どうまん蟹とは?どんな味?取り寄せはできる?

スポンサーリンク

「どうまん蟹」は浜名湖で獲れる高級な蟹です。浜名湖は温暖な気候に淡水と海水が混ざりあっていて、どうまん蟹には最適な生息地ですが、年々漁獲量が減ってきていて、なかなかお目にかかれない高級食材になりつつあります。大型の蟹で食べ応えは充分なようですが、どんな味がするのでしょうか。また取り寄せはできるのでしょうか。そこで、
・どうまん蟹とは?どんな味?
・どうまん蟹の取り寄せはできる?

をまとめました。


スポンサーリンク

どうまん蟹とは?どんな味?

まず、どうまん蟹の「どうまん」って何かと思いますね。

どうまんというのは、どうまん蟹の体が丸く大きいことから
「胴丸(どうまる)」と呼ばれていたものが「どうまん」になったものです。

正式名称は「トゲノコギリガザミ」といって主に南方に棲む
大型ワタリガニです。

沖縄のマングローブガニ、
高知のエガニと共に
浜名湖どうまん蟹は北限の産地として全国から注目されています。

どうまん蟹のオスは大きなハサミが特徴で
なんと!この大きなハサミに指をはさまれると
簡単に切り取られるくらい危険なので、
漁師さんが1匹1匹、どうまん蟹のハサミをひもで縛って出荷しています。
これは、安全のために義務づけられているみたいです。

どうまん蟹の水揚げは6月から11月頃までで、
夏には巨大なハサミを持つオスが、
秋からは内子(うちこ)と呼ばれるの卵巣を持つ
メスが多く水揚げされます。

どうまん蟹の味

どうまん蟹はワタリガニと同じで、
茹でる前はこんな色ですが・・

蒸したり、茹でるだけで真っ赤に変わります。

どんな味がするのか知りたいですが、
味はかなり濃厚で独特な磯の香りと甘い香りがするとのこと。

蟹好きには見逃せない濃厚な味が楽しめるということで、
これは是非味わってみたい!

どうまん蟹は大きいので、
一人一パイより数人で分け合って食べられます。

また驚くほど大きなツメや甲羅にも身が満ちている

秋になってメスのどうまん蟹が出回ると
濃厚な身とメスの内子(卵巣)の味も楽しむことができます

どうまん蟹の通販や取り寄せは

とても食べてみたい、どうまん蟹ですが、
次のサイトから取り寄せが可能です。

◆浜松市にある「魚料理専門 魚魚一(とといち)」で
 年中無休で通販の取り扱いをしています。
 
https://www.xn--p8jq7fra4734b6jc1w1egwbs65k.com/?pid=111979818

まとめ

「どうまん蟹」って初めて聞きましたが、浜名湖の稀少価値の高級蟹なんですね。
大型だけれども味はかなり濃厚、身をいっぱい詰まっているようで、食べ応え充分なようです。蟹好きにはたまらないですね。取り寄せも可能なので、是非食べてみたい食材ですね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました