HV-P55とHV-L55との違いを比較!違いは抗菌加工!シャープのプラズマクラスター加湿器

家電製品

HV-P55とHV-L55との違いを比較!違いは抗菌加工仕様のみ!をお届けします。

シャープのプラズマクラスター加湿器、HV-P55とHV-L55との違いを比較しました。

HV-P55は2021年9月発売の新モデル
HV-L55は2020年9月発売の旧モデルです。

HV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)の違いが気になりますが、違いは次です。

新モデルのHV-P55の方は操作パネルが抗菌加工になった。

デザインや機能や性能に違いはありません。
詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

HV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)の違いを比較
HV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)でおすすめはどっち
HV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)の共通の特長

HV-P55(新モデル)はこちら
 操作パネル部分が抗菌加工

HV-L55(旧モデル)はこちら

 

HV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)の違いを比較

HV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)の違いですが、違いは一点のみ。

HV-P55(新モデル)では、ボタン操作などで手や指がよくふれる操作パネル部分が抗菌加工されたことです。

操作パネルは抗菌加工仕上げ

細菌やウィルス感染がより心配される昨今なので、操作パネルの抗菌加工で、清潔を保って安心に使えるようになっていますね。

デザインや機能や性能はHV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)で次のように、全く同じです。

加湿の適用床面積(目安) 木造和室 9畳(15m²)
プレハブ洋室 15畳(25m²)
プラズマクラスター適用床面積(目安) 約9畳(約15m²)
消費電力
(50/60Hz)
190W
静音 12W
エコ(強) 24W
1時間あたりの電気代
(50/60Hz)
約5.1円
静音 約0.32円
エコ(強) 約0.65円
加湿量 550mL/h
静音 200mL/h
運転音
(50/60Hz)
37dB
静音 23dB
連続加湿時間 約7.2h
静音 約19h
タンク容量 約4.0L
主な機能 ●温度・湿度のWセンサー ●静音運転 ●プラズマクラスター空気浄化運転 ●水位モニター ●湿度表示ランプ ●お手入れランプ ●切タイマー ●フィルター乾燥 ●転倒自動停止装置
外形寸法(幅×奥行×高さ) 272×220×455mm
質量(kg) 約5.2kg
電源コード長さ 約1.8m

HV-P55(新モデル)はこちら
 操作パネル部分が抗菌加工

HV-L55(旧モデル)はこちら

 

HV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)でおすすめはどっち

HV-P55 (新モデル) がおすすめの方

細菌やウィルス感染症が心配で、抗菌加工がされていて安心に使いたい方には、HV-P55 (新モデル)がおすすめです。

HV-P55(新モデル)はこちら
 操作パネル部分が抗菌加工

 

 

HV-L55(旧モデル)がおすすめの方

・抗菌加工までは必要ない方は、価格のお得なHV-L55(旧モデル)でいいと思います。

HV-L55(旧モデル)はこちら

 

HV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)の特長

HV-P55(新モデル)とHV-L55(旧モデル)はデザインや機能・性能が同じです。その共通の特長をまとめました。

水のつぎ足しがカンタン

2通りの給水方法ができます。

・トレーをはずさす直接給水          ・トレーをはずしてトレーに給水

上から給水するときは、水位モニターで水を注ぎながら水位を確認できます。

満水になると音が鳴るので便利です。

プラズマクラスターで清潔な風と加湿

HV-P55もHV-L55も、「プラズマクラスター7000」を搭載している加湿機です。

プラズマクラスターには次のような効果があります。

・浮遊ウィルスの働きを抑える
・浮遊細菌やカビ菌を除菌する
・ニオイを消臭分解する
・静電気を抑える

ということで、除菌や消臭をしたキレイな風で加湿をするので、清潔に安心して使えます。

そもそもプラズマクラスターとは何か?簡単に説明すると次のようなことです。

空気中の水と酸素に電圧をかけることにより、水素のプラスイオンと酸素のマイナスイオンを発生させます。

このプラスとマイナスのイオンそれぞれの周りに、水分子を集めて安定した状態にしたのがプラズマクラスターです。

このプラズマクラスターに空気の浄化や消臭作用があります。

プラズマクラスター7000には1cm³あたり7,000個のプラズマクラスターイオンが含まれています。

シャープのこのプラズマクラスターの技術は、空気清浄機や冷蔵庫など、幅広い商品で使われていますよね。

お手入れ簡単

加湿器はお手入れが面倒だというイメージがありますが、HV-P55もHV-L55もお手入れはとても
簡単です。

部品は本体から簡単にはずせて、丸洗いができます。

外れるパーツは丸洗いOK

また、吹出口と給水トレーを外せば、タオルを通して中までしっかりと拭き取ることができるので、きれいにできますね。

フィルター乾燥機能で収納時も清潔

フィルターってカビやすいですが、フィルター乾燥機能がついているので、シーズンオフでも、
カビが生えずに清潔な状態で保管できます。

フィルター乾燥専用ボタンを押すと、約60分で加湿フィルターを自動で温風乾燥してくれます。

Ag+イオンカートリッジできれいな水で加湿

プラズマクラスターにも抗菌作用がありますが、この商品の給水トレーには、Ag+イオンカートリッジが附属していて、トレーのヌメリやニオイの元となる水中の菌を抑えてくれます。

カートリッジは、1年に1回程度の交換で大丈夫です。

 

エコモードで省エネ加湿

「強」の運転モードには、ヒーター機能を使わずに加湿ができる、エコモードがついてます。
普通の「強」モードで加湿した場合よりも、大幅に電気代を節約できます!

エコモード

特に長時間加湿をしたい季節、電気代も気になるので、とってもありがたい機能です。

 

音も静か

運転音もとても静かで、生活の邪魔になりません。

運転モード   強    静音
運転音    37dB   23dB

これを他の音に例えると、

・40dB:図書館、ささやき声、鼻息、小雨の音
・20dB:寝息、やっと音として聴こえる程度、雪の降る音

静音モードの場合はほとんど音はわからないので、寝ている間でも音を気にせずに使えます。

 

コンパクトで場所を取らない

サイズは、幅272x奥行き220x高さ455 (mm) のコンパクト設計。

ほぼA4サイズの設置面積で置くことができます。

縦型スリムな設計なので、部屋の隅やベットの脇など、どこにでも手軽に加湿ができますね。

HV-P55(新モデル)はこちら
 操作パネル部分が抗菌加工

HV-L55(旧モデル)はこちら

HV-P55とHV-L55との違いを比較!違いは抗菌加工!のまとめ

HV-P55とHV-L55との違いを比較!違いは抗菌加工!をお届けしました。

HV-P55とHV-L55の違いは、2021年新モデルのHV-P55はパネルが抗菌加工になり、より清潔に安心して使えるようになったことです。

デザインや機能や性能は全く同じです。

抗菌加工してあった方が安心して使えると言う方には、HV-P55(新モデル)がおすすめですが、抗菌加工にこだわりがなければ、価格のお得なHV-L55(旧モデル)でいいと思います。

HV-P55(新モデル)はこちら
 操作パネル部分が抗菌加工

HV-L55(旧モデル)はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました