ヨシタケシンスケさんの出身地や本名や出身高校大学は?年収は?

スポンサーリンク

ヨシタケシンスケさんはイラストレーターから、ユニークな妄想を広げる絵本「りんごかもしれない」で絵本作家としてデビュー。今や人気の絵本作家になっています。
そんなヨシタケシンスケさんの
・出身地
・本名
・出身高校大学
・年収
が気になったので、調べてみました。

最後に、ヨシタケシンスケさんがどうやって絵本を書いているかの動画を、
是非見てみてください。

スポンサーリンク

出身地

ヨシタケさんは、
神奈川県の茅ヶ崎市の出身です。

高校までは茅ヶ崎にいましたが大学から地元を離れています。

また、13年位前に茅ヶ崎に戻って仕事をされてます。

ヨシタケさんは、茅ヶ崎の魅力を次のように語ってます。

茅ヶ崎独特ののんびりした感じ、
海沿いの町独特のいい意味で油断している、
そんなちょっと珍しい空気を感じます。

海も近いので、子どもを連れて散歩に出かけたり
江の島に行くとTHE観光地!
近いのに遠くに来たようにも感じます。

そんなところもいいかな。

茅ヶ崎は縦に長くて、海もあるけど、山もあるんです!

そちらも見どころがありますよ。

 やはり、生まれ育ったところはいいんですね。

本名は?なぜカタカナ?

「ヨシタケシンスケ」さん

ペンネームなのは明らかですが、
本名が知りたいですね。

で本名は?

吉竹伸介」さんでした。

本名をカタカナにしただけでした。

ではどうしてカタカナにしたかは、本人も定かではないようですが、
説明によると
「大学生のころ、現代美術家のヤノベケンジさん
がデビューしてて、その名前がカタカナだったから」
と語っています。

絵本作家なので子供でも読めるように、
カタカナにしたのかな。とも思いますが・・・、

まあ漢字の「吉竹伸介」より
カタカナの「ヨシタケシンスケ」の方が
親しみやすいです。

一郎よりイチローの方が全然親しみやすいし
記憶に残りますよね。

でも、ヨシタケさん、
仕事によって漢字とカタカナを使い分けてるそうで、

コマ撮りアニメの人形や背景の美術などを作る
「造形の仕事」の時は、漢字の「吉竹伸介」
名前。
イラストや絵本の仕事の時は、カタカナの「ヨシタケシンスケ」
にしてるんですって。

出身高校大学は?

ヨシタケ シンスケさんは、
1973年6月17日生まれ、2020年で47歳

高校は、地元の「神奈川県立茅ヶ崎北陵高校」を卒業しています。
この学校の卒業生には、
宇宙飛行士の野口聡一さんやNHKアナウンサーの徳田章さんなどがいます。
ヨシタケシンスケさんも、この学校卒業の有名人になりましたね。

中学校は不明ですが、
たぶん地元茅ヶ崎の公立中学だと思います。

中学校は、ヨシタケさんの長身を生かしてバレーボール部で
キャプテンをしていたようですが、
体育会系の雰囲気になじめなかったり、
どうして勝たなくてはいけないか
など、スポーツや勝負事は性に合わなかったみたいです。

その後、ヨシタケさんは、難関大学の「筑波大学」に進学して
筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース」を卒業されてます。

年収は

絵本作家はマンガのような原稿料はなくて
受け取れる利益は印税のみです。

仮に絵本1冊の単価1200円として、
印税はわかりやすく10%とすると
1冊売って120円の利益です。

絵本ってそんなに売れるとは思わないですよね。
年に1万部売れたとしても120万。

これでは生活できないです。

でも
ヨシタケシンスケさんがブロンズ新社から刊行した4作品のみでも

「りんごかもしれない」    
「ぼくのニセモノをつくるには」
「もうぬげない」
「このあとどうしちゃおう」

の発行部数は、2017年1月時点で
100万部を超えていました。

一冊120円の利益として、
120×100万で1億2000万!!

そこから半分くらい税金が取られるので、
収入は5000~6000万くらい

「りんごかもしれない」の発刊が2013年4月なので、
2013年~2017年の4年間でこの収入。

年収にすると1500万円くらいですが、
年々加速度的に収入は増えていると思います。

2018年発行の
『おしっこちょっぴりもれたろう』1000円は
は発売1週間で10万部ですから

印税10%として
100円×10万部で1000万

たった1週間で1000万円ですよ!

2019年の『わたしのわごむはわたさない』1000円は、
発売前から注文殺到で
9万5千部の初版

発売してないのに、950万!

その後も絵本は売れ続け
2020年5月現在、
総売上数は何と400万部を超えているそうで、

印税一冊120円として

120円×400万部=4億8000万!!

ものすごい稼ぎです!!!

今後も、ヨシタケさんの絵本
どれほど売れ続けていくのでしょう。
売れれば、絵本作家ってほんとに儲かるんですね。
人の心をつかんで、売れる作品を描けるかが問題ですが
ヨシタケさん、そこがとてもうまいんですね。

絵本以外にも、
イラストレーターとして児童書の挿絵や
広告美術な造形の仕事での稼ぎもあります。

ヨシタケさん、いったいいくら稼ぐつもり!!!

最後に、ヨシタケさん、どうやって絵本を作っているか気になりますが、
その動画があるので、是非みてみてください。

絵本はどうやって作っているの?【ヨシタケシンスケ】

ヨシタケさん最新刊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしのわごむはわたさない [ ヨシタケ シンスケ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/5/15時点)

 

楽天で購入

 

 

まとめ

ヨシタケシンスケさんの「出身地」「本名」「出身高校大学」「年収」を調べてみました。ヨシタケは現在地元の茅ヶ崎にもどって仕事されてますが、絵本がものすごく
人気があって売れているので驚きました。子供だけでなく大人もはまってしまう不思議な魅力がある絵本なんですね。これからも、大人も楽しめる絵本、どんどん作って
楽しませてください。


コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました