ピクショナリーエアー(空中お絵かきゲーム)の評価と最安値!

おうちで過ごす時間が増えているこのごろですが、おうち時間を楽しくする最新の
おもちゃを紹介します。所さんのお届けモノですよでも紹介されましたが。空中に絵を
描くおもちゃ。これは「ピクショナリーエアー」というおもちゃ。いったいどんなしくみで、どうやって遊ぶのでしょうか。そこで、
・ピクショナリーエアーはどんなおもちゃ
・ピクショナリーエアーはどうやって遊ぶ?
・ピクショナリーエアーの悪いレビューや評価
・ピクショナリーエアーの良いレビューや評価
・ピクショナリーエアーの最安値
をまとめました。

ピクショナリーエアーはどんなおもちゃ

「ピクショナリーエアー」は
スマホやタブレットのアプリを使って絵を描いて対戦するゲーム。

絵を描く場所は何と空中!

まずこのおもちゃの概要は、デジタルカメラに向かって立ち、
付属のペンライトを持って空中に絵を描くと、
スマホやタブレットのカメラ撮影画面に
描いた絵がクッキリと浮かび上がると言うおもちゃです。

専用ペンで描いた線は、
アプリを通してのみ見えるので、
描いている本人には見えません。

ピクショナリエアーはどうやって遊ぶ?

無料のアプリケーションをスマホやタブレットに
ダウンロード。

お題カードを引いて、
カードに書かれたお題(言葉)を
ピクショナリーペンを使って、空中に絵を描きます。

本人には描いている絵は見えません。

スマホやタブレットに映し出された絵を
何を描いているのかを当てます。

これを2チーム対抗で、交代で行って
10ラウンドやった後に
最も点数が多いチームが勝ち!

ラウンド数は、変更することが出来ます。
お題はなんと1000以上!

自分が描いている絵は、本人には見えないので、
見当を付けて描きますが、
制限時間があって急いで描くので
ヘンテコな絵が出来やすく
そこで笑えます!

お絵描きシーンが、
そのまま動画にも撮れるので、
それをあとで見ても爆笑ですね。

専用の無料アプリをダウンロードする必要がありますが、
App Storeでも、Google Playでも対応してます。

ピクショナリーエアーの悪いレビューや評価

想像以上につまらなくて
 子供たちも一度遊んだだけでした。

→お題がつまらなかったんでしょうか?

コロナ禍自粛中の暇つぶしに購入しましたが、
 子供たちは1回で飽きてしまいました。

→お絵かきがあまり好きではないお子さんでしょうか?

ピクショナリーエアーの良いレビューや評価

最初は何を描いているのか中々伝わりませんでしたが、
 慣れてくるとどんどん分かるようになってきて楽しかったです。
 デジタルカメラは固定して撮影しないと、
 ブレて絵がぐちゃぐちゃになるので注意です。

→カメラ固定は基本ですね。

思っていたより難しいゲームです。
 絵を描く範囲がよくわからないので、
 楽しく遊べるまでに練習がかなり必要かも。
 でも要領がわかると楽しく遊べます。

→ちょっと練習はいるようですね。

スマホを活用した現代にピッタリのゲームです。
 慣れるまで少しは時間はかかりますが、
 安い値段で幅広い世代で楽しめるおもちゃです。

→おじいちゃん、おばあちゃんも楽しめる?
 孫の絵を見て楽しめるかも・・

8歳の子は大喜びで遊んでます。
 4歳の子はまだ紙にも絵が上手く描けないので、
 空中だと超難問です。
 でもそれも含めて、家族で楽しんでます!

→小さい子は面白い絵を描くのでよけい楽しいかも!

ピクショナリーエアーの最安値

ピクショナリエアーは通販で購入できますが、
Amazonが一番安いですね。(2021年2月現在)

◆Amazon 
価格: ¥1,758 +送料

送料は本州・四国(離島を除く)410円

   北海道・九州・沖縄・離島 450円
対象商品¥2,000 以上の注文で通常配送無料

◆楽天
1,760円 +送料680円
同一の対応ショップ内の購入が3980円(税込)以上で送料無料

◆ヤフーショッピング
通常販売価格 (税込)1,938 円
送料このストアで50,000円以上購入で送料無料

まとめ

所さんのお届けモノですよでも紹介されましたが。空中に絵を描くおもちゃ。「ピクショナリーエアー」というおもちゃ。その
「ピクショナリーエアーはどんなおもちゃ」
「ピクショナリーエアーはどうやって遊ぶ?」
「ピクショナリーエアーの悪いレビューや評価」
「ピクショナリーエアーの良いレビューや評価」
「ピクショナリーエアーの最安値」をまとめました。
描いている本人には絵は見えないので、どんな絵になっているか楽しみながら遊べるおもちゃです。

関連記事

次のおもちゃ記事もご覧下さい。
ニンジャスライダー(スライドおもちゃ)の評価と通販価格を調査!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました