赤皿貝とは?取り寄せや通販はある?ホタテ以上の濃厚だし!

スポンサーリンク

赤皿貝って初めて聞きましたが、 tvの満点☆青空レストランなどで取り上げられました。今までは、牡蠣やホタテの養殖ロープにくっついたりして外虫ならぬ害貝で漁師さんを困らせていたようですが、ホタテ以上の濃厚なだしがでるので、注目されています。となると、是非そのだしを味わってみたいですね。そこで、
・赤皿貝とは?
・赤皿貝の取り寄せや通販はできる?
をまとめました。

スポンサーリンク

赤皿貝とは

赤皿貝はホタテの仲間で
正式には、ホタテと同じ
イタヤガイ科アズマニシキ属の二枚貝です。

日本では北海道から東北に自生しています。

牡蠣やホタテを育てる養殖ロープにくっつくので
漁師さんにとっては、やっかいな貝ですが、
食べてみると焼いても煮ても美味しいので、
漁師さんが持ち帰って家族で食べていたようです。

牡蠣やホタテに比べて鮮度が落ちやすく痛みやすいので
なかなか市場に出回らなかったので、
名が知られていませんでした。

最近赤皿貝を元気な状態で出荷する方法がわかってきて
やっと関東などの飲食店にも卸せるようになったとのことです。

味は煮ても焼いてもおいしくて
特にその濃厚なだしのおいしさはホタテ以上らしいです。

シーフードカレー・アヒージョ・アクアパッツァなど
魚介のだしを味わいたい料理にもってこいですね

赤皿貝は傷みやすかったですが、
最新技術で全国に出荷され
出荷量も増えてきているようです。

赤皿貝の取り寄せや通販は?

赤皿貝は楽天で購入できますが、
ボイルしたものと燻製のオリーブ漬のものです。

活きた赤皿貝は、佐々木友彦さんという漁師さんから購入できます。

但し、佐々木友彦さんの漁船がメンテナンス中で、
2020年10月末頃まで出荷は一時的に中止とのことなので、
その後に、佐々木さんのサイトから注文してください。
https://jf-sanrikuyamada.shop/?pid=130842273

まとめ

赤皿貝について「赤皿貝とは?」「赤皿貝の取り寄せや通販はできる?」をまとめました。赤皿貝は牡蠣やホタテの養殖にはじゃまになる漁師さん泣かせの貝でしたが、味は良くて特にその濃厚だしはホタテ以上といわれています。傷みやすいので市場に流通していませんでしたが、鮮度技術が進んで全国に出回るようになってきています。楽天では
ボイルしたもの燻製のオリーブ漬が購入できます。地元の漁師さんからは活きた赤皿貝が購入できます。ホタテ以上の濃厚なだし是非味わってみたいと思います。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました