EP-Z30SとEP-Z30Rの違いを比較!違いはパネルデザイン!日立空気清浄機

家電製品

EP-Z30SとEP-Z30Rの違いを比較!違いはパネルデザイン!をお届けします。

EP-Z30SとEP-Z30Rは、日立で人気の空気清浄機です。

EP-Z30Sは2020年9月発売の新モデル。
EP-Z30Rは2019年10月発売の旧モデル。

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)の違いが気になりますが、違いは次の1点です。

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)ではパネルデザインが違う。

機能やスペックについては、全く同じです。
詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

・EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)の違い
・EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)でどっちがおすすめ
・EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)の共通の特長

EP-Z30S(新モデル)

EP-Z30R(旧モデル)

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)の違い

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)の違いはパネルデザインのみです。

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)のパネルデザインを比べてみると・・・

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)では、前面の吸気口の間隔が違っていますね。

EP-Z30R(旧モデル)では8本だった吸気口が、EP-Z30S(新モデル)では13本に増えています。

メーカーによると性能や仕様は同じということですが、吸気口の数が多いEP-Z30S(新モデル)の方が、空気清浄能力は高いような気がしますね。

また、パネル右上には運転状況を示すランプが並んでいますが、ここのデザインも少し異なっています。

EP-Z30S(新モデル)

EP-Z30R(旧モデル)

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)でどっちがおすすめ

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)では、パネルデザインが違うのみで
性能や仕様は同じです。

新モデルへのこだわり、新モデルのパネルデザインがいい!と言う人は、EP-Z30S(新モデル)がおすすめです。

旧モデルのパネルデザインがいい!とう言う人は、EP-Z30R(旧モデル)がおすすめです。

パネルデザインも新旧モデルもこだわりがない人は、お得に購入できる方がいいですね。

一般に発売日が古い旧モデルの方が安い傾向にありますが、この商品では価格差があまりなく、購入タイミングでは新モデルの方が安い場合があります。

EP-Z30S(新モデル)

EP-Z30R(旧モデル)

 

 

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)の共通の特長

ここからは、EP-Z30SとEP-Z30Rの特長をご紹介します。

適している部屋の広さ

両モデルが適している部屋の広さは、~15畳 (25m²)。

空気清浄時間は、8畳であれば18分です。

脱臭・集じん一体型フィルター

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)空気清浄能力が高性能です。

その秘密は、アレルオフフィルターと呼ばれる脱臭・集じん一体型フィルターを使っていることです。

 

99.5%も空気中の汚染物質を取ってくれる高性能の脱臭・集じん一体型フィルターです。

交換の目安は約2年です。

抑制できるアレル物質は、

●スギ・ブタクサ・カバノキの花粉
●ダニのフン
●ネコのフケ

脱臭できるニオイのもとは、

●タバコ臭
●料理臭
●生ゴミ臭

また、脱臭・集じん一体型フィルターの外側についているプレフィルターは、簡単に取り外せて水洗いができます。

6方向から吸引

前後・左右・上下の6方向からしっかり空気を吸い込むので、部屋の空気を余すことなくキレイにしてくれます。

選べる3つの自動モード

3つの自動モードがついています。

・空清:通常の空気清浄モード
・脱臭:ニオイが気になる時に
・ひかえめ:お休み時や静かに使いたい時に

通常は「空清」モードで、ニオイが気になるときは「脱臭」モード、寝るときに音が気になるときは「ひかえめ」モードですね。

空気の汚れ具合を検知するニオイセンサーがついているので、ニオイやど空気の汚れを感知して、自動で空気清浄運転をしてくれます。

オトクな電気代

各運転の強さでの、電気代の目安はこちらです。

運転の強さ 電気代 (1日あたり)
ターボ 約10円/約9円
中 約14円/約13円
静 約25円/約27円

ターボ運転で1ヶ月間使っても、電気代は約300円!

まずターボ運転でずっと使い続けることはないので、実際にかかる電気代は300円以下でオトクに使えます。

音も静か

各運転モードでの運転音はこちらです。

強 中 静音
運転音(dB) 49 32 19

運転音の目安は
・50dB:エアコンの室外機くらい、
・30dB:かすかな声
・20dB:寝息くらい

強運転時は、やや音が気になるかもしれませんが、空気が浄化されれば中や静音運転になるので、通常は音が気になることはないと思います。

薄型でコンパクト

他メーカー空気清浄機と比べると、薄型で場所を取らないコンパクトサイズも魅力です!

サイズは横400mm奥行き133mm高さ424mmの薄型。

薄型なのでどこにでも設置できる感じです。

リモコンも付いてて、離れた場所からも操作できるのもいいですね。

仕様

運転モード 空清・脱臭・ひかえめ
風量(m3/分) ・ターボ:3.2
・中:1.5
・静:0.7
消費電力(W) ・ターボ:38
・中:22
・静: 16
運転音 ・ターボ:49
・中:32
・静:19
本体寸法(mm) 高さ424×幅400×奥行133
質量(kg) 約4.0

 

EP-Z30S(新モデル)

EP-Z30R(旧モデル)

EP-Z30SとEP-Z30Rの違いを比較!違いはパネルデザイン!のまとめ

EP-Z30SとEP-Z30Rの違いを比較!違いはパネルデザイン!をお届けしました。

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)では、パネルデザインが違うのみで
性能や仕様は同じです。

新モデルへのこだわりや新モデルのパネルデザインがいいと言う人は、EP-Z30S(新モデル)がおすすめです。

旧モデルのパネルデザインがいいとう言う人は、EP-Z30R(旧モデル)がおすすめです。

パネルデザインも新旧モデルもこだわりがない人は、購入タイミングでお得に購入できる方がいいですね。

EP-Z30S(新モデル)

EP-Z30R(旧モデル)

 

 

 

 

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)では、吸気口の間隔が違っていますね。

EP-Z30R(旧モデル)では8本だった吸気口が、EP-Z30S(新モデル)では13本に増えています。

メーカーによると性能や仕様は同じということですが、吸気口の数が多いEP-Z30S(新モデル)の方が、空気清浄能力は高いような気がします。

また、パネル右上には運転状況を示すランプが並んでいますが、ここのデザインも少し異なっていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

■EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)でどっちがおすすめ

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)では、パネルデザインが違うのみで
性能や仕様は同じです。

新モデルへのこだわりや新モデルのパネルデザインがいい!と言う人は、EP-Z30S(新モデル)がおすすめです。

旧モデルのパネルデザインがいい!とう言う人は、EP-Z30R(旧モデル)がおすすめです。

パネルデザインも新旧モデルもこだわりがない人は、お得に購入できる方がいいですね。

一般に発売日が古い旧モデルの方が安い傾向にありますが、この商品では価格差があまりなく、購入タイミングでは新モデルの方が安い場合があります。

 

 

■EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)の共通の特長

ここからは、EP-Z30SとEP-Z30Rの特長をご紹介します。

◆適している部屋の広さ

両モデルが適している部屋の広さは、~15畳 (25m²)。

空気清浄時間は、8畳であれば18分です。

■脱臭・集じん一体型フィルター

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)空気清浄能力が高性能です。

その秘密は、アレルオフフィルターと呼ばれる脱臭・集じん一体型フィルターを使っていることです。

 

 

 

 

 

99.5%も空気中の汚染物質を取ってくれる高性能の脱臭・集じん一体型フィルターです。

交換の目安は約2年です。

抑制できるアレル物質は、

●スギ・ブタクサ・カバノキの花粉
●ダニのフン
●ネコのフケ

脱臭できるニオイのもとは、

●タバコ臭
●料理臭
●生ゴミ臭

また、脱臭・集じん一体型フィルターの外側についているプレフィルターは、簡単に取り外せて水洗いができます。

◆6方向から吸引

前後・左右・上下の6方向からしっかり空気を吸い込むので、部屋の空気を余すことなくキレイにしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

■選べる3つの自動モード

3つの自動モードがついています。

・空清:通常の空気清浄モード
・脱臭:ニオイが気になる時に
・ひかえめ:お休み時や静かに使いたい時に

通常は「空清」モードで、ニオイが気になるときは「脱臭」モード、寝るときに音が気になるときは「ひかえめ」モードですね。

空気の汚れ具合を検知するニオイセンサーがついているので、ニオイやど空気の汚れを感知して、自動で空気清浄運転をしてくれます。

■オトクな電気代

各運転の強さでの、電気代の目安はこちらです。

運転の強さ 電気代 (1日あたり)
ターボ 約10円/約9円
中 約14円/約13円
静 約25円/約27円

ターボ運転で1ヶ月間使っても、電気代は約300円!

まずターボ運転でずっと使い続けることはないので、実際にかかる電気代は300円以下でオトクに使えます。

■音も静か

各運転モードでの運転音はこちらです。

強 中 静音
運転音(dB) 49 32 19

運転音の目安は
・50dB:エアコンの室外機くらい、
・30dB:かすかな声
・20dB:寝息くらい

強運転時は、やや音が気になるかもしれませんが、空気が浄化されれば中や静音運転になるので、通常は音が気になることはないと思います。

■薄型でコンパクト

他メーカー空気清浄機と比べると、薄型で場所を取らないコンパクトサイズも魅力です!

サイズは横400mm奥行き133mm高さ424mmの薄型。

 

 

 

 

 

 

 

薄型なのでどこにでも設置できる感じです。

リモコンも付いてて、離れた場所からも操作できるのもいいですね。

■仕様
運転モード空清・脱臭・ひかえめ風量(m3/分)・ターボ:3.2・中:1.5・静:0.7消費電力(W)・ターボ:38・中:22・静: 16運転音・ターボ:49・中:32・静:19本体寸法(mm)高さ424×幅400×奥行133質量(kg)約4.0

EP-Z30SとEP-Z30Rの違いを比較!違いはパネルデザイン!のまとめ

EP-Z30SとEP-Z30Rの違いを比較!違いはパネルデザイン!をお届けしました。

EP-Z30S(新モデル)とEP-Z30R(旧モデル)では、パネルデザインが違うのみで
性能や仕様は同じです。

新モデルへのこだわりや新モデルのパネルデザインがいいと言う人は、EP-Z30S(新モデル)がおすすめです。

旧モデルのパネルデザインがいいとう言う人は、EP-Z30R(旧モデル)がおすすめです。

パネルデザインも新旧モデルもこだわりがない人は、購入タイミングでお得に購入できる方がいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました