RE-WF262とRE-WF261の違いを比較!共通の特長は?シャープ過熱水蒸気オーブンレンジ

気になる新製品

RE-WF262とRE-WF261の違いを比較!共通の特長は?をお送りします。

RE-WF262は2021年9月発売のシャープ過熱水蒸気オーブンレンジの新モデルです。

RE-WF261は2020年9月発売の旧モデルです。

旧モデルRE-WF261も、総庫内容量26Lで2段オーブンレンジで、コンパクトでデザインも良く、操作もシンプルで使いやすいと評判です。

新モデルRE-WF262も期待がもてますが、旧モデルRE-WF261とは何が違っているのか
気になります。

新モデルRE-WF262と旧モデルRE-WF261では、機能的には全く同じです。

違いは、掲載メニュー数と自動メニュー数が、新モデルでは増えているので、より使いやすくなっていると思います。

詳しくは本文で説明します。

▼RE-WF262(新モデル)はこちら(色は2種類)

▼旧モデルRE-WF261はこちら(色は2種類)

 

 

RE-WF262とRE-WF261の違いを比較

RE-WF262(新モデル)とRE-WF261(旧モデル)は、機能的には全く同じです

主な機能は次のようになります。

これに細かいメニューや自動でできるメニューが設定されているわけですが、その数が
RE-WF262(新モデル)とRE-WF261(旧モデル)で違っています。

RE-WF262(新モデル)・・・掲載メニュー数(125)/自動メニュー数(106)
RE-WF261(旧モデル)・・・掲載メニュー数(113)/自動メニュー数(95)

新モデルは掲載メニューが12、自動メニュー数が11増えて、より色々な調理に対応できるようになっています。

▼RE-WF262(新モデル)はこちら(色は2種類)

▼旧モデルRE-WF261はこちら(色は2種類)

 

 

RE-WF262とRE-WF261の特長

RE-WF262(新モデル)とRE-WF261(旧モデル)は機能的には同じなので、その特長を
まとめます。

2段熱風コンベクション

庫内は2段になっているので、同時にお菓子とパンなど2品調理出来て便利です。

おかずによっては3品同時もいけます。

また、熱風コンベクションといって、ヒーターで発生させた熱を対流させて、熱風で食材を焼き上げる機能になっています。

熱風が庫内を対流して循環するので、温度を均一に保って、少ない焼きムラで仕上がる点がメリットです。

ヒーターのみのオーブンだと、熱源に近い表面だけが焦げて食材の中までは火が通っていないこともありますが、コンベクション調理だと、外はパリっと中までしっかりと焼き上げることができます。

シフォンケーキやローストチキンなどの大きな食材も焼きムラを抑えてすばやく焼き上げることができます。

家庭で本格的なオーブン料理が楽しめるのでいいですね。

冷凍食品あたため

レンジ機能の、冷凍食品の自動温め機能が便利です。

ワット数の調整や温め時間の設定などが不要で、全部自動で冷凍食品を温めてくれるのはうれしいですね。

手軽にノンフライ調理

過熱水蒸気とヒーターの加熱の組み合わせで、ノンフライでも、表面はカリっと中はジューシーなの揚げ物や焼き物が簡単に調理できます。

揚げ物が揚げなくてもおいしくできるのも、重宝しますね。

コンパクトサイズで左右ピッタリ置きOK

オーブンレンジって置き場所に結構困ったりしますが、このシャープのオーブンレンジは、コンパクトで、回りの空間も上だけあればいいんですね。

天面は10センチ以上の空間が必要ですが、左右や後ろに空間を作る必要がなく、ピッタリと置けるので、限られた狭いスペースにも置くことができます。

これはけっこうなメリットだと思います。

大きさは幅487mm × 奥行450mm × 高さ367mmで重さは約18キロになります。

くっきり見やすいホワイトバックライトとシンプル操作

前面の表示画面は、大型のホワイトバックライト液晶でとても見やすいです!

また、キー操作も、シンプルなキーとダイヤル配置です。

左側のボタンでモードを選択し、右側のダイヤルを回して温度や時間を設定しますが、
操作パネルの左から右へ順番に操作していけば迷わずに使えるようになっているので、
わかりやすいです。

らくチン1品

「らくちん!センサー」というのが搭載されているので、食品から発生する蒸気量で、食品の状態を検知して、分量が変わっても自動で調理してくれます。

 

例えば、1~4人分の食材と調味料を耐熱容器に入れ、「らくチン! 煮物」または「らくチン! ベジ」を選択しスタート。

らくちんセンサーが食品から発生する蒸気を検知して仕上がりを自動で調節してくれるので、分量の入力がいりません。

おまかせで調理できるので、これは確かに楽ちんです。

▼RE-WF262(新モデル)はこちら(色は2種類)

▼旧モデルRE-WF261はこちら(色は2種類)

 

RE-WF262とRE-WF261の違いを比較!共通の特長は?のまとめ

RE-WF262とRE-WF261の違いを比較!共通の特長は?をお届けしました。

RE-WF262(新モデル)とRE-WF261(旧モデル)の違いはメニュー数だけなので、旧モデルでも十分に使えると思います。

機能は同じでも少しでもメニュー数が多い方がいいという方は、は新モデルのRE-WF262がいいです。

▼RE-WF262(新モデル)はこちら(色は2種類)

▼旧モデルRE-WF261はこちら(色は2種類)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました