NE-BS658とNE-BS657の違いを比較!メニューが増えた!パナソニックビストロ

NE-BS658とNE-BS657の違いを比較!をお届けします。

NE-BS658とNE-BS657は人気のパナソニックスチームオーブンレンジ「ビストロ」です。

NE-BS658は2021年9月発売の新モデル
NE-BS657は2020年9月発売の旧モデルです。

NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)の違いが気になりますね。

NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)の違いは次の1点です。

NE-BS658(新モデル)はNE-BS657(旧モデル)より自動メニューが増えた

機能や仕様については変更はありません。

詳しい説明は本文でしますが、この記事では次のことをまとめています。

・NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)の違いを比較
・NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)でおすすめはどっち
・NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)の共通の特長

NE-BS658(新モデル)はこちら
 中華メニューが追加されたよ
 


 
パナソニック Panasonic スチームオーブンレンジ [26L/フラット] NE-BS658-W ホワイト

NE-BS657(旧モデル)はこちら

 

NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)の違いを比較

NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)の違いは1つだけです。

違いは「自動メニュー数」

旧モデルのNE-BS657は自動メニュー数「166」。
新モデルのNE-BS658は「167」と自動メニューが1つだけ増えています。

NE-BS658(新モデル)追加されたのは「中華10分」の自動メニュー

2人~3人分の中華メニューが約10分で調理できるメニューが搭載されました。

それ以外に機能や仕様の違いはありません。

 

NE-BS658(新モデル)はこちら
 中華メニューが追加されたよ
 


 
パナソニック Panasonic スチームオーブンレンジ [26L/フラット] NE-BS658-W ホワイト

 

NE-BS657(旧モデル)はこちら

 NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)でおすすめはどっち

NE-BS658(新モデル)がおすすめの人

NE-BS658(新モデル)がおすすめの人は次のような人です。

◎新モデルにこだわりがある

◎「中華10分」の自動メニューを使いたい

NE-BS658(新モデル)はこちら
 中華メニューが追加されたよ
 


 
パナソニック Panasonic スチームオーブンレンジ [26L/フラット] NE-BS658-W ホワイト

 

 

 

NE-BS657(旧モデル)がおすすめの人

NE-BS657(旧モデル)がおすすめの人は次のような人です。

◎新モデルにこだわりがない

◎「中華10分」の自動メニューがなくてもかまわない

NE-BS657(旧モデル)はこちら

一般に価格は旧モデルの方が安いことが多いですが、NE-BS657(旧モデル)は人気商品なので、購入タイミングによっては、NE-BS658(新モデル)より高いことがあります。
その場合は迷わず、新モデルをおすすめします。

 

 NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)の共通の特長

ここからは、NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)の共通の特長
をご紹介します。

調理については次の機能があります。

・レンジ機能
・グリル機能
・スチーム機能
・オーブン機能

それぞれ詳しく紹介しますね。

レンジ機能~基本のあたため・解凍~

一番基本の食品の温めと解凍機能ですが、これがとても進化しています。

その秘密が「高精細・64眼スピードセンサー」

このセンサーが、庫内の食品の温度・分量などを見分けて自動であたため・解凍を
コントロールしてくれます。

このセンサーのおかげで次のようなことができます。

冷凍ごはんと冷蔵おかずも。「2品同時あたため」

解凍ムラを抑え、中までしっかり解凍。

解凍は、高精細・64眼スピードセンサーとサイクロンウェーブ加熱というマイクロ波をらせん状に放射する機能で、食品の中心部分からおだやかに解凍し、解凍ムラを抑えます。

食材をお好みの温度にすることができます。

ごはんやおかずも熱すぎないで、ホカホカの食べ頃の温度にできます。

離乳食はぬるめのちょうどいい温度に

カチカチのアイスは適度なやわらかさに

 

レンジ機能~ワンボウルメニュー~

下ごしらえした材料を鍋やフライパンを使わず、耐熱ガラス製ボウルに入れるだけ。

あとは、ビストロにおまかせで調理してくれます。

片付けもラクラクです。

耐熱ガラス製ボウルに入れるだけでパスタやシチューができてしまうので驚き!

これも、「高精細・64眼スピードセンサー」が沸騰を判定してふきこぼれを抑制したり、
「とろみ」のこびりつきを抑制してくれるからできる機能です。

火加減を見ることなく、ほったらかしで簡単調理!
素晴らしい機能ですね。

グリル機能

予熱なしで両面こんがり焼くことができるし、高火力だからスピーディーにできます。

これを実現したのが、高火力の大火力極め焼きヒーター。
下面はグリル皿の高温フェライトがマイクロ波を吸収して加熱されて焼きます。

これにより次のような調理が可能です。

トースト両面焼き 約3分50秒

ハンバーグ2人分なら… 約13分

下ごしらえしておけば、凍ったままグリルもOKです。

スチーム機能

庫内上部にたっぷりのスチームを閉じ込めて、蒸し器なしでも蒸し料理ができます。
餃子やシューマイや肉まん、茶碗蒸しなどが簡単にできます。

ゆで卵&温泉卵もおまかせでできます。

 

オーブン機能

低温80℃~高火力250℃オーブン機能で、次のような調理ができます。

パン・スイーツ作り

ローストビーフなんかもできます。

 

発酵機能でヨーグルトや甘酒作りなどもできます。

「高精細・64眼スピードセンサー」と「レンジ機能」「グリル機能」「スチーム機能」「オーブン機能」の4つの調理機能で、ホントにあらゆる調理ができてしまうのではないか!と思うほど便利なビストロのNE-BS658とNE-BS657ですね。

 

使いやすさ

使いやすさも色々工夫されています。

オートクリーン加工

ヒーターで温度を上昇させて油を水と炭酸ガスに分解してくれるので、ベタついた天井をサラサラの状態にすることができます。

ソフトダンパー採用ドア

ドアが閉まる手前で手を離しても、やさしくスムーズに閉まります。

カラータッチ液晶

好評のカラータッチ液晶なので、見やすく使いやすいです。

さらに、よく使う機能を4つ選んでカラフルに表示する「カスタム画面」も選べます。

コンパクト設計

総庫内容量は26L
大きさは、幅500mm×奥行400mm×高さ347mmとコンパクト。

さらに、後ろは壁にピタ置きできるし、左右は壁から2cm、上方は10cm以上あればいいので、たいへん省スペース設計になっています。

NE-BS658(新モデル)はこちら
 中華メニューが追加されたよ
 


 
パナソニック Panasonic スチームオーブンレンジ [26L/フラット] NE-BS658-W ホワイト

 

NE-BS657(旧モデル)はこちら

NE-BS658とNE-BS657の違いを比較!のまとめ

NE-BS658とNE-BS657の違いを比較!をお届けしました。

NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)の違いは1つだけで、新モデルのNE-BS658に、「中華10分」の自動メニューが追加されたことです。

機能やスペックは同じです。

新モデルや追加された中華メニューにこだわりがある人は、NE-BS658(新モデル)がおすすめですが、そうでない人はNE-BS657(旧モデル)でいいと思います。

NE-BS658(新モデル)とNE-BS657(旧モデル)は、調理機能が多く、調理メニューも豊富なので、調理の幅が広がり、家事の省力化にもつながる、いい製品だと思います。

NE-BS658(新モデル)はこちら
 中華メニューが追加されたよ
 


 
パナソニック Panasonic スチームオーブンレンジ [26L/フラット] NE-BS658-W ホワイト

 

NE-BS657(旧モデル)はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました