HD-RXT521とHD-RX520の違いを比較!トレイカバーが付いた!ダイニチ工業加湿器

家電製品

HD-RXT521とHD-RX520の違いを比較!トレイカバーが付いた!をお届けします。

HD-RXT521とHD-RX520は、ダイニチ工業のハイブリッド式加湿器です。

HD-RXT521は2021年発売の新モデル。
HD-RX520は2020年発売の旧モデルです。

違いが気になりますが、一番大きな違いは次の点です。

HD-RXT521(新モデル)には、トレイに取替用カバーがついた。

加湿器のトレイって、洗うのが面倒ですが、このトレイカバーがついたために、トレイのお手入れが超簡単になりました。

あと本体の色のバリエーションが違っていますが、性能や機能は同じです。

詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

・HD-RXT521(新モデル)とHD-RX520(旧モデル)の違いを比較
・HD-RXT521(新モデル)とHD-RX520(旧モデル)でどっちがおすすめ
・HD-RXT521(新モデル)とHD-RX520(旧モデル)の共通の特徴

HD-RXT521(新モデル)
トレイカバーが付いた
 

HD-RX520(旧モデル)

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 クリスタルホワイト HD-RX520-W [HDRX520W]【RNH】【FBMP】

HD-RXT521(新モデル)とHD-RX520(旧モデル)の違いを比較

HD-RXT521とHD-RX520の違いは次の点です。

・トレイカバーの有無
・本体カラーバリエーション

トレイカバーの有無

HD-RXT521(新モデル)には、簡単に取替ができるトレイカバーが付きました。

これは、”業界初”だそうです。

トレイって水をいれておくので、汚れやすかったり、カビやすかったりして、お手入れが
ちょっと面倒です。

でも、簡単取替えトレイカバーが付いて、お手入れが格段に楽になりました。

トレイカバーは1シーズンごとに外して交換します。

カバーは使い捨てなので、汚れたカバーを洗う必要がなく捨てるだけなので、お手入れがとっても楽ですね。

ここで、次のことが疑問になる方がいると思います。

HD-RX520(旧モデル)にはこのトレイカバーは付けられないか?

残念ながら、HD-RX520(旧モデル)には適合していない。
ということです。

 

カラーバリエーション

HD-RXT521(新モデル)とHD-RX520(旧モデル)ではカラーバリエーションが違います。

HD-RXT521(新モデル)のカラーは

・ショコラブラウン
・サンドホワイト
・ホワイト×ブラック の3種類です。

 

HD-RX520(旧モデル)のカラーは

・プレミアムブラウン、
・クリスタルホワイト、
・ホワイト×ブラック  の3種類です。

 

色はお好みですね。

HD-RXT521(新モデル)
トレイカバーが付いた
 

HD-RX520(旧モデル)

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 クリスタルホワイト HD-RX520-W [HDRX520W]【RNH】【FBMP】

HD-RXT521(新モデル)とHD-RX520(旧モデル)でどっちがおすすめ

HD-RXT521(新モデル)がおすすめの人

・とにかく新モデルの方がいい人
・お手入れが楽なトレイカバーが付いてた方がいい人
・新モデルのカラーで好きな色がある人

HD-RXT521(新モデル)
トレイカバーが付いた
 

 

HD-RX520(旧モデル)がおすすめの人

・トレイカバーはなくていいから、お得に購入したい人

トレイは仕切りがなくてフラットで洗いやすいので、トレイカバーなどというものは必要ない考える方もいると思います。

また、トレイカバー代もかかりますからね。

・旧モデルのカラーで好きな色がある人

ただし、旧モデルは生産終了し、在庫流通分のみなので、お早めに。

HD-RX520(旧モデル)

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 クリスタルホワイト HD-RX520-W [HDRX520W]【RNH】【FBMP】

HD-RXT521とHD-RX520の共通の特徴

ここからは、HD-RXT521とHD-RX520の共通の特徴を紹介します。

ターボ運転

設定湿度に達するまで、加湿量を約15%アップして、より早くパワフルに加湿してくれます。

乾燥が強い季節には重宝する機能ですね。

おやすみ快適

眠りにつくまでは最小運転音(13dB)でとことん静かに。

眠りについてからは、静音運転+最適適湿運転。

これを自動でやってくれるので、ありがたいです。

 

運転モード

運転モードは「標準」「静音」「eco」「のど・肌」の4種類です。

標準:湿度設定に合わせて自動で加湿量を調節して運転してくれます。

静音:風量を抑えて静かに運転してくれるので、寝るときにおすすめのモードです。

eco:気化式で運転を行うので、消費電力が抑えられます。

のど・肌:のどやお肌を守るために、室温に応じてできるだけ高い湿度を保ってくれるモード。

また、湿度設定は50%、60%、70%から選んで設定できます。

4つの抗菌加工

加湿器には、加湿してくれる一方、カビや雑菌をばらまくのでは?

という心配があります。

でも、そんな不安を取り除いてくれるのが、4つの抗菌加工です。

1.Ag抗菌アタッチメントEX:タンクのキャップ部分に、銀イオンの抗菌アタッチメントが付いて
いて、抗菌成分が水に溶けだすことでタンク内の雑菌の繁殖を抑えます。

2.抗菌フラットトレイ:トレイに抗菌加工がされていて、トレイ内の雑菌の繁殖を抑えます。

3.抗菌気化フィルター:気化フィルターの抗菌、防カビ加工で、カビや雑菌を抑えます。

4.抗菌エアフィルター:抗菌、防カビ、抗アレル物質(スギ花粉やダニの死骸)加工を施したエアフィルターが、空気中から取り込んだ雑菌やカビ、アレル物質を抑制します。

雑菌やカビの対策がされていて、衛生的に加湿ができるのは安心ですね。

 

お手入れカンタン

お手入れのタイミングを「お手入れサイン」が教えてくれるのでとても便利です。

気になるタンクのお手入れですが、給水口が広めに作られていますので、そこからブラシなどを入れてお掃除しやすくなっています。

 

省エネ

電気代も気になるところですが、ダイニチ工業の加湿器HD-RXT521とHD-RX520はいずれも省エネ設計です。

運転方式は「ハイブリッド式」に「エコモータ」を組み合わせており、設定した湿度とお部屋の湿度に合わせて、送風量を細かくコントロールしてくれます。

「eco」モード運転では、電気代はなんと1ヶ月約71円です。

 

持ち運びカンタン&コンパクト

本体上部には持ち運び用のハンドルがついています。

片手で楽々持ち運びができるので、昼間はリビングや仕事部屋、夜は寝室に移動して使うようなこともできます。

サイズ感は高さ37.5㎝、幅37.5㎝、奥行き17.5㎝とコンパクトです。

HD-RXT521(新モデル)
トレイカバーが付いた
 

HD-RX520(旧モデル)

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 クリスタルホワイト HD-RX520-W [HDRX520W]【RNH】【FBMP】

HD-RXT521とHD-RX520の違いを比較!トレイカバーが付いた!のまとめ

HD-RXT521とHD-RX520の違いを比較!トレイカバーが付いた!をお届けしました。

HD-RXT521とHD-RX520の大きな違いは、新モデルHD-RXT521にトレイカバーがついて、トレイのお手入れがたいへん楽になったことです。

トレイのお手入れを楽にしたい方は、新モデルHD-RXT521がおすすめです。

しかし、トレイカバーはなくていい、性能・機能は同じなので、お得に購入したいという方には旧モデルHD-RX520でいいと思います。

HD-RXT521(新モデル)
トレイカバーが付いた
 

HD-RX520(旧モデル)

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 クリスタルホワイト HD-RX520-W [HDRX520W]【RNH】【FBMP】

コメント

タイトルとURLをコピーしました