ニトリの珪藻土バスマットの口コミと実際使った評価!お手入れ方法

スポンサーリンク

ニトリの珪藻土バスマットを買おうかどうか迷っている方に
・ニトリの珪藻土バスマットの口コミ
・実際使ってみた評価!
・お手入れ方法
以上をまとめましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ニトリの珪藻土バスマットの口コミ

ニトリの珪藻土バスマットの口コミをまとめました。

マットに乗ったときさらっとしてる
布製の足ふきバスマットは人が使うごとに湿気を吸って湿っていきます。
でもニトリの珪藻土バスマットは乗った時に足裏がさらっとして
気持ちいいです。

吸水力が高い
濡れた足裏の水分で珪藻土バスマット足跡がついても、見る見るうちに消えていきます。吸水力がとても高いと感じます。

洗濯がいらない
布製の足ふきマットは、洗濯と乾燥に手間がかかります。でも、珪藻土バスマットは
洗濯・乾燥の手間がかからないので、家事が軽減できます。洗濯代コストも少々減ります。

コンパクト
珪藻土バスマットは使わないときは、薄くてすきまがあれば立てかけておけるので、
場所をとらずコンパクトです。
安い
ニトリの珪藻土バスマットは1000円ぐらいなので安いです。

開封時の臭い
開封時の臭いが気になりました。使っているうちに気にならなくなりましたが。

乗ったとき冷たい
珪藻土バスマットは石なので、当然乗った時の感触は冷たいです。
夏のお風呂上りはその冷たさがが気持ち良いですが、冬は冷たいのがちょと辛いです。

乗ったとき硬い
珪藻土バスマットは石なので、当然乗ったときには硬くて、布製のふわふわ感はありません。

割れる
珪藻土バスマットをしばらく使っているうちに、置き場所が悪かったせいか割れました。

ニトリの珪藻土マットの実際に使ってみた評価

実際にニトリの珪藻土マットを購入して使ってみた評価をまとめました。

◎さらっとしてる
 珪藻土マットは布ではなく石なので
 当然硬いですが、
 吸水性があって
 常にさらっとして気持ちいいです。

◎吸水性は高い!

 濡れた足の足形がついても、
みるみる消えていくのがわかります。

◎洗濯がいらないのは便利
 布製の足ふきマットのように洗濯して干す必要がないので、
 手間がはぶけてとても楽です。

 天気が悪くて足ふきマットが乾かなくて困ったことがありましたが、
珪藻土マットはそういうことがなく便利です。

◎冷たさは今のところ気にならない
 珪藻土マットを冬場にまだ使ったことがないので、
 冬の冷たさが気になるかどうかは不明ですが、
 冬以外では、珪藻土マットの冷たさは全く気になりません。

◎臭いは気にならない
 珪藻土マットの臭いは我が家では誰も気になっていません。

◎コンパクトでいい!
 我が家は浴室入り口が狭いのでコンパクトなのは重宝してます。
 仕舞うのもすき間にかたづけられるので便利です。

◎割れる心配?
 我が家ではまだ割れていませんが、
 今後の使い方次第では割れる心配があるようなので
 注意して使いたいと思います。

■ニトリの珪藻土マットは、布マットのようなふわふわ感は当然ありませんが、
 足を拭くと言うことに関しては、吸水性が高く、洗濯もいらず、コンパクトで
 金額も安いし、買ってみてとても良かった!と思います。

■割れないように注意して使うことと、冬場はちょっと冷たいかもしれませんが、
いい商品だと思います。

 

40×55cmのちょっと大きいサイズの珪藻土バスマット

 ただずっと使っていると汚れが目立ってきたり、吸水性が悪くなってくるので、
そのときにはお手入れをする必要があります。

 ニトリの珪藻土バスマットお手入れ法を次にまとめました。

ニトリの珪藻土バスマットお手入れ法

珪藻土バスマットは
経年劣化で汚れが目立つことがあります。
皮脂汚れによる黄ばみ・カビなど。

これらの汚れは、
カビキラーなどの塩素系漂白剤をかけた後流すか、
表面をヤスリで削ります。

(ニトリの珪藻土バスマットにはお手入れ用のやすりが付いています。)

なお、汚れを落としに、
界面活性剤入り洗剤を使用すると、
吸湿力低下の原因となるので注意してください。

珪藻土バスマットの手入れ方法の動画あるので是非見てみてください。

 

【DIY】知らないと損?汚れた「珪藻土」グッズの掃除&お手入れの仕方♡~How to clean and clean dirty diatomaceous goods.

まとめ

ニトリの珪藻土バスマットは、布マットのようなふわふわ感は当然ありませんが、
足を拭くと言うことに関しては、吸水性が高くて、洗濯もいらず、コンパクトで
金額も安いし、買ってみてとても良かったです。

冬はちょっと冷たいかもしれませんし、また割れる心配もありますが、そこは注意して
使えば問題ないと思います。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました