KI-PD50の口コミ評価のレビュー!電気代は?シャープ除加湿空気清浄機

家電製品

KI-PD50の口コミ評価のレビュー!電気代は?をお届けします。

KI-PD50は、シャープの除加湿空気清浄機。

除湿と加湿と空気清浄、また衣類乾燥もこれ一台でできてしまう優れものです。

KI-PD50を実際使った人の口コミ評価が知りたいので調査しました。

悪い口コミや気になる口コミとしては次のことがありました。

●稼働音が気になる
●加湿が弱い

反面、次のような良い口コミや評価が大多数で総合的には、高評価でした。

◎空気がいつも澄んでいる感じ
◎脱臭能力はかなり高い
◎除湿はエアコンよりかなり強力
◎使いやすさ抜群
◎これ一台で、除湿、加湿、空気清浄が出来るのは便利
◎キャスターが付いているので移動が楽

音に敏感な方や加湿能力を十分使いたい方は、この商品の詳しいスペックを見て検討された方がいいかもしれません。

しかし、除湿と加湿と空気清浄、また衣類乾燥の性能は高く、すべてこれ1台でできてしまうというメリットを考えるとおすすめの商品です。

詳しくは本文にまとめています。
また、気になる電気代やお手入れについても調査しました。
この記事では次のことをまとめています。

KI-PD50の口コミ評価のレビュー
・KI-PD50の電気代
・KI-PD50の特長

KI-PD50のチェックはこちらから

なお、2021年モデルKI-ND50は、機能・性能は全く同じなので、お得に購入できるKI-ND50の方がおすすめです。

▼KI-ND50(2021年モデル)のチェックはこちらから

 

KI-PD50の口コミ評価のレビュー

KI-PD50は発売間もないので口コミが集まっていないので、2021年モデルKI-ND50の口コミ評価からまとめています。

KI-PD50とKI-ND50は、機能や性能は全く同じなので、KI-ND50の口コミ評価でも十分に参考になると思います。

KI-PD50の悪い口コミ評価とデメリット

●風が吹き出る音も、稼働音も気になります。

→稼働音は、スペックによると次のようになっています。

除湿空気清浄 強:51db  中:43db  弱:38db
加湿空気清浄 強:54db  中:40db  弱:23db
空気清浄     強:54db  中:40db  弱:23db

50dbは、人が話す声や家庭用クーラーの駆動音、換気扇が発する音位のレベルです。
40dbは、閑静な住宅地の昼間や図書館内で感じるレベル。

強運転でも、うるさいほどの稼働音ではありませんが、音に敏感な方はこの稼働音を念頭に
おかれて検討されるといいと思います。

加湿がちょっと弱いかなという印象

→加湿は、強運転で400ml/1時間
弱運転で100ml/1時間

乾燥が強くて、この加湿量では不十分という方もいるかもしれません。
その場合は、この商品+加湿器を別にプラスするといいと思います。

KI-PD50の良い口コミ評価とメリット

KI-PD50(KI-ND50)の良い口コミはたくさんあるので項目別にまとめます。

清浄能力について

◎空気がいつも澄んでる感じがします。
◎空気の汚れが視覚化されているのは分かり易くて良い。
◎空気清浄機のお陰で鼻が痒くなくなった
◎花粉の鼻のムズムズが緩和した。

→プラズマクラスター25000は、空気清浄能力が高いので、やはり高評価でした。

脱臭能力について

◎脱臭能力はかなり高いと思います。
◎食事をしてるだけでセンサーが反応します。
◎外干しで臭くなった洗濯物も1,2時間風を当てると見事に消臭できます。

→脱臭能力も、プラズマクラスター25000は高い性能を示しているようです。

除湿能力について

◎除湿機能はエアコンよりも遥かに強力です。
◎湿気が多い季節で24時間フル稼働すると1日当たり6Lも水が取れます。

→除湿機能も優れていると高評価です。

使いやすさについて

◎ボタン操作も分かりやすく使いやすさは抜群だと思います。
◎キャスターが付いているので移動がしやすく楽です。
◎湿度がデジタル表示され、除湿と加湿の参考になるのでとても良いです。

→機能がたくさんありますが、使いやすくなっていると高評価です。
キャスターや湿度のデジタル表示も好評ですね。

デザインについて

◎清潔な白でいいと思います。
◎除加湿空気清浄機としてはオシャレではないでしょうか。
→デザインも好評です。

サイズについて

◎大きすぎずいいです。

→大きさについてもマイナスの口コミはありませんでした。

総評について

◎決して安くない買い物でしたが購入して良かったです。
◎これ一台で、除湿、加湿、空気清浄が出来るのは便利です。

⇒稼働音が気になる、加湿が弱いと言った声もありますが、総合的には加湿・除湿・空気清浄機能については満足されている口コミが多いです。

使いやすさやデザインや大きさについても好評です。

多少値が張りますが、これ1台で 加湿・除湿・空気清浄と衣類乾燥もできるので、便利で購入して良かったという声も多いです。

KI-PD50のチェックはこちらから

なお、2021年モデルKI-ND50は、機能・性能は全く同じなので、お得に購入できるKI-ND50の方がおすすめです。

▼KI-ND50(2021年モデル)のチェックはこちらから

KI-PD50の電気代

KI-PD50の気になる電気代は次のようになっています。

除湿空気清浄時の電気代

強:約5.6円/1時間あたり
中:約4.9円/1時間あたり
弱:約4.9円/1時間あたり

平均して1時間約5円とすると、丸1日稼働して約120円。1か月で約3600円

KI-PD50の除湿方式は、コンプレッサー式です。
コンプレッサー式は、冷却器が付いていて、そこで湿った空気を冷やして水に変えます。

エアコンの除湿機能のようなものです。
デシカント式というのはヒーターを使う除湿方法ですが、デシカント式に比べて電気代は
安くなっています。

加湿空気清浄と空気清浄の電気代

強:約1.8円/1時間あたり
中:約0.41円/1時間あたり
弱:約0.12円/1時間あたり

平均して1時間0.7円とすると、丸1日稼働して約17円。1か月で約510円

KI-PD50の加湿方式は、気化式です。
気化式はフィルターなどの加湿材に水分を含ませて、そこに風を当てることで水を蒸発させる方式です。
ヒーターで温める訳でないので、電気代は格安です。

KI-PD50のチェックはこちらから

なお、2021年モデルKI-ND50は、機能・性能は全く同じなので、お得に購入できるKI-ND50の方がおすすめです。

▼KI-ND50(2021年モデル)のチェックはこちらから

KI-PD50の特長

ここからは、KI-PD50の特長を紹介します。

KI-PD50は、除湿・加湿・空気清浄・衣類乾燥ができるので、これ一台でマルチに1年中使える便利な商品です。

適している部屋の広さ

・プラズマクラスター適用床面積:約10畳(約17m²)

・除湿空気清浄:~19畳(31m²)

・加湿空気清浄:~21畳(35m²)

・空気清浄:~21畳(35m²)

かなり広めの部屋の除湿・加湿・空気清浄ができるので、便利です。

プラズマクラスター25000搭載

KI-PD50には、プラズマクラスター25000が搭載されています。

プラズマクラスター25000とはイオンの濃度のことで、1cm³あたり25,000個のイオンが含まれています。

このプラズマクラスターが空気を清浄にしたり、ニオイ取りや空気の除電に高い効果を発揮します。

このプラズマクラスターの数が多いほど効果があるのですが、このプラズマクラスター25000は、中ぐらいの性能ですね。

プラズマクラスター25000は下位の7000とは全く違って高性能との口コミが多いです。

プラズマクラスターには、次のような良い効果があります。

・花粉などの粒子の付着を防ぐ
・静電気除去
・PM2.5などの徴小粒子物質も浄化
・部屋干しなど、衣類の生乾き臭を消臭
・衣類やお部屋に付いたタバコのニオイを分解・除去
・浮遊カビ菌を除菌
・浮遊ウィルスの作用を抑える
・ダニのふんや死がいなどの、浮遊アレル物質の作用を抑える
・浮遊花粉アレル物質の作用を抑える
・お肌にツヤを与える

空気清浄機能でニオイを取るだけではなく、花粉やカビ、ダニ、ウィルスなどの浮遊アレル物質やウィルスの作用を抑える作用もあります。

スピード循環気流を搭載

KI-PD50はスピード循環気流という機能を搭載しています。

これは、部屋全体に風の流れが素早く行き渡るスピード循環気流を作り、遠くのホコリまでも引き寄せて、本体の大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引する機能のことです。

遠くのホコリも素早く吸じん、スピード循環気流

8畳ほどの広さの部屋の空気なら、約13分ほどで素早く浄化するので高性能です。

衣類乾燥

KI-PD50ははスイングルーバーで衣類に集中して風を送って衣類乾燥にも使えます。
2kgの洗濯物は、約2時間45分で乾かします!

また、プラズマクラスターで生乾き臭や、カビ菌の増殖も抑えます。

 

梅雨の季節や部屋干しにはこれはほんとに重宝しますね。

除湿

梅雨の時期から夏にかけての湿気が気になる季節には、除湿機能が役立ちます。

また、プラズマクラスターは、臭いやカビ菌も抑えてくれるのでさらに快適です。

KI-PD50の除湿方法は、コンプレッサー式です。

コンプレッサー式は、湿気を冷やして水滴に変えて除湿する方式です。

コンプレッサー式は気温が高いときの除湿能力が高いので、梅雨や夏の時期の除湿には効果的です。

除湿機能のスペックはこちらです。

除湿適用床面積
(50Hz/60Hz)
・コンクリート住宅:~13畳/14畳(21㎡/23㎡)
・木造住宅:     ~6畳/7畳(10㎡/11㎡)

除湿能力(L/日)(50/60Hz)
・強:5.0/5.6
・中:5.0/5.6
・弱:4.5/5.0

一日に約5Lも除湿してくれる高性能です。

加湿

乾燥が気になる季節には、しっかり加湿をしてくれます。

KI-PD50の加湿の方式は、気化式です。

気化式加湿は、水をフィルターに透過させて、そこにファンの風を当てて水を気化させることで加湿する方式です。

加熱しないので熱くないので、お子さんやペットが触っても、ヤケドすることなく安全です!

また、気化式なので電気代もオトクです。

電気代を気にせずに、加湿できます。

給水トレーの雑菌が心配な場合は、別売りのAg+イオンカートリッジを給水トレーに取り付けると、水中の菌の繁殖を抑え、ニオイやヌメリを防ぐことができます。

3つのセンサー

KI-PD50は、ニオイ、湿度、温度の3つのセンサーで賢く運転します。

また、部屋の空気の状態は、モニターで可視化して知らせてくれるので、ひと目でわかりやすいです。

きれいモニター

使いやすい操作部

「モードボタン」を押すだけで簡単に運転モードの切り替えができます。

また、「デジタル湿度モニター」で、現在の部屋の湿度を1%刻みでく表示してくれるので、とても便利です。

使いやすさにこだわった操作部

お手入れもラクラク!

外側のフィルターについたホコリは、掃除機で吸い取るだけでキレイにできます。

パネルを外さずにお掃除OK

また、除湿と加湿のトレーは一体型で、コンパクトで省スペースです。
除湿/加湿一体型トレー

このトレーは簡単に取り外せて、手入れもしやすくなっています。

KI-PD50のチェックはこちらから

なお、2021年モデルKI-ND50は、機能・性能は全く同じなので、お得に購入できるKI-ND50の方がおすすめです。

▼KI-ND50(2021年モデル)のチェックはこちらから

 

KI-PD50の口コミ評価のレビュー!電気代は?のまとめ

KI-PD50の口コミ評価のレビュー!電気代やお手入れは?をお届けしました。

KI-PD50の悪い口コミや気になる口コミとしては次のことがありました。

●稼働音が気になる
●加湿が弱い

反面、次のような良い口コミや評価が大多数で総合的には、高評価でした。

◎空気がいつも澄んでいる感じ
◎脱臭能力はかなり高い
◎除湿はエアコンよりかなり強力
◎使いやすさ抜群
◎これ一台で、除湿、加湿、空気清浄が出来るのは便利
◎キャスターが付いているので移動が楽

音に敏感な方や加湿能力を十分使いたい方は、この商品の詳しいスペックを見て検討された方がいいかもしれません。
しかし、除湿と加湿と空気清浄、また衣類乾燥の性能は高く、すべてこれ1台でできてしまうというメリットを考えるとおすすめの商品です。

KI-PD50のチェックはこちらから

なお、2021年モデルKI-ND50は、機能・性能は全く同じなので、お得に購入できるKI-ND50の方がおすすめです。

▼KI-ND50(2021年モデル)のチェックはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました