馬淵優佳の出身や身長や血液型は?高校大学は?父母はどんな人?

スポンサーリンク

馬淵優佳さんは日本の元飛込競技選手です。2017年に競泳選手の瀬戸大也選手と結婚して、一昨年と今年、娘さんを出産されていますが、馬淵優佳さんはどんな方か詳しく知りたいと思います。そこで、
・馬淵優佳の出身や身長や血液型や高校大学は?
・瀬戸大也選手との馴れ初めは?
・父母はどんな人

をまとめました。

最後に、馬淵優佳さんの現役時代の高飛び込みの動画があるので是非見てみてください。

スポンサーリンク

馬淵優佳の出身や身長や血液型や高校大学は?

馬淵優佳(まぶちゆか)さんは
生年月日は1995年2月5日
2020年で25歳。

身長は163cm
出身は、兵庫県宝塚市です。

血液型はA型

お姉さんがいて、次女です
お姉さんも美人で美人姉妹です。

3歳から水泳を始めて、
6歳で飛び込み競技を始めています。

中学は、「宝塚市立宝塚中学校
高校は、「甲子園学院高校
と地元の学校で、

大学は、「立命館大学スポーツ健康科学部」を卒業してます
所属はJSS宝塚スイミングスクール

馬淵優佳さんの成績ですが、

2008年の日本選手権で高飛び込みと3メートル板飛び込みで2冠。
2009年には東アジア大会(香港)でみごと銅メダルを獲得してます。
2011年世界選手権にも出場しています。
2012年はインターハイの板飛び込みで3連覇を果たしています。

2017年5月24日に瀬戸大也選手と結婚し、
11月には選手引退を発表してます。

22歳の若さでもったいないと思いましたが、
瀬戸大也選手を支えて、家庭を大事にして第二の人生ですね。

2018年6月、第1子となる女児が誕生(体重:3968g)大きいですね!
2020年3月、第2子女児が誕生

二児の母となりました。

瀬戸大也選手との馴れ初めは?

元々2人は小学校時代から
同じ系列のスイミングスクール(JSSスイミングスクール)
に通っていたそうですが、

その時のスクールのパンフレットに載っていた
馬淵さんの姿を見て、
瀬戸選手が一目惚れしていたようです。

しかし瀬戸選手は埼玉ですし、
中々会う機会がなくて
2人が初めて会ったのは2014年のこと。

2015年から正式に交際が始まって、
2017年に瀬戸選手が大学を卒業すると
すぐに結婚
したということで、
二人とも熱烈だったんでしょうね。

 

父母はどんな人

馬淵優佳さんの父は
中国上海出身の馬淵崇英さん(まぶちすうえい)さん

元中国の飛び込み選手でしたが、
中国の飛び込み選手の壁は厚くて、
19歳で引退して指導者になっています。

その後、
元五輪代表の飛び込み選手の馬淵かの子さんの誘いで
JSS宝塚のコーチになって
最年少で飛び込み競技の日本選手権で優勝した
寺内健選手を育てています。
寺内選手は 1996年アトランタオリンピックの代表になっています。

馬淵崇英さんは
日本水泳連盟飛込委員
全日本ナショナルチームヘッドコーチもしています。

飛び込み競技の指導者として大変優秀な方ですね。
娘の馬淵優佳さんの指導もしていました。

元々中国人でしたが1988年に日本国籍を取得しています。

母親に関しては中国人とだけしかわかりませんでした。

馬淵優佳さんは両親が中国人で、
日本国籍を持つアスリートだったんですね!

最後に、馬淵優佳さんの現役時代の高飛び込みの動画があるので是非見てみてください。

ノンスプラッシュ! 馬淵 優佳 3位 成年女子 飛板飛込 東京国体2013

まとめ

馬淵優佳さんの「出身や身長や血液型は」「高校大学は?」「瀬戸大也選手との馴れ初めは?」「父母はどんな人」をまとめました。飛び込み選手引退後、瀬戸大也選手の美人妻として二児の母として第二の人生を送られています。今後はバラエティ番組などでも活躍することが多くなってきそうな予感がします。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました