KI-PX100とKI-NP100の違いを比較!性能アップしてるよ!シャープ加湿空気清浄機

KI-PX100とKI-NP100の違いを比較!性能アップしてるよ!をお届けします。

KI-PX100とKI-NP100はシャープで人気の加湿空気清浄機!

KI-PX100は2022年1月発売の新モデルで、KI-NP100は2020年9月発売の旧モデルです。

KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)の大きな違いは次の2点です。

・KI-PX100(新モデル)は業界初の1,000mL/hと加湿量が増えた
・KI-PX100(新モデル)は、ウィルスをキャッチする能力が2倍。

KI-PX100(新モデル)が大きく性能アップをしているので、見逃せません。

他にも、運転のモードの違いやサイズの違いがあります。
詳しくは本文で説明しますね。

そこでこの記事では次のことをまとめています。

・KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)の違いを比較
・KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)おすすめはどっち
・KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)共通の特長

なお、KI-NP100(旧モデル)の口コミ評価については次の記事にまとめています。
KI-PX100(新モデル)と基本的機能は同じなので参考になると思います。
シャープ加湿空気清浄機KI-NP100の口コミ評価をレビュー!

KI-PX100(新モデル)
業界トップレベルの加湿量!飛沫ウィルス対策もバッチリなKI-PX100はコチラ▼

▼KI-NP100(旧モデル)
新モデルと基本的な機能は同じで、お値段オトクなKI-NP100はコチラ▼

KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)の違いを比較

KI-PX100(新モデル)はKI-NP100(旧モデル)と次の点が違っています。

・1,000mL/hに加湿量が増えた
・ウィルスをキャッチする能力が2倍
・運転モードの違い
・サイズの違い

それぞれ詳しく説明します。

1,000mL/hに加湿量が増えた

2022年モデルのKI-PX100は、業界初の1,000mL/hという超パワフル加湿になりました。

一般的な家庭用の加湿器の加湿量は、多くても700mL/hくらいなので、1,000mL/hの加湿量はとってもパワフルなのがわかりますね。

ただ、KI-NP100(旧モデル)も加湿量は930mL/hなので、家庭用の加湿器の中ではトップクラスです。

KI-NP100(旧モデル)の加湿が弱いということは全くありませんね。

加湿量を増やしたしくみは、二重構造の加湿フィルター&フィルターに効果的に風を集める仕組みの「加湿集中ガイド」です。

フィルターを二重にしたことで、加湿量を増やし、より多くの水分を気化できます。

そして、風の通り道を集中させる加湿集中ガイドで、加湿フィルターに風を集めて、素早く気化水分を多く発生させています。

二重の加湿フィルターは、KI-NP100(旧モデル)にも踏査されているんですが、旧モデルには風を効果的に送る仕組みはないんですね。

 

 

ウィルスをキャッチする能力が2倍に

KI-PX100(新モデル)に新たに搭載された運転モードに、「飛沫粒子モード」があります。

この「飛沫粒子モード」では、室内を循環する空気の流れを利用して特に天井あたりを狙って、これらの飛沫粒子を効率よくキャッチします。

声を出したときに発生する飛沫や、飛沫の小さいエアロゾルなどは、実は特に天井あたりにたまりやすいんだそうです。

この飛沫にインフルエンザや風邪などのウィルスが含まれていたりすると、感染する可能性がありますよね。

この「飛沫粒子モード」で、KI-PX100(新モデル)はウィルスをキャッチする能力が2倍になっています。

インフルエンザや風邪などウィルス感染症が流行するような時期には、とても役立つ機能ですね。

運転モードの違い

運転モードで運転の強さを選ぶことができますが、KI-NP100(旧モデル)にはあったターボ運転が、KI-PX100(新モデル)ではなくなっています。

運転モード      ターボ    強   中  静音
KI-PX100 (新モデル)  X    ◯  ◯  ◯
KI-NP100 (旧モデル)  ◯     ◯  ◯  ◯

ターボモードは、強運転よりもパワフルに集中的に空気清浄や加湿ができるモードです。

素早く空気の清浄や加湿をしたい時には便利ですが、日頃そういう場面は少ないと思うので、普段は強運転でも十分だと思います。

サイズの違い

KI-PX100(新モデル)のサイズは、幅427 x 奥行345 x 高さ700 (mm)
KI-NP100 (旧モデル)のサイズは、 幅427×奥行371×高さ738

幅は同じですが、KI-PX100(新モデル)は旧モデルに比べて、奥行きが約3cm、高さが約4cmほどコンパクトになっています。

わずか数cmの差ですが、KI-NP100 (旧モデル)はなかなかボリュームある大きさなので、KI-PX100(新モデル)が多少でも小さくなったのはうれしいです。

 

なお、KI-NP100(旧モデル)の口コミ評価については次の記事にまとめています。
KI-PX100(新モデル)と基本的機能は同じなので参考になると思います。
シャープ加湿空気清浄機KI-NP100の口コミ評価をレビュー!

 

KI-PX100(新モデル)
業界トップレベルの加湿量!飛沫ウィルス対策もバッチリなKI-PX100はコチラ▼

▼KI-NP100(旧モデル)
新モデルと基本的な機能は同じで、お値段オトクなKI-NP100はコチラ▼

 

KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)おすすめはどっち

KI-PX100 (新モデル) がおすすめな方

●部屋の乾燥が強いので、少しでも加湿量は多い方がいい。

●感染症が心配なので、飛沫ウィルスキャッチ能力は高いがいい。

●本体が大きいと圧迫感があるので、本体は少しでもコンパクトな方がいい。

KI-PX100(新モデル)
業界トップレベルの加湿量!飛沫ウィルス対策もバッチリなKI-PX100はコチラ▼

 

 

KI-NP100 (旧モデル) がおすすめな方

●加湿能力については、旧モデルでも他メーカーよりは加湿能力は高いので十分

●旧モデルでもウィルスキャッチや空気清浄能力は高いので十分

●強運転よりもパワフルに集中的に空気清浄や加湿したい時があるので、ターボ運転モードはあった方がいい

●高機能な加湿空気清浄機が欲しいけど、予算はなるべくおさえたい

なお、KI-NP100(旧モデル)の口コミ評価については次の記事にまとめています。
KI-PX100(新モデル)と基本的機能は同じなので参考になると思います。
シャープ加湿空気清浄機KI-NP100の口コミ評価をレビュー!

▼KI-NP100(旧モデル)
新モデルと基本的な機能は同じで、お値段オトクなKI-NP100はコチラ▼

KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)共通の特長

KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)共通の特長をまとめておきますね。

KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)の適用する部屋の広さ

KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)の適用する部屋の広さは次のようになっています。

機能           適用面積
プラズマクラスター効果 約23畳(約38m²)
空気清浄        ~46畳(76m²)
加湿空気清浄      ~37畳(61m²)
加湿 ・プレハブ洋室: ~28畳(46m²)
    ・木造和室: ~17畳(28m²)

以上のように相当に広いリビングルームでも、しっかり空気清浄や加湿ができますね。

プラズマクラスターNEXT搭載

KI-PX100もKI-NP100も、「プラズマクラスターNEXT」機能を搭載した加湿空気清浄機です。

「プラズマクラスターNEXT」は、シャープのプラズマクラスターレベルの中の最上位。

1cm³あたり50,000個のイオンが含まれています。

加湿空気清浄機でのプラズマクラスターの効果は、

空気の汚れをキレイに浄化
ニオイの元を消臭分解
除電効果で静電気を抑える

空気中から浄化できるものには、次のようなものです。

浮遊菌・浮遊ウィルス・ダニの死骸・ダニのフン・浮遊カビ菌・花粉(樹木/草花)・チリホコリ・ペットの毛やフケ・タバコの煙・ダニ粉じん・ディーゼル粉じん・料理の煙・黄
これらを空気中から集め、フィルターで浄化します。

また脱臭できるニオイは次のようなものです。

タバコ臭・ペット臭・料理臭・生ゴミ臭・トイレ臭・体臭・カビ臭・アンモニア臭・部屋干しの生乾き臭・VOC(トルエン、ベンゼンなどの揮発物)

さらに、「プラズマクラスターNEXT」には、

・ストレスがたまりにくい環境をつくる
・集中力を維持しやすい環境をつくる

という効果もあるので、勉強や仕事で使うのにもうってつけですね。

スピード循環気流でパワフルに空気浄化

KI-PX100もKI-NP100も、部屋全体に気流を素早く行き渡らせる「スピード循環気流」機能を搭載しています。

この機能で、空気の浄化がよりパワフルに行うことができます。

 

気化式加湿で電気代がお得

KI-PX100とKI-NP100の加湿方式は、気化式です。

気化式加湿というのは、水をフィルターに透過させて、そこにファンの風を当てて水を気化させて加湿する方法です。

気化式は加熱式に比べて、電気代が安いのでお得です。

KI-PX100(新モデル)の強運転でMAX1,000mL/hの加湿をしても、
電気代は1時間1.9円。

1日8時間でも15円ほどです。

これはお得です。

空気の汚れを見える化

空気は目に見えないので、本当にキレイになっているかわかりません。

しかし、KI-PX100とKI-NP100は、空気の状態を見える形に表示してくれます。

微小な粒子やハウスダストなどの濃度を、濃度表示と色でわかりやすく表示してくれます。

これは、ほんとうに便利。

空気の状態が一目でわかるので、空気清浄機能が働いているかどうかがよくわかります。

スマホと連携でますます便利に使える

KI-PX100もKI-NP100も、本体に無線LANを搭載しています。

家に無線LAN環境があれば、 シャープのクラウドサービス「COCORO AIR」アプリと連携させて、ますます便利に使えます。

COCORO AIRは、空気の状態の変化を分析して、普段の生活パターンを学習し、その日の気温や空気の状態や、生活のパターンに合わせて、最適なモードで運転し、空気を整えてくれます。

COCORO AIRの詳しい機能は、シャープの公式動画をご参照くださいね。

COCORO AIR/加湿空気清浄機:シャープ

KI-PX100(新モデル)
業界トップレベルの加湿量!飛沫ウィルス対策もバッチリなKI-PX100はコチラ▼

▼KI-NP100(旧モデル)
新モデルと基本的な機能は同じで、お値段オトクなKI-NP100はコチラ▼

KI-PX100とKI-NP100の違いを比較!性能アップしてるよ!のまとめ

KI-PX100とKI-NP100の違いを比較!性能アップしてるよ!をお届けしました。

KI-PX100(新モデル)とKI-NP100(旧モデル)の大きな違いは次の2点です。

・1,000mL/hに加湿量が増えた
・ウィルスをキャッチする能力が2倍

性能がアップしているので、予算に余裕があればKI-PX100(新モデル)がいいと思いますが、価格差が大きいので、予算にあまり余裕がなければ、KI-NP100(旧モデル)でも十分かなと思います。

もともとKI-NP100(旧モデル)でも加湿量は一般の加湿器よりも加湿量が多く、 加湿量が増えたといっても、70ml/hなので体感できるかどうかのレベルですね。

KI-PX100(新モデル)ウィルスをキャッチする能力が2倍になっていますが、人の出入りが激しくてウィルスも多そうで心配!だというようなことがなければ、旧モデルのウィルスキャッチ能力でも十分だと思います。

なお、KI-NP100(旧モデル)の口コミ評価については次の記事にまとめています。
KI-PX100(新モデル)と基本的機能は同じなので参考になると思います。
シャープ加湿空気清浄機KI-NP100の口コミ評価をレビュー!

KI-PX100(新モデル)
業界トップレベルの加湿量!飛沫ウィルス対策もバッチリなKI-PX100はコチラ▼

▼KI-NP100(旧モデル)
新モデルと基本的な機能は同じで、お値段オトクなKI-NP100はコチラ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました