増田明美さんの年齢や血液型は?実家はどこ?旦那や子供は?

スポンサーリンク

元女子マラソン選手で1984年のロサンゼルスオリンピックにも出場、当時、日本における女子長距離ランナーの星と言われた増田明美さん。増田さんは、現役引退後は、スポーツライターに転身して、テレビでレースの解説をしたり、タレント・ナレーターなど
様々な分野で活躍中です。
そんな増田さん、
・年齢や血液型
・実家は
・旦那や子供は
が気になったので調べてみました。

最後に、増田さんの細かすぎる解説の動画があるので是非見てみてください。

スポンサーリンク

年齢や血液型は?

増田明美(ますだ・あけみ)さん
本名は、結婚されて「木脇明美」さん

生年月日は、1964年01月01日
前回の東京オリンピックがあった年の
元旦に生まれてるんですね。

2020年で、年齢56歳

前回の東京オリンピックから56年経つ
ということです。

血液型はAB型です

この血液型は長距離ランナーでは結構重要です。

増田明美さんの名言がありますが、
長距離ランナーで大成するのは、だいたいO型かAB型」
なんだって!

オリンピック出場選手を中心に血液型を調べてみました。

O型:高橋尚子、藤原新、野口みづき、土佐礼子、
   坂本直子、市橋有里、山口衛里、瀬古利彦、君原健二

A型:福士加代子、浅利純子、谷川真理、佐々木七恵、佐藤信之、森下広一

AB型:有森裕子、増田明美、宗兄弟

B型:尾形剛

ホント!長距離ランナーで大成してるのは、
ほぼO型かAB型ですね。

ちなみに、今度の東京五輪のマラソン代表候補の血液型は
中村匠吾   A型
服部勇馬   O型
大迫傑     O型
(女子候補は不明)

実家はどこ?

増田さんの実家は、千葉県夷隅郡岬町
現在は、いすみ市になってます。

場所は地図を見ないとよくわかりませんが、
九十九里浜の最南端で、専業農家でした。

マラソンと何も関係ないように思いますが、
小さいときから走ることの下地があります。

まず実家の周りはみかんを栽培している山で
幼いころから鬼ごっこで野山を走り回っています。

また、増田さんが「忘れ物ナンバーワン」
の小学校時代だったからです。

小学校までは2.5kmあったそうですが、
忘れ物がひどく、
玄関に体操着や,音楽の笛などをよく忘れて、
学校までの1.5kmぐらいで
「あ,忘れ物をした!」と思い出して,
先生に怒られるのが嫌で
走って家まで取りに帰ってたといいます。

中学校もい30分以上かけて自転車で通っていたので、

そんなこんなで子供のころから
知らないうちに足腰が鍛えられていたと
増田さんが話しています。

旦那や子供は?

増田明美の旦那さんは、ファイナンシャル・プランナーの一般男性
木脇祐人さん
2005年の2月、
増田さんが41歳のときに、
結婚してます。

旦那さん、スポーツとは関係ないですが、
どうやって知り合ったか気になりますね。

なんと、キューピッド役は、
あの「サンプラザ中野」さん。

まず2004年に、
中野さんと増田さんが
『走る塾』という対談本を出版してます。

で、旦那さんはもともと中野さんのファンで、
アマチュアバンドをやっていたこともあって
中野さんと知り合っていました。

旦那さんが中野さんから、本の出版記念で
増田明美さんと食事会するときに、
旦那さんも誘われたのが、
増田さんとの出会いのきっかけです。

すごく意気投合して、4カ月後には結婚してます。

旦那さんは、こっけいなところがあって、
ハーフマラソンに夫婦で参加したとき、
「増田明美の夫」、というゼッケンで走って、
会場の笑いを誘ったそうです。

お二人に、お子さんはいません

増田さんは、長距離ランナーとして
すごく体に無理をかけていたそうで、
旦那さんもそのへんはわかっていて、
結婚のときに、「子供が欲しかったら
41歳の明美さんとは結婚しなかった」
と語っています。

最後に、増田さんの細かすぎる解説の動画があるので、
是非見てみてください。

2016年12月21日『ニューイヤー駅伝』増田明美の細かすぎる解説☆ – like!

まとめ

元女子マラソンランナーの増田明美さんの「年齢や血液型」「実家は」「旦那や子供は」を調べました。増田さんが生まれたのは、前回の東京オリンピックのときで、血液型は、長距離ランナーと関係があるのは面白いです。実家は田舎の農家で学校まで遠かったことも足腰が鍛えられたことにつながったみたいです。旦那さんとは、ほんとに馬が合ったんですね。電撃結婚です。
増田さんのレース解説はおもしろいので、いつも楽しみにしています。今後も多方面での活躍を期待しています。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました