TAS-X6とTAS-X5の違いを比較!おすすめはどっち?東芝のコードレス衣類スチーマー

家電製品

TAS-X6とTAS-X5の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けします。

TAS-X6は、東芝のコードレス衣類スチーマーLa・Coo S(ラクーエス)シリーズの2021年11月発売の新モデルです。

旧モデルはTAS-X5です。

衣類スチーマーって手軽に衣類のシワを伸ばせるし、除菌や脱臭にも使えるので、人気があります。

東芝のコードレス衣類スチーマーのTAS-X6もTAS-X5もコードレスでも使えるし、コード付きでも使えるので、状況によって使い分けられてたいへん便利です。

今回の新モデルTAS-X6は旧モデルTAS-X5と、どこが違うのか気になります。

新モデルTAS-X6は旧モデルのTAS-X5と次の点が違っています。

・最大スチーム量
・スチーム持続時間
・タンク容量
・ワンプッシュ連続スチーム
・給電タイミングを通知
・低温設定でもスチーム噴射可能

大幅なモデルチェンジがされていますが、詳しくは本文で説明しますね。

新モデルTAS-X6のチェックはこちらから(色は2種類)

▼旧モデルTAS-X5のチェックはこちらから(色は2種類)

 

TAS-X6とTAS-X5の違いを比較

新モデルTAS-X6と旧モデルのTAS-X5は次の点が違っています。

・最大スチーム量
・スチーム持続時間
・タンク容量
・ワンプッシュ連続スチーム
・給電タイミングを通知
・低温設定でもスチーム噴射可能

それぞれ詳しく説明します。

 

最大スチーム量

そもそも、コードレス状態でスチームを連続的に出すのは大変です。

また、衣類スチーマーは本体を垂直にして使うので、垂直状態で安定してスチームを放出するのもたいへんです。

東芝は水タンクや気化室の形状や配置、バルブ(弁)を使ったりして、コードレスで垂直状態でも安定したスチーム量を放出することに成功しています。

新モデルTAS-X6では、さらに東芝独自の充電回路と電動ポンプを使ってスチーム量を増やしています。

TAS-X6(新モデル) コードレス時 最大約14mL/分

TAS-X5(旧モデル)コードレス時 最大約12mL/分

最大スチーム量は、TAS-X6(新モデル)はTAS-X5(旧モデル)から最大約16%も増えました

スチーム量は多いに越したことはありません。
新モデルTAS-X6では、より早く衣類のシワを伸ばせるということですね。

最長スチーム持続時間

スチーム持続時間も、新モデルTAS-X6では、旧モデルより大幅に改善されていますね。

TAS-X6(新モデル) コードレス時 約2分間
TAS-X6(新モデル) コード付き時 約10分20秒

TAS-X5(旧モデル) コードレス時  約1分30秒
TAS-X5(旧モデル) コード付き時  約7分10秒

スチームも、少しでも長い時間噴出してくれた方が、衣類のシワをたくさん伸ばせますね。

タンク容量

新モデルTAS-X6では、最大スチーム量と最長スチーム持続時間が増えているので、
タンク容量も大きくなっていますね。

TAS-X6(新モデル)のタンク容量 115ml
TAS-X5(旧モデル)のタンク容量   65ml

新モデルTAS-X6で水を満杯に入れると、その分重くなりますが、本体重量自体は、
若干ですが、新モデルの方が軽くなっています。

TAS-X6(新モデル)の本体重量  690g
TAS-X5(旧モデル)の本体重量  710g

水を満杯に入れた状態で新旧モデルの重さを比べると

TAS-X6(新モデル)の本体重量+水満杯  805g
TAS-X5(旧モデル)の本体重量+水満杯  775g

TAS-X6の新モデルでは、水を満杯に入れても、旧モデルの水満杯より30gしか重くないので、重さの差はほとんどわからないと思います。

 

ワンプッシュ連続スチーム

TAS-X6の新モデルでは、ボタンを1回押すだけで、連続してスチーム噴射する機能
「ワンプッシュ連続スチーム」機能が付きました。

ワンプッシュでコードレス時は最長約2分間スチームが連続して出ます。

ずっとボタンを押してなくてもスチームがでるので、手にかかる負担が軽減されますね。

給電タイミングを通知

TAS-X6の新モデルでは、コードレスで使っているときに、かけ面温度が下がってくると、ランプとブザーで給電タイミングをお知らせしてくれるようになったので便利です。

 

低温設定でもスチーム噴射可能

TAS-X5の旧モデルでは、低温設定時にはスチーム機能が十分でなかったのですが、
TAS-X6の新モデルでは低温設定時も含めて、全温度でスチーム噴射可能になりました。

全温度でスチーム噴射可能というのは、低温設定での衣類にもスチームが使えるので
便利ですね。

新モデルTAS-X6のチェックはこちらから(色は2種類)

▼旧モデルTAS-X5のチェックはこちらから(色は2種類)

 

 

おすすめはどっち

新モデルTAS-X6は、旧モデルはTAS-X5から大幅なモデルチェンジがされています。

一番は、タンク容量が大きくなって、最大スチーム量やスチーム持続時間が大幅に増えています。

日頃スチームする衣類の枚数が多い方では、新モデルTAS-X6の方が絶対便利です。

1回にスチームをかける衣類の枚数が少ない、時間も短時間というような方は、旧モデルはTAS-X5でも十分だと思います。

ただ、旧モデルTAS-X5は在庫限りだと思うので、お早めどうぞ。

新モデルTAS-X6のチェックはこちらから(色は2種類)

▼旧モデルTAS-X5のチェックはこちらから(色は2種類)

 

 

TAS-X6とTAS-X5の違いを比較!おすすめはどっち?のまとめ

TAS-X6とTAS-X5の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けしました。

TAS-X6(新モデル)とTAS-X5(旧モデル)では、次の点が違っています。

・最大スチーム量
・スチーム持続時間
・タンク容量
・ワンプッシュ連続スチーム
・給電タイミングを通知
・低温設定でもスチーム噴射可能

TAS-X6(新モデル)では、何より最大スチーム量と持続時間が大幅に改善されているので、日頃スチームをかける衣類の枚数が多い方にはおすすめの商品です。

新モデルTAS-X6のチェックはこちらから(色は2種類)

▼旧モデルTAS-X5のチェックはこちらから(色は2種類)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました