HD-LX1221とHD-LX1220の違いを比較!スマートリモコン対応に!ダイニチ加湿器

家電製品

HD-LX1221とHD-LX1220の違いを比較!スマートリモコン対応に!をお届けします。

HD-LX1221とHD-LX1220は、共にダイニチ加湿器のなかでLXシリーズと呼ばれるハイグレードモデルです。

最大33畳まで対応でき、リビングでも個室でも活躍する万能タイプで

HD-LX1221は2021年8月発売の新モデル。
HD-LX1220は2020年8月発売の旧モデルです。

HD-LX1221(新モデル)とHD-LX1220(旧モデル)の違いが気になりますが、違いは次の1点です。

HD-LX1221(新モデル)はスマートリモコンに対応になった。

ということでますます便利になっています。

その他の機能やスペックに、違いはありません。

詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

・HD-LX1221(新モデル)とHD-LX1220(旧モデル)の違い
・HD-LX1221(新モデル)とHD-LX1220(旧モデル)のどっちがおすすめ
・HD-LX1221(新モデル)とHD-LX1220(旧モデル)の共通の特長

HD-LX1221(新モデル)
スマートリモコンに対応

HD-LX1220(旧モデル)

 

HD-LX1221(新モデル)とHD-LX1220(旧モデル)の違い

HD-LX1221(新モデル)とHD-LX1220(旧モデル)の違いは、

HD-LX1221(新モデル)がスマートリモコン対応になったこと。

スマートリモコンというのは、エアコンやテレビなど家電のリモコンを1台にまとめることのできグッズで、しかもスマホからスマートリモコンを操作をすることができます。

さらに、スマートスピーカーと連携すれば、「加湿器つけて」や「加湿器の温度を○○%にして」といった音声操作も可能となります。

便利ですね。

ただし、スマートリモコン自体は付属していないので、自分で市販のものを用意する必要があります。

スマートリモコンなら、コチラがおすすめです▼

スマートリモコンを専門に開発・販売を行っている企業Natureの製品。
設定は非常に簡単で、音声操作は、Alexa・Google Home・Siriの大手3種類に対応してます。

Nature Remo 3Remo-1W3

設定は簡単

・スマートリモコンを用意。
・スマホにスマートリモコンのアプリをダウンロード。
・加湿器の運転モードをスマートリモコンに登録。

ネット通信・赤外線で加湿器を遠隔操作ができます。

HD-LX1221(新モデル)
スマートリモコンに対応

HD-LX1220(旧モデル)

 

HD-LX1221(新モデル)とHD-LX1220(旧モデル)のどっちがおすすめ

・新しいモデルが欲しい。
・遠隔操作で便利に使いたい。
という希望があれば、迷わずHD-LX1221(新モデル)がおすすめです。

・遠隔操作はなくてもいい
・機能が同じなら新モデルにこだわらない
という方は、HD-LX1220(旧モデル)でもいいと思います。

ただし、価格は日々変動していて、HD-LX1221(新モデル)がお得に購入できる場合があります。

HD-LX1221(新モデル)
スマートリモコンに対応

HD-LX1220(旧モデル)

 

HD-LX1221(新モデル)とHD-LX1220(旧モデル)の共通の特長

ここからは、HD-LX1221とHD-LX1220の共通の特長をご紹介します。

適している部屋の広さ、

部屋タイプ 適用面積
プレハブ洋室 ~約33畳(約60m²)
木造和室   ~約20畳 (37m²)
加湿量     1,200mL/h

かなり広いリビングでも、しっかり加湿でうるおせますね!

水タンクの容量は7Lもあります。

お部屋の乾燥度合いにもよりますが、標準運転で約6時間連続で加湿できるので、給水は1日1回でOKなのが手間いらずですね。

スピード加湿

HD-LX1221とHD-LX1220は、従来機種に比べて加湿スピードが大幅にアップしてます。

スピード加湿で約20~39分で、適湿と言われる50-60%にうるおします。

また、素早く加湿したい時に便利なのが、「ターボ運転」。
設定湿度に達するまで、加湿量を約15%もアップ。
より素早くパワフルに加湿できますよ。

4つの抗菌加工で清潔に加湿

加湿器というと、水の清潔度が気になりますよね。

HD-LX1221とHD-LX1220は、水と風の通り道に4つの抗菌加工が施されているので、
清潔に加湿できます。

1.Ag+抗菌アタッチメントEX

タンクのキャップに装着しているアタッチメントには、水中に抗菌成分が溶け出すような仕掛けがあります。

溶け出した抗菌成分により、タンク内の雑菌の繁殖がおさえられます。

2.抗菌フラットトレイ

水トレイは抗菌加工で、雑菌の繁殖をおさえます。
また、凹凸のないフラットな作りでお手入れも楽ちんです。

3.抗菌気化フィルター

抗菌・防カビ加工で、トレイ内の雑菌・カビの繁殖を抑えます。

4.抗菌エアフィルター

蒸気の出る部分も、しっかり抗菌加工で清潔です。
抗菌・防カビ・抗アレル物質(スギ花粉・ダニの死骸)で、空気中の雑菌やカビ、アレル物質の繁殖をおさえてくれます。

いつでも清潔な水で加湿できるので、安心ですね。

フィルター交換の目安は5シーズンもあるので、お得です。

ハイブリッド式で電気代もお得

HD-LX1221とHD-LX1220の加湿方式は、ハイブリッド式。

ハイブリッド式のメリットは、しっかり加湿ができるのに電気代がお得なことです。

しかも蒸気が熱くないので、小さなお子さんやペットが触ってもヤケドの心配はありません。

電気代は、1日8時間毎日運転しても、1ヶ月でたった149円!

電気代を気にせずに、ガンガン加湿できますね。

就寝時も快適加湿

おやすみ時に便利な運転モードが、「おやすみ快適運転」。

眠りにつくまでの間は、静かさ優先で、13dBというほとんど聴こえない程度の静音で運転してくれます。

その後も静かさを保ちつつ、50~70%の間でお好みの湿度にうるおし続けます。

乾燥で、朝起きたら喉が痛いという悩みのある方は、寝ている間も加湿すると改善しますよ♪

4つの運転モードと選べる湿度設定

運転モードは、次の4種類です。

標準:お好みの湿度設定に合わせておまかせで加湿量を調節。
静音:風量ひかえめで静かに運転。湿度が下がると一時的に素早く加湿するので、加湿機能もしっ
かり保たれます。
eco:気化式加湿のみで運転し、消費電力をおさえます。
のど・肌:のどやお肌をしっかりうるおしたい時に。室温に応じてできるだけ高い湿度を自動で保
ちながら運転します。

また、湿度の設定は50%、60%、70%からお好みで選べます。

お手入れカンタン

加湿トレイには、業界初の取り替えカバーが設置されてます。

このカバーのおかげで、面倒なトレイのお手入れがとっても楽ちんになってます。

【お手入れ簡単】おすすめ加湿器「LXシリーズ」カンタン取替えトレイカバーの紹介

カバーは繰り返し使えます。

コンパクトで持ち運びもカンタン

サイズは 幅390×奥行き245×高さ405mm。

A3の紙程度のスペースがあれば設置できるので、置き場所を取らずに家中どこでも使えるのが嬉しいですね。

上部にはしっかりした持ち手がついているので、持ち運びもカンタンです。

HD-LX1221(新モデル)
スマートリモコンに対応

HD-LX1220(旧モデル)

HD-LX1221とHD-LX1220の違いを比較!スマートリモコン対応に!のまとめ

HD-LX1221とHD-LX1220の違いを比較!スマートリモコン対応に!をお届けしました。

HD-LX1221(新モデル)とHD-LX1220(旧モデル)の違いが気になりますが、違いはHD-LX1221(新モデル)はスマートリモコンに対応になった点です。

新モデルにこだわりがある人やはスマートリモコンで便利に使いたいかたは、 HD-LX1221(新モデル)がおすすめですが、機能やスペックは変わらないので、新モデルやスマートリモコンにこだわりのない方は、お得に購入できるHD-LX1220(旧モデル)でもいいと思います。

HD-LX1221(新モデル)
スマートリモコンに対応

HD-LX1220(旧モデル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました