伊藤守(アキレス社長)の高校や大学や経歴は?会社の注目製品は?

スポンサーリンク

伊藤守さんは、アキレス株式会社の社長さんです。アキレスというとあの「瞬足」のシューズが有名ですが、実はシューズメーカーではなく、プラスチックフィルム、産業資材の大手メーカーです。今は新型コロナ対策で「飛沫防止シート」や「医療用テント」なども作っています。TVの「カンブリア宮殿」に出演されましたが、アキレスの社長の伊藤守さんはどんな方か知りたいと思います。
そこで、
・伊藤守さんの伊藤守(アキレス社長)の高校や大学や経歴は?
・会社の注目製品は?
をまとめました。

カンブリア宮殿【 コロナ危機で真価を発揮 素材の力で日本を救う!アキレスの全貌 】
スポンサーリンク

高校や大学や経歴は?

伊藤守(いとう まもる)社長
生年月日は、1954年1月31日
2020年で66歳
出身は山形県大石田町です。

大石田町は、
山形県のほぼ真ん中にあって
日本三大急流の1つの「最上川」が
悠々と流れる風光明媚な土地ですが、
冬は豪雪で生活がとてもたいへんです。

私も山形に住んでいたことがあるので
冬場のたいへんさはよくわかります。

伊藤社長は
中学生の頃から化学に興味があって、
図書館で大学生が読むような専門書を読んでたそうです。

高校は「山形県新庄北高」を卒業
大学は、「山形大学工学部」に進学卒業しています。

そのあと、
「東京工業大学大学院総合理工学研究科」に進学卒業しています。

大学院卒業後の
1979年4月
興国化学工業(現在のアキレス株式会社)に入社します。

伊藤社長、アキレス社一筋だったんですね。

最初は営業をやっていたそうですが、
その後研究と開発の技術屋になり、
1984年から導電性ポリマー(導電性高分子)の研究を始めます。

通電性ポリマーって
簡単に言うと、
「プラスチックなのに電気を通す」
という材料です。
その研究部門に配属させてもらって
当初は何と一人でその研究を続けたのだとか

アキレスの導電性ポリマーは
パソコンのハードディスクなどに使われ
今や世界のパソコンの25%のシェアを獲得するほど
大きく成長しています。

伊藤社長はこの通電性ポリマーの研究開発で
アキレスの業績に大きく貢献しました。

その後、伊藤社長は
取締役研究開発本部長・専務を経て
2012年6月からアキレスの取締役社長として、
辣腕をふるっています。

営業から技術屋から経営者としても
優れた才能を発揮されている経歴ですね。

そんな伊藤社長は多趣味の持ち主で、
「映画、演劇、日本画、浮世絵、
 カンツォーネ、ジャズ、クラシック音楽」」など
日帰りで全国の美術館巡りまでするほどの熱の入れようです。

アキレス会社の注目製品は?

アキレス株式会社は一部上場で
年間売上高は約870億円。
従業員数は約1,300人。

◆あの瞬足シリーズは
 年間400万足もの売り上げがあり、
 累計販売数は7000万足に達しています。

 アキレスでは、瞬足を作っているだけでなく、
 子供の足の健康と成長を促す「足育活動」
 という普及啓発もやっていて、
 全国で足型測定会や足育相談室を行ってます。

 瞬足の開発はどうやって生まれたか?ですが、
 アキレス社のすごいところは、
「現実を見て、現場に足を運び、現物に触れる」
  という三現主義で
 瞬足開発スタッフは、
 小学校の運動会に何度も通ったそうです。

 ある時、コーナーで転んで泣いている子供がいたそうで、
 その瞬間、左回りコーナーを減速せずに走る
 『左右非対称ソール』というアイデアが生まれたということです。

アキレス社は実は、シューズよりも素材関連で色々作っていました。
その一部を紹介します。

◆一年中快適温度を自動調整する枕とマットレス
いいですね♪ 欲しいですね!

◆アキレスの吹き付け式遮光剤『ファインシェード』は、簡単にハウス内の温度上昇を抑えることができる優れもの。

◆今回コロナウィルスに対応した、抗ウイルスの国産子供用ブーツも
開発しているんですね。
このブーツ、
抗ウイルス性試験で、
表面に付着した代表的なウイルスが
24時間後には99%以上低減したというすぐれもの。

これ興味がありますね。

◆コロナウィルスに効果があるかはまだ検証されていないようですが、
抗ウイルス性・抗菌性軟質フィルムも開発しています。

アキレス社の技術は、
半導体に使われるフィルム、
建設資材用の断熱材、
航空機、
宇宙開発など
他業種で注目されています。

伊藤社長の言葉ですが、

「革新というのは、あるものにまったく別の発想の何かが
 融合したときに起きるものだと思います。」

「まったく違う異業種が融合して化学反応を起こして
 新商品が開発されていきます。」

なるほど、同じ業種内での開発では、固定観念が生まれやすいので
革新的なものは生まれにくいですよね。

何か新しいものが生みだすには、
橫のつながりで今までにない発想をするということですね。
参考になりました。

最後に、アキレスの会社紹介の動画があるので是非見てみてください。

アキレス会社紹介

まとめ

アキレス社の伊藤守社長さんの高校大学や経歴、アキレス社の注目製品をまとめました。伊藤社長はアキレス社一筋で社長になられた方ですが、営業や技術屋も経験しているので、現場のことをよくわかって製品開発されているようです。だからアキレス社は、瞬足のシューズのみでなく、様々な業種で本当に必要とされる素材を開発できているんですね。アキレス社の製品って興味がわくものばかりで、もっといろいろ知りたいと思いました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました