佐久本宝の本名や出身地・出身高校などのプロフィールと芸歴について調査

スポンサーリンク

NHKの朝ドラ「エール」で窪田正孝さんが演じる古山裕一の弟役で出演の
「佐久本宝さん」。まだあまりなじみがないと思いますので、
佐久本さんの本名や出身地・出身高校などのプロフィールと芸歴について調査
したのでまとめます。

スポンサーリンク

佐久本宝さん本名・出身地・出身高校などのプロフィール

◇本名:佐久本 宝(さくもと たから)

「さくもとたから」って芸名ぽいですが、本名です。

出身地は、沖縄県うるま市です。

 佐久本とい名字は、琉球王朝の官僚の名前が起源で、
 とても由緒ある名字のようです。
 それに「宝」ですから、名前からしてありがたい名前です。

◇生年月日:1998年7月22日で、2020年4月現在、21歳です。

◇血液型はA型

◇出身高校は沖縄県うるま市にある
 沖縄県立具志川(ぐしかわ)高校です。
 「文武両道」と「夢実現」をモットーにしている学校で、部活動も盛んです。

身長は163cm と小柄です。体重は非公開ですが、たぶん50kg台だと思います。

◇性格は、本人の弁によると

「僕は島の子で、根がシャイ」
「あまり話すのが上手くないんですよ、僕。苦手なんです」
と話していますが、

そんな佐久本さんが、どうして俳優になったか不思議ですよね。

俳優になったきっかけが次です。

俳優になったきっかけと芸歴

佐久本宝さんが俳優になったきっかけになったのは、
沖縄版のミュージカル「肝高の阿麻和利」

「肝高の阿麻和利」は(きむたかのあまわり)と読みます。

肝高(きむたか)は、
沖縄の古語で、「心豊か」「気高い」などを意味します。
つまり、気高い「阿麻和利」氏の生涯を描いた舞台。

沖縄戦乱時代に勝連城の城主「阿麻和利」の生涯を描いた舞台で、
沖縄に古くから伝わる伝統芸能「組踊」をベースにして、
現代音楽とダンスを取り入れたもの。

何かすごそうな舞台ですね。

これに、
沖縄県うるま市の中高生が出演していますが、
佐久本宝さんは中学1年生から
この「肝高の阿麻和利」に出演しています。
2014年からは何と主演の「阿麻和利」役を務めていました。

これが俳優の道につながったわけです。

佐久本宝さんが主演していた
この沖縄版ミュージカル「肝高の阿麻和利」を
たまたま見に来ていた「李相日監督」。

李相日監督と言えば、
松雪泰子さん主演の映画「フラガール」の監督さんです。

佐久本宝さんは、その李相日監督の目にとまり、
映画「怒り」のオーディションを勧められます。

佐久本宝さんはどんな映画かも知らず、
ショートムービーかな、おもしろそう。
と軽い気持ちでオーディションを受けます。

そうしたところ、
1200人が参加したオーディションを勝ち抜いて、
何と、映画「怒り」の沖縄パートの主要キャラクターで
「広瀬すず」さんの同級生役を演じることになりました。

いきなり広瀬すずさんと共演なんて、ホントうらやましい限りです。

しかも
このデビュー作の映画「怒り」で、佐久本宝さんは
「日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞です。

いや~すごい!
もともと俳優の素質があったんですね。

この映画で、船に乗るシーンの撮影のため、
「二級船舶免許」も取得しています。
努力家でもありますね。

実は俳優を目指していたわけではなかった!

佐久本宝さんは、「肝高の阿麻和利」で、舞台役者をしていたわけですが、
そもそも役者を目指していたわけではありませんでした。

実は高校卒業後は「看護師」を目指していました。

映画「怒り」のオーディション時にも
「(将来は)看護系に進みます」って言ってたみたいです。

役者を目指していても、役者になれない人が多いのに、
佐久本さんは、運命にのって役者になってしまった感じです。

でも、そなわった才能と努力はものすごいものがあると思います。

佐久本さんの出演作品

映画では、

2016年「怒り」
2018年「あの頃、君を追いかけた」
2019年「凪待ち」

テレビドラマでは、

2018年「24時間テレビドラマスペシャル
『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』」
「KBOYS」

2019年「3年A組-今から皆さんは、人質です-」
     「ゼブラ」

舞台では、

「風の声が聞こえる」沖縄公演
現代版組踊絵巻「読谷山花織の宴」
現代版組踊「肝高の阿麻和利」
現代版組踊「鬼鷲~琉球王尚巴志伝」
現代版組踊「息吹~南山義民喜四郎伝」
2017年 つかこうへい七回忌特別公演「新・幕末純情伝」

佐久本さんは舞台でも活躍しているんですね。

まとめ

佐久本宝さんの、本名や出身地・出身高校などのプロフィールと芸歴について調査
結果でした。
まだ21歳ですが、その演技力には定評があり、今後もドラマ・映画・舞台での活躍が
とても期待される俳優さんです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました