NI-FS580とNI-FS570の違いを比較!重さと抗菌ハンドルの違い!パナソニック衣類スチーマー

家電製品

NI-FS580とNI-FS570の違いを比較!重さと抗菌ハンドルの違い!をお届けします。

NI-FS580とNI-FS570はのパナソニックで人気の衣類スチーマー。

どちらも衣類スチーマー兼プレスとしても使える2WAYで人気商品です。

NI-FS580は2022年3月発売の2022年モデル。
NI-FS570は2021年5月発売の2021年モデル。

NI-FS580とNI-FS570の違いが気になりますが、違いは次の点です。

・NI-FS580(2022年モデル)は、約10g軽い
・NI-FS580(2022年モデル)は抗菌ハンドル

他にはカラーバリエーションの違いと新旧モデルで価格は違ってきますね。

詳しくは本文に記述していますが、この記事では次のことをまとめています。

・NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)の違い
・NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)でおすすめはどっち
・NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)の共通の特長

なお、NI-FS580の口コミ評価については、次の記事にまとめているので参考にしてください。
パナソニックの衣類スチーマーNI-FS580の口コミ評判をレビュー

 

NI-FS580(2022年モデル)はこちら
10g軽量化と抗菌ハンドルになった!

NI-FS570(2021年モデル)はこちら

NI-FS570-PN パナソニック Panasonic [衣類スチーマー 360°スチームモデル ピンクゴールド調]

NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)の違い

NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)の違いは次の点です。

・重量の違い
・ハンドルの抗菌の有無
・カラーバリエーション

それぞれ説明しますね。

重量の違い

2022年モデルのNI-FS580は、約680 g(スタンド含まず)

2021年モデルのNI-FS570は、約690g(スタンド含まず)

 

タンク容量は同じ50mlで、約50g

タンク容量満タンで、2022年モデルのNI-FS580 約730g
2021年モデルのNI-FS570  約720g

タンク容量は同じで、2022年モデルのNI-FS580の方が、約10g軽くなっています。

10gって、10円玉2枚ぐらいですが、頻繁に使う予定がある方は、少しでも軽い方がいいかもしれませんね。

ハンドルの抗菌有無

2022年モデルのNI-FS580は、ハンドル部が抗菌仕様になったので、より衛生的に使うことができるようになっています。

昨今は、殺菌や抗菌に敏感になっていますね。

NI-FS580(2022年モデル)のハンドル部が抗菌仕様になったのは安心感があります!

カラーバリエーションの違い

NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル) では、カラーバリエーションが違います。

NI-FS580(2022年モデル)

 

NI-FS570(2021年モデル)

両モデルで微妙に色合いが違いますが・・
おおざっぱにいうと、白っぽいのがいいか、黒っぽいのがいいか
色は好みの問題になりますね。

あと、価格は日々変動するので、次の商品案内でチェックしてください。

なお、NI-FS580の口コミ評価については、次の記事にまとめているので参考にしてください。
パナソニックの衣類スチーマーNI-FS580の口コミ評判をレビュー

NI-FS580(2022年モデル)はこちら
10g軽量化と抗菌ハンドルになった!

NI-FS570(2021年モデル)はこちら

NI-FS570-PN パナソニック Panasonic [衣類スチーマー 360°スチームモデル ピンクゴールド調]

 

NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)でおすすめはどっち

NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)の違いは、
・NI-FS580(2022年モデル)は、約10g軽い
・NI-FS580(2022年モデル)は抗菌ハンドル
ということで、スペックや機能の違いはありません。

この約10g軽いことと、抗菌ハンドルがいい方は、迷わずNI-FS580(2022年モデル)がおすすめです。

この約10g軽いことと、抗菌ハンドル、色にこだわらなければ、価格の安い方がおすすめです。

NI-FS580(2022年モデル)はこちら
10g軽量化と抗菌ハンドルになった!

NI-FS570(2021年モデル)はこちら

NI-FS570-PN パナソニック Panasonic [衣類スチーマー 360°スチームモデル ピンクゴールド調]

NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)の共通の特長

ここからは、NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)の共通の特長を紹介します。

パワフルスチームでスッキリ

NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)では、スチームボタンを押している間は、
通常のパワフルスチームが連続して出ます!

1回のタンク容量水50mlで、約4分の連続スチームが可能です。

枚数が多い衣類のしわ伸ばしには、向いていませんが、
お出かけ前の衣服のちょっとしたシワ伸ばし、ニオイ消しなんかには、ササっとできてとても便利です。

頑固なシワやニオイには「瞬間3倍パワフルスチーム」という、通常のスチームの3倍量のスチームを噴射することができるので便利です。

360°どんな向きにも対応

どちらのスチーマーも、360°どんな向きに傾けても、スチームが一定量出る構造なので、とても使いやすいです。

ハンガーにかけた衣服のスチームがけも、どんな角度でもできますね。

 

立ち上がりは超速、約19秒

アイロンは、使おうと思って温まるまで時間がかかるので、忙しいと使うのをあきらめてしまうことがあると思います。

でも、どちらのスチーマーも電源を入れて約19秒で使えるようになるので、忙しいときでも、さっと出して、さっと使えて超便利です。

忙しいと、あわてていて、電源を切ったかどうか心配になったりしますよね。

でも安心、もし電源を切り忘れても、「自動ヒーターオフ機能」で自動で電源が切れるようになっていますよ。

プレスも可能な2WAY

アイロン面を使用すれば、アイロンプレスも可能です。

しわ取りだけでなく、ズボンのラインをキチンとつけたいようなときに、アイロンとしても使えるので便利です。

アイロン面はセラミックコートで、すべりがいいし、生地が引っ掛かりにくいようにカーブエッジ形状になっているので、アイロンとしても、とても使いやすいです。

 

洗いにくい衣類のニオイとりに

NI-FS580(2022年モデル)とNI-FS570(2021年モデル)では、衣類の脱臭にも使えます。

これも便利!

洗いにくいジャケットやコートなどの衣類についた気になるニオイ。

この気になるニオイもこのスチーマーで脱臭できます。

気になるニオイとは、

・生活5大臭(生乾き臭・ペット臭・タバコ臭・汗臭・飲食臭)
・2臭(加齢臭・防虫剤臭)

これらの脱臭に効果的です。

手軽に除菌

さらに、手軽に除菌もできます!

次のような清潔に保ちたい衣類やお部屋のファブリックまで除菌もできます。

・赤ちゃんの肌着
・洗濯後の布マスク
・カーテン
・テーブルクロス、
・ソファー
・クッション

また、ダニとか花粉とかアレルギー物質の抑制にも使えます。

除菌もアレルギー物質の抑制までできるなんて、とても用途が広いですね。

約2.5mのロングコード

約2.5mのロングコードで、使い勝手が良くなっています。

コンセントの位置が遠くても、ハンガーにかけた状態の衣類の手入れに不便がないよう、十分なコードの長さです。

耐熱スタンドが付属

使用中や使用後の熱い状態の本体を置ける、耐熱スタンドが付いてます。

なお、NI-FS580の口コミ評価については、次の記事にまとめているので参考にしてください。
パナソニックの衣類スチーマーNI-FS580の口コミ評判をレビュー

 

NI-FS580(2022年モデル)はこちら
10g軽量化と抗菌ハンドルになった!

NI-FS570(2021年モデル)はこちら

NI-FS570-PN パナソニック Panasonic [衣類スチーマー 360°スチームモデル ピンクゴールド調]

NI-FS580とNI-FS570の違いを比較!重さと抗菌ハンドルの違い!のまとめ

NI-FS580とNI-FS570の違いを比較!重さと抗菌ハンドルの違い! をお届けしました。

NI-FS580とNI-FS570の違いは、違いは次の点です。

・NI-FS580(2022年モデル)は、約10g軽い
・NI-FS580(2022年モデル)は抗菌ハンドル

この約10g軽いことと、抗菌ハンドルがいい方は、迷わずNI-FS580(2022年モデル)がおすすめです。

この約10g軽いことと、抗菌ハンドル、色にこだわらなければ、価格の安い方がおすすめです。

NI-FS580(2022年モデル)はこちら
10g軽量化と抗菌ハンドルになった!

NI-FS570(2021年モデル)はこちら

NI-FS570-PN パナソニック Panasonic [衣類スチーマー 360°スチームモデル ピンクゴールド調]

なお、個人的には重さもサイズもあまり変わらないのに、連続スチームが約10分もできる上位機種
NI-FS780かNI-FS770がおすすめです。

NI-FS780とNI-FS580の違いは次の記事を参考にしてください。
NI-FS780とNI-FS580の違いを比較

NI-FS780とNI-FS770の違いについては次の記事を参考にしてください。
NI-FS780とNI-FS770の違いを比較

NI-FS780(2022年モデル)はこちらからチェック
持ち手が抗菌加工・本体15g軽量化


 

NI-FS770(2021年モデル)はこちらからチェック

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥13,300 (2022/05/20 10:40:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました