望月歩さんの出身高校大学はどこ?経歴は?兄弟はいる?

スポンサーリンク

望月歩さんは映画『ソロモンの偽証』で映画デビュー、まだ若いですが、演技力には
定評があり、その後もTVドラマや映画で活躍されています。最近では、NHK朝ドラ「エール」にも出演、「家栽の人」のドラマにも出演しましたね。

そんなの望月歩さんの
学歴(出身高校や大学)は?
経歴は?
兄弟はいるの?
が気になったので調べてみました。

初主演した映画「5億円の人生」のインタビュー動画があるので、是非見てみてください。

スポンサーリンク

出身高校大学は

望月歩(もちづきあゆむ)さんは、
2000年9⽉28⽇、長崎生まれ
2020年で20歳。
まだ若いですね。

小学校は、地元長崎の小学校だと思いますが、

2014年、中2の14歳のときに、
映画デビューしてるので、
遅くてもその前に上京して、
都内の小学校か中学校に
転校したのではと思われます。

高校は、「日出高校の芸能コース」で
大学は、高校に入る前から大学には進学しないと
インタビューで言ってましたので、
大学進学せず、芸能活動に専念しています。

経歴

2014年中2のとき
1万人のオーディション中から選ばれ
映画『ソロモンの偽証』で俳優デビューしてます。

1万人の中からとは、すごいですね。
すでにルックスや演技力が評価されていた
ということですね。

2015年にはあの人気番組の「テラスハウス」
のスタジオメンバーとしても登場してます。

その後の活躍は次のようなのがあり、
目を見張る活躍ぶりです。

映画

ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判(2015年)
秘密 THE TOP SECRET(2016年)
真田十勇士(2016年)
疾風ロンド(2016年)
向こうの家(2018年)
神さまの轍-CHECKPOINT OF THE LIFE-(2018年)
五億円のじんせい(2019年7月20日) – 主演・高月望来 役
向こうの家(2019年10月5日[注 1]) – 主演・森田萩 役


ドラマ

ドラマW 埋もれる(2014年)
461個のありがとう〜愛情弁当が育んだ父と子の絆〜(2015年)
マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜(2015年)
コウノドリ 第5話(2015年)
母になる(2017年)
モブサイコ100(2018年)
アンナチュラル 第7話(2018年)
サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官(2018年)

しかし、望月さん、
実は子供時代から子役として活躍していたことがわかりました。

望月さんは、嵐に憧れて
小学校1年から6年生ころまでダンスを習っていて、
その時に芝居にも触れる機会があって、
それがきっかけで俳優を目指すことにしたそうです。

それで、福岡の芸能プロダクション
「JOKER*A(ジョーカーエース)」に所属しました。

「JOKER*A」の所属タレントの説明書きに
”大西健誠 ⇒演技力が認められヒラタオフィスに移籍となりました。”
とありました。

望月さん、子役時代から演技力があったので、
福岡の芸能プロダクションの途中から
現在のヒラタオフィスに引き抜かれたんですかね。

子役時代の名前は「大西健誠」さんで
たぶん法名だと思われます。

2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」で、
平資盛の子供時代を演じています。

また、同年『おおかみこどもの雨と雪』のアニメで
声優もしています。

ということは、小学生のときにすでに上京して、
ヒラタオフィスに所属して芸能活動をしてたってことですか。

ヒラタオフィスってあの「長谷川博己」さんや「宮崎あおい」も
所属しているすごいプロダクションですよね。

2014年の映画『ソロモンの偽証』で俳優デビューより
心機一転で「望月歩」に改名して芸能活動を続けている
ということですね。

兄弟は

望月さんより4つ年上のお兄さん
「大西勇哉(おおにしゆうや)」さんがいます。

お兄さんも福岡の芸能プロダクション
「JOKER*A」に所属していて

やはり、「JOKER*A」の説明書きに
大西勇哉 ⇒演技力が認められヒラタオフィスに移籍となりました。
とあるので、兄弟で上京して芸能活動をしていたようです。

2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」で、
望月さんとお兄さんは、兄弟役の子役で共演しています。

お兄さんは、現在は芸能活動はされていないみたいです。

最後に、望月さんが 初主演した映画「5億円の人生」のインタビュー動画があるので、是非見てみてください。

命とお金の価値は?「初めて“やりたい”と口にした作品」で初主演の望月歩に独占インタビュー/映画『5億円のじんせい』(7月20日公開)

まとめ

望月歩さんは、子供時代から演技力を買われて、福岡の芸能プロダクションから
東京の大手プロダクションに移籍、実は子役時代から活躍していましたが、改名して
現在までの活躍があるようです。
まだまだ若いので、これから多方面での活躍がとても期待されますね。応援したいと
思います。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました