MCK70YとMCK70Xの違いを比較!おすすめはどっち?ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機

気になる新製品

MCK70YとMCK70Xの違いを比較!おすすめはどっち?をお届けします。

MCK70Yは2021年10月発売のダイキン加湿空気清浄機の新モデルです。

MCK70Xは2020年12月発売の旧モデルです。

昨今は自宅で過ごす時間が増えていて、部屋の空気の質への意識が高まってますね。

そこで空気清浄機は需要がとっても増えています。

空気清浄器は機能性はもちろん、デザインやお手入れのしやすさも求められています。

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機は、旧モデルのMCK70Xも、空気清浄能力や脱臭能力の性能がたいへんいいと評判だったので、新モデルの MCK70Yもたいへん期待がもてます。

新モデルの MCK70Yは、旧モデルのMCK70Xと比べて何が違うのかとうと、次の点です。

・スリムデザインに変更と設置面積を約13%縮小
・運転音が約30%低減
・加湿量がアップ
・上からの給水が可能
・ニオイに合わせて選べる脱臭フィルター
・操作部が抗菌仕様に

MCK70Y(新モデル)はますます性能がアップしています。
詳しくは本文で説明します。

そこで、この記事では次のことをまとめています。

・MCK70Y(新モデル)とMCK70X(旧モデル)の違いを比較
・おすすめはどっち

 

MCK70Y(新モデル)のチェックはこちら

MCK70X(旧モデル)のチェックはこちらから

 

 

MCK70Y(新モデル)とMCK70X(旧モデル)の違いを比較

スリムデザインに変更と設置面積を約13%縮小

MCK70Yの新モデルはデザインが変わって、タワー型でスリムになりました。

そのため、設置面積が旧モデルのMCK70Xより約13%小さくなりました。

設置面積は、315(幅)×315(奥行)mm、業界最小クラスです。

デザインがタワー型でスリムになってスッキリしたので、置き場所の選択肢も増えて、リビングとか寝室とか部屋にも馴染みやすくなったと思います。

運転音が約30%低減

音の大きさって、一般的に「dB(デシベル)」が使われますが、同じdBでも、うるさく感じることもあれば、静かだと感じることがあります。

これは、人がうるさいと感じる周波数の問題があります。

なので、単純にdbが小さくなったから静かになるわけではありません。

そこで、実際に人間が聞こえる音がうるさいか静かかを判断する単位として、「SONE(ソーン)」という単位が使われます。

MCK70Y(新モデル)とMCK70X(旧モデル)では、運転音はどちらも54dBなのですが、実際に人間が感じる音のうるささ(SONE)は約30%も低減されています。

どうやって音の低減がされているかは次のポイントです。

・吹出口をワイド化
・送風ファンをフィルター下部に配置

ことことで、同じ運転音(dB)でも人間がうるさく感じる周波数の音が少なくなって、人間にうるさく感じる音が減っていると思います。

運転音って、人間の感覚の問題があるので、単純にdB比較ではダメなんですね。

 

加湿力がアップ

MCK70Yの新モデルは加湿量が700ml/hになります。

MCK70Xの加湿量は650ml/hでしたので50ml/hアップしています。

 

上からの給水が可能と洗いやすい給水タンク

MCK70Yの新モデルでは、給水タンクの構造が変更されているので、従来の給水方法に加えて、給水タンクを外さなくても、その場でも給水が可能になりました。

やかんとかで、その場で水のつぎ足しができますね。

給水タンクの上部が全面開口するようになり、内部の凹凸も少ないので、とても洗いやすくなっています。

ニオイに合わせて選べる脱臭フィルター

部屋で過ごす時間が増えると、部屋のニオイもけっこう気になりますよね。

MCK70Yの新モデルには、ニオイに合わせて5種類の脱臭フィルターが用意されてます。

ニオイによって、フィルターに吸着させる薬剤の配合を変えることで、ニオイごとの臭気成分を強力に吸着するので、脱臭効果を高めています。

ニオイにあわせたフィルターなので、より効果的に脱臭することができます。

普通の脱臭機能より、ニオイに合わせたフィルターを使うことで、より効果的な脱臭が
できるのは、メリットですね。

操作部が抗菌仕様に

MCK70Yの新モデルは本体の操作表示部に抗菌処理になっています。

電化製品の抗菌処理は、当たり前になってきていますね。

以上が、新モデルの MCK70Yと旧モデルのMCK70Xの違いです。

MCK70Y(新モデル)のチェックはこちら

MCK70X(旧モデル)のチェックはこちらから

 

 

 

おすすめはどっち

今回のモデルチェンジは、デザインから運転音、加湿量、給水方法の追加、特化フィルターなどと、かなり旧モデルから新モデルで機能アップしています。

予算があれば、何といってもおすすめは新モデルの MCK70Yです。

ただ、新モデルの MCK70Yと旧モデルのMCK70Xは、新モデル発売当初では3万円ほどの価格差があるので、旧モデルMCK70Xで十分という方は、旧モデルでもいいと思います。

MCK70Y(新モデル)のチェックはこちら

MCK70X(旧モデル)のチェックはこちらから

 

 

MCK70YとMCK70Xの違いを比較!おすすめはどっち?のまとめ

MCK70YとMCK70Xの違いを比較!おすすめはどっち?をお届けしました。

新モデルの MCK70Yは、旧モデルのMCK70Xと比べて、デザインも大きく変わり、
機能もかなりアップしています。

新モデルの MCK70Yと旧モデルのMCK70Xで、新モデル発売当初は価格差は大きいですが、デザイン性も機能性も使いやすさも新モデルの MCK70Yが優れています。

MCK70Y(新モデル)のチェックはこちら

MCK70X(旧モデル)のチェックはこちらから

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました