ティファールフリームーブミニ6110と6420や6460との違いを比較

気になる物

ティファールのコードレススチームアイロン、フリームーブミニ6110と6420や6460との違いをまとめます。

2021年3月、ティファールよりコードレススチームアイロンの新商品「フリームーブ ミニ 6110」が発売されました。

ティファールのコードレススチームアイロンのフリームーブ ミニシリーズには、すでに6420と
6460の商品がありますが、新商品の6110との違いが知りたいですね。

そこで、

・フリームーブミニ6110と6420や6460との違いを比較
フリームーブミニ6110・6420・6460それぞれオススメの人
をまとめました。

フリームーブミニ6110と6420や6460との違いを比較

フリームーブミニシリーズは、新商品の6110の他に6420・6460があります。
その違いを比較説明します。

サイズ

まずアイロンのサイズです。

フリームーブミニシリーズは、名前のとおりミニサイズでコンパクトです。

サイズは、新商品の6110も6420も6460もどれも同じ大きさです。
10.6×21×13.4cmと、大きめの手の平サイズぐらいですね。

フリームーブミニシリーズはサイズ的にはどれも取り扱いしやすいと思います。

重さ

重さは、6110が860g、6420が870g、6460が920gと、6110が一番軽いです。

サイズは一緒でも、フリームーブミニシリーズで一番軽い6110はアイロン掛けが特に楽だと思います。

スチーム量

衣類のシワ伸ばしには「スチーム量」が多いほどシワほぐし効果がアップします。

フリームーブミニシリーズはサイズがコンパクトなので、スチーム量も少なくなるのではと
思うかもしれませんが、どれもパワフルなスチーム量です。

最大スチーム量は、6110は70g/分、6420は80g/分、6460は90g/分で、6110は他の
6420、6460よりは少ないですが、平均的な国産のスチームアイロンの最大スチーム量が10~20g台/分なので、少ないと言っても十分なスチーム量です。

さすがティファールのスチームアイロンは違いますね。

かけ面

かけ面とは、アイロンの底の衣類に当たる部分のことです。
かけ面の滑りがいいアイロンほど使いやすいです。

一般的に使われる材質は、セラミック・チタン・フッ素樹脂です。

滑りは、セラミックが一番優れていて、次にチタン、フッ素樹脂となります。

フッ素樹脂は滑りでは比較すると、セラミック・チタンに劣りますが、アイロンかけ面としては一般的によく使われていて、なんといっても値段が安いのが魅力です。

セラミックやチタンは、値段が高くなります。

6110と6420は、かけ面はフッ素樹脂で、6460はセラミックになります。

価格

6420や6460は、6110よりスチーム量が多かったり、かけ面が良かったりするので、6110より
価格は高くなります。

フリームーブミニシリーズで一番安いのは、6110になります。

 

6110、6420、6460の違いを表にしました。

   画像
  製品名フリーブミニ6110フリーブミニ6420フリーブミニ6460
サイズ
(幅x長さx高さmm)
106x210x134
重量(g)
860
870920
通常スチーム
(g/分)
0~80~100~14
最大スチーム
(g/分)
708090
注水量(ml)100
かけ面ふっそ樹脂ふっそ樹脂セラミック
電力1200w
100v
50-60HZ
1200w
100v
50-60HZ
1300w
100v
50-60HZ

フリームーブミニ6110・6420・6460それぞれオススメの人

フリームーブミニ6110オススメの人

・できるだけ軽量・コンパクトがいい
・値段もできるだけ安い方がいい
・スチーム量やかけ面は、最高でなくてもいい

フリームーブミニ6420オススメの人

・軽量・コンパクトがいい
・値段も安い方がいい
・スチーム量は最高でなくても、多い方がいい

フリームーブミニ6460オススメの人

・最軽量でなくてもコンパクトがいい
・スチーム量は、できるだけ多い方がいい
・かけ面も一番滑るのがいい
・価格は多少高くなってもいい

 

まとめ

ティファールのコードレススチームアイロン、フリームーブミニ6110と6420や6460との違いをまとめました。

ティファールフリームーブミニシリーズの6110・6420・6460はサイズは同じで手の平サイズのコンパクト設計。

重さは6110が最軽量の860g。

スチーム量は6460>6420>6110の順ですが、どれも国産のスチームアイロンのスチーム量より
はるかに多いスチーム量です。

かけ面は、6460がセラミックで一番滑ります。

価格は6110が一番安くなっています。

ティファールのフリームーブミニシリーズはどれもコンパクトで使いやすいので、あとは、求めるスチーム量、滑りやすさ、価格やアイロン掛けの頻度などでどの型を選ぶか決めるといいと思います。

次の関連記事も見てください
ティファールフリームーブミニ6110の口コミ評価をレビュー、特長も紹介

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました