HX-PK12とHX-L120の違いを比較!電気代は?おすすめはどっち?シャープ加湿セラミックファンヒーター

気になる新製品

HX-PK12とHX-L120の違いを比較!電気代は?おすすめはどっち?をお届けします。

HX-PK12は、シャープのプラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターで、2021年9月発売の新製品です。

HX-L120は従来機ですが、加湿しながら温風が出る、プラズマクラスターもついているので、とても人気の商品です。

今回の新モデルHX-PK12は、従来機HX-L120とどこが違うのか気になります。

新モデルHX-PK12は従来機HX-L120と比べて次の点が変わっています。

・風量が約30%アップして温風到達距離が約2倍。
・加湿量が約20%アップ。

ますます良い製品になりましたね。

詳しくは本文で説明していきます。

そこでこの記事では次のことをまとめています。

・新モデルHX-PK12と従来機HX-L120の違い
・電気代はいくらかかる
・おすすめはどっち

新モデルHX-PK1はこちら

 

▼従来機HX-L120はこちら

 

新モデルHX-PK12と従来機HX-L120の違い

 

新モデルHX-PK12と従来機HX-L120の違いは次の点です。

・風量が約30%アップして温風到達距離が約2倍。
・加湿量が約20%アップ

それぞれ詳しく説明していきます。

風量が約30%アップして温風到達距離が約2倍

新モデルでは風量が約30%アップしているんですが、その方法がおもしろいです。

1つは内部の風の通り道の構造を変えています。

もう一つが内部ファンの形を変えているんですが、そのファンの形が何と、テントウムシの羽根をまねているんですって。

テントウムシの羽根が強くて速い風を生み出す!って誰か研究していたんですね。

このテントウムシの羽根形状のファンで温風到達距離が約2倍になっています。

これはファンヒーターが離れていても、従来品より暖かいということなので、いいですね。

さらに風量が約30%アップ

 

加湿量が約20%アップ

新モデルHX-PK12では、従来機HX-L120に比べて加湿量が約20%アップしています。
加湿量アップに伴って、適用床面積も広くなっています。

加湿量がアップして、より早く乾燥した室内を加湿することができるので、いいですね。

 

新モデルHX-PK12では、温風強+加湿で、連続加湿時間が従来機HX-L120より若干短くなっていますが、加湿量は増えているのでデメリットにはならないと思います。

新モデルHX-PK12の連続加湿時間(50/60Hz)

温風強+加湿   約4.8h/約4.9h
温風弱+加湿   約12h/約13h
加湿のみ       約6.7h/約7.0h

従来機HX-L120の 連続加湿時間(50/60Hz)

温風強+加湿    約5.0h/約5.2h
温風弱+加湿    約12h/約13h
加湿のみ          約6.5h/約6.9h

また、新モデルHX-PK12ではタンク容量が増えています。

新モデルHX-PK12  タンク容量 3.1L
従来機  HX-L120  タンク容量 2.7L

タンク容量は大きい方が、多少でも給水の手間が減るので楽です。

新モデルHX-PK1はこちら

 

▼従来機HX-L120はこちら

 

 

電気代はいくらかかる

セラミックファンヒーターなので、消費電力はそれなりに使いますし、電気代もかかります。
温風使用時は、加湿してもしなくても電気代は変わりません。

新モデルHX-PK12と従来機 HX-L120 の消費電力と、1時間あたりの電気代は、次のようになっています。

○新モデルHX-PK12

消費電力(50/60Hz)
強   1200W/1150W
強+加湿 1200W/1150W
弱      620W/610W
弱+加湿   620W/610W
 加湿     570W/560W

1時間あたりの電気代(50/60Hz)
強    約32円/約31円
強+加湿 約32円/約31円
弱    約17円/約16円
弱+加湿 約17円/約16円
加湿   約15円/約15円

従来モデルHX-L120

消費電力(50/60Hz)
強     1200W/1150W
強+加湿 1200W/1150W
弱     650W/600W
弱+加湿  650W/600W
加湿    600W/550W

1時間あたりの電気代(50/60Hz)
強    約32円/約31円
強+加湿 約32円/約31円
弱    約18円/約16円
弱+加湿 約18円/約16円
加湿   約16円/約15 円

新モデルHX-PK12では、従来機 HX-L120に比べて、温風弱と加湿のみの消費電力が若干少なくなっています。

従って、新モデルHX-PK12では、(温風弱+加湿)と(加湿のみ)の運転で、1時間あたりの電気代が約1円ほど安くなっています。

新モデルHX-PK1はこちら

 

▼従来機HX-L120はこちら

気になる新モデルHX-PK1の口コミ評価については、次の記事にまとめていますので、参考にしてください。
シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12の口コミ評価をレビュー!

おすすめはどっち

新モデルHX-PK12では、風量が約30%アップして温風到達距離が約2倍。

また、加湿量が約20%アップしているので、暖房能力と加湿能力もだいぶ機能アップしています。

さらに、新モデルHX-PK12では弱や加湿モードでは消費電力が少なくなっているので、 新モデルHX-PK12はおすすめです。

従来機HX-L120は、若干在庫があるようですが、販売は中止になっていますね。

気になる新モデルHX-PK1の口コミ評価については、次の記事にまとめていますので、参考にしてください。
シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12の口コミ評価をレビュー!

新モデルHX-PK1はこちら

 

▼従来機HX-L120はこちら

 

 

HX-PK12とHX-L120の違いを比較!電気代は?おすすめはどっち?のまとめ

HX-PK12とHX-L120の違いを比較!電気代は?おすすめはどっち?をお届けしました。

シャープのプラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターの新モデルHX-PK12は、
従来器HX-L120に比べて、次の点が改良されています。

・風量が約30%アップして温風到達距離が約2倍。
・加湿量が約20%アップして業界トップクラスの加湿量。

新モデルHX-PK12は、性能がアップしているので、加湿セラミックファンヒーターでは、おすすめのモデルです。

気になる新モデルHX-PK1の口コミ評価については、次の記事にまとめていますので、参考にしてください。
シャープ加湿セラミックファンヒーターHX-PK12の口コミ評価をレビュー!

新モデルHX-PK1はこちら

 

▼従来機HX-L120はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました