います!でも娘の向日葵ちゃんが小学生で、母親役の川口春奈さんにがそのくらいの年齢のお子さんがいるように見えないのが気になります。

◆Bさん
漫画の「極主夫道」のファンなので設定が違うことはちょっと悲しくなりました。

◆Cさん
私は原作ファンなので漫画に忠実な方が良かったです。
ただ、キャストが豪華なので面白そうで楽しみです。

などの評判があります。

娘の向日葵ちゃんはたぶん10歳ぐらいの設定で
母親役の美久は26歳の設定でなので
16歳のときに子供になりますよね。

ありえないことはないですが・・
夫の龍とはどういうなれそめになるんでしょうか?

まあテレビドラマなので固いことは考えなくてもいいですか。

ドラマ「極主夫道」での娘(向日葵)はどんな設定かというと

小学生で、年齢に似つかわしくないほどのしっかり者で
母親の美久よりもどこか大人びている

という設定です。

あまりにもしっかりしていると、
父親役(玉木宏)
母親役(川口春菜)
の演技が少しかすんでしまうんではないかと
よけいな心配をしてしまいます。

また、娘を設定するなら幼児や幼稚園児くらいでも
良かったかなと思います。

まあ、しっかりものの小学生の娘を設定したことで
より面白くなるのであれば、それでいいですが・・
どうなるのかとても楽しみです。

まとめ

ドラマ「極主夫道」の娘役(向日葵)は、「テセウスの船」「エール」「凪のお暇」などで子役として活躍している「白鳥玉季」ちゃんです。演技には定評があります。「極主夫道」の原作にない娘役で、原作ファンには娘の設定には評判があまりよくありませんが、逆に娘を設定したことでより面白くなることを期待したいと思います。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました