MCK55YとMC55Yの違いを比較!加湿機能の有無!ダイキンの空気清浄機

MCK55YとMC55Yの違いを比較!加湿機能の有無!をお届けします。

MCK55YとMC55Yは2021年10月に発売された ダイキンの空気清浄機

MCK55YとMC55Yの一番の違いは次の点です。

・MCK55Yは加湿機能あり、MC55Yは加湿機能なしです。

他にも・搭載センサーの違い・本体サイズの違いがあります。

詳しくは本文に書いていますが、この記事では次のことをまとめています。

・MCK55YとMC55Yの違いを比較
・MCK55YとMC55Yでそれぞれおすすめの人
・MCK55YとMC55Yの共通の特長

MCK55Yのチェックはこちらから(色は3色)

▼MC55Yのチェックはこちらから(色は1色)

MCK55YとMC55Yの違いを比較

MCK55YとMC55Yの違いは次の点です。

・加湿機能の有無
・搭載センサーの違い
・本体サイズ

それぞれ説明しますね。

加湿機能の有無

MCK55YとMC55Yの一番の違いは加湿機能の有無です。
MCK55Yは加湿機能あり、MC55Yは加湿機能なしです。

MCK55Yは加湿機能があるので、乾燥する季節にも使えます。
また、加湿器を別に用意する必要がないので、便利です。

MCK55Yは加湿機能があるので、さらに「のど・肌コース」というモードがあります。
のど・肌コースでは、のどや肌への快適な湿度を自動でコントロールしてくれます。

これはなかなか便利です。

搭載センサーの違い

MCK55YとMC55Yでは、搭載されているホコリセンサーが違っています。

MCK55Yは、ホコリ・ニオイ・PM2.5センサー
MC55Yは、 ホコリ・ニオイセンサー

MCK55Yは、PM2.5にも反応してくれるので、MC55Yより性能がいいですね。

本体サイズ

MCK55YとMC55Yでは、本体サイズも違っています。

MCK55Yのサイズは  H700×W270×D270 重さ 9.5kg(水なし)
MC55Y のサイズは H500×W270×D270 重さ 6.8kg

底面積は同じですが、MCK55Yは MC55Yより20cm高いです。

加湿機能がない分、MC55Yは背が低いコンパクトサイズです。

MCK55Yのチェックはこちらから(色は3色)

▼MC55Yのチェックはこちらから(色は1色)

MCK55YとMC55Yでそれぞれおすすめの人

MCK55YとMC55Yでそれぞれおすすめの人は次のような人です。

MCK55Yがおすすめの人

◎加湿機能が付いている空気清浄機が欲しい人
◎PM2.5 も心配なので、PM2.5センサーも付いていた方がいい人

MCK55Yのチェックはこちらから(色は3色)

MC55Yがおすすめの人

◎加湿器は別にあるので、加湿機能はなくてもいい人
◎PM2.5 は特に心配していないので、PM2.5 センサーまでなくてもい
い人

◎コンパクトな空気清浄機がいい人

MCK55YとMC55Yの共通の特長

MCK55Yには加湿機能がありますが、MC55Yと空気清浄機能の部分は同じです。

空気清浄適応畳数と性能

MCK55YとMC55Yの適応畳数は、25畳までです。

性能は、8畳の空気清浄が11分と同じです。

最大風量5.5㎥/分と同じです。

ストリーマによる空気清浄機能

ダイキンの空気清浄機には「ストリーマ」と言う空気清浄技術が使われてます。

これは、プラズマ放電を応用して発生するストリーマというエネルギーで、物質を分解する力があります。

そのストリーマを空気清浄機のフィルターについている菌や微粒子に照射して分解・抑制します。

MCK70Yダイキン加湿ストリーマ空気清浄機 ストリーマとイオン

ストリーマから出るプラズマイオンは、空気中のウィルスや菌、ニオイの元などを抑制する効果があります。

ストリーマの空気清浄機能で抑制できるのは、次のようなものです。

●浮遊ウイルス
●浮遊カビ菌
●フィルターに付着した有害物質
●フィルターに付着したウィルス
●フィルターに付着した細菌

さらにストリーマの空気清浄機能は、花粉・排ガス・PM2.5にも対応しています!

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機 効果

ダイキンのこの空気清浄能力は申し分ないと思います。

空気清浄能力を高めるTAFU(タフ)フィルター

空気中の微小なホコリや粒子、花粉を吸着して浄化するのは、フィルターですが、ダイキン空気清浄機では、TAFU(タフ)という特別なフィルターを使っています。

TAFU(タフ)フィルターは汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくいので、しっかりホコリや有害物質を吸着してくれます。

しかも、このフィルターは10年交換不要なのはうれしいですね。

10年経てばたぶん新しい機種に買い換えるでしょうから、フィルターは実質交換は不要と思っていいですね。

運転音の軽減

ダイキンの空気清浄機では、ワイドな吹き出し口と、ファンをフィルターの下部に配置することでの防音効果で、人が感じる運転音を軽減させています。

空気清浄の標準運転で、39dbとたいへん静かです。

MCK55Yのチェックはこちらから(色は3色)

▼MC55Yのチェックはこちらから(色は1色)

MCK55YとMC55Yの違いを比較!のまとめ

MCK55YとMC55Yの違いを比較!加湿機能の有無!をお届けしました。

MCK55YとMC55Yの一番の違いは、MCK55Yは加湿機能あり、MC55Yは加湿機能なしです。

他にも・搭載センサーの違い・本体サイズの違いがあります。

加湿機能やPM2.5のセンサーがあった方がいい方は、MCK55Yがおすすめです。
加湿機能やPM2.5のセンサーがなくても、シンプルにダイキンの空気清浄機が欲しい方は、MC55Yがおすすめです。

MCK55Yのチェックはこちらから(色は3色)

▼MC55Yのチェックはこちらから(色は1色)

コメント

タイトルとURLをコピーしました