井上希美の出身や年齢や身長は?学歴や経歴は?出演ドラマは?

スポンサーリンク

井上希美さんは、劇団四季出身の女優さんで、朝ドラ「エール」では、歌手・藤丸役を
演じました。そんな井上希美さんのことをもっと知りたいと思います。
そこで、井上希美さんの
・出身や年齢や身長は?
・学歴や経歴は?
・出演ドラマは?
を調べてみました。

最後に井上希美さんが、劇団四季で美女と野獣の主役を演じたプロモーションビデオがあるので、是非見てみてください。

スポンサーリンク

出身や年齢や身長は?

井上希美(いのうえのぞみ)さんは
兵庫県出身で、
1992年5月8日の生まれ、
2020年で28歳です。

身長は163cm

特技は、歌、朗読、関西弁

特技の歌、
劇団四季出身なので、当然歌は上手いと思いますが、
朝ドラ「エール」で、
「船頭可愛や」♪の歌を見事に歌ってましたね。

井上希美さんは、この歌を歌うために、
この曲を実際に歌った音丸さんのレコードを聴き込み、
この時代の歌を研究し、
歌の先生に導いて頂きながら
昭和10年の風の「船頭可愛や」
を歌えるようになったと言っています。

ミュージカルの歌とは、また全然違うでしょうからね。

学歴や経歴は?

高校は、「兵庫県立須磨東高等学校」です。

井上さんが演技を勉強するようになったのは、
高校時代放送部に入部したことでした。

高校入学後の部活見学で、先輩の朗読を聞いて
「こんなすごい高校生がいるのか!」
と衝撃を受け即放送部に入部したそうです。

子供のころから、
自分の思いを表現して人に伝えたい、
という思いは持っていたようですが、
朗読も井上さんの表現の一つだったようです。

高校3年生の春の
NHK杯全国高校放送コンテストの朗読部門で
兵庫県大会優勝。

夏の全国大会では残念ながら4位。

実は全国大会で、途中で1カ所詰まってしまったそうで、
それがとても悔しくて、
もっと表現者としてのスキルを磨きたい!
という思いで、
朗読とは違う表現手段を探して出会ったのが
演劇だったとのこと。

高校は進学校で、ほとんど大学に進学するようですが
井上さんは卒業後上京して、
東京フィルムセンター映画・俳優専門学校に入学します。
(現・東京放送芸術&映画・俳優専門学校)

在校中に劇団四季のオーディションに見事合格して、

2014年、22に劇団四季研究所へ入ります。

劇団四季に入団後は
・「ジーザス・クライスト=スーパースター」
・「サウンド・オブ・ミュージック」などの話題作に出演
・「ガンバの大冒険」では主役の潮路を演じ、
・「美女と野獣」では主役のベルを演じて
                  と大活躍されています。

出演ドラマは?

2017年に劇団四季を退団した後は、

ドラマ「やすらぎの刻~道」に出演。

このドラマは、倉本聰の脚本で、
2019年4月から1年間昼に放送されたドラマで、
しっかり者の長女・根来信子役を演じています。

NHKの朝ドラは「エール」は、
初めての朝ドラ出演となります。

得意の歌も生かせる役でよかったと思います。

最後に井上希美さんが、劇団四季で美女と野獣の主役を演じたプロモーションビデオがあるので、是非見てみてください。

劇団四季:美女と野獣:京都公演プロモーションVTR:2016年11月開幕

まとめ

井上希美さんの「出身や年齢や身長は」「学歴や経歴は」「出演ドラマは」を調べてみました。井上さんは、子供のころから自分の思いを表現して人に伝えたいという思いがあって、
朗読から始まり、演劇の世界に入って劇団四季に合格し、美女と野獣の主役まで演じたミュージカル女優さん。劇団四季を退団して、テレビドラマなどに出演、NHK朝ドラにも出演しました。これから得意の歌も生かした女優さんで、どんどん活躍してほしいですね。
応援してますよ!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました