EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74の違いを比較!おすすめはどれ?

気になる新製品

EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74の違いを比較!おすすめはどれ?をお届けします。

パナソニックの口腔内洗浄器の「ジェットウォッシャードルツ」シリーズの 「EW-DJ41」が
2021年9月に発売されます。

超音波水流で歯をきれいにするというすぐれた商品ですが、すでに発売されているEW-DJ54とEW-DJ74と何が違うのか気になります。

EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74の3種類の違いは次の点です。

・電源
・防水
・タンク容量
・連続使用時間
・水圧レベル段階
・舌磨きノズル有無
・携帯性

詳しくは本文で説明します。

そこで、この記事では次のことをまとめています。

・EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74の違いを比較
・EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74のおすすめはどれ

EW-DJ41はこちら(ポータブル型)

EW-DJ54はこちら(コードレス型)

EW-DJ74はこちら(据え置き・大容量型)

 

EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74の違いを比較

EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74に共通しているのは、パナソニック独自技術の超音波水流を使っいて、水流だけでは落ちにくい汚れを、とてもきれいにすることができることです。

パナソニックの動画があるので見てみてください。

歯周ポケットの汚れを水流洗浄!ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ54【パナソニック公式】

では、EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74で何が違うのかを、次にまとめています。

 

EW-DJ41の特長

◆充電式

1時間でフル充電が完了して、約10分間使用可能です。
ただ給水が必要で、1回の給水では約40秒の使用時間で、ケアを続けるには再給水が必要です。

◆防水

本体はまるごと水洗いができて清潔を保てます。

防水なのでお風呂でも使えて便利です。

◆タンク容量約150ml

タンク容量は約150mlで、1回の給水で超音波水流ノズルを使って、約40秒間使用可能です。(水圧レベルMAX時)
水圧レベルを下げれば、もう少し長く使えると思います。

◆水圧レベル4段階

水圧レベルは4段階調節です。

◆携帯性

EW-DJ41は超音波水流ノズルが本体に収納可能なので、収納時は約半分の大きさとなるので、携帯もしやすいです。

本体サイズは5.2(幅)×30.9(高さ)×5.7(奥行)cm

収納時は、高さが約1/2の15.4cmになります。、

重さは約240gで軽いです。

コンパクトモデルなので、手の小さい方でも使いやすいタイプですね。

 

EW-DJ54-の特長

◆充電式

置くだけでカンタンに1時間でフル充電が完了します。
フル充電で約10分間使用可能です。
ただこれも、途中で給水が必要です。

◆防水

防水なので本体はまるごと水洗いできて、お風呂でも使えます。
入浴しながら、歯をきれいにできるのはいいですね。

◆タンク容量約200mL

給水の1回で、超音波水流ノズルを使って、約60秒間使用可能です。
EW-DJ41より50mlタンク容量が大きいので、連続使用可能時間も20秒ほど長くなっています。

◆水圧レベル5段階

水圧レベルは5段階調節です。

◆ポイント磨き

これはEW-DJ41には無かった機能です。

歯並び矯正の器具を使ってる場合や歯並びが悪い場合、よごれがたまりやすいですが、毛先が円すい形状になったブラシでポイント磨きができます。

この場合は、超音波洗浄にはならないのですが、ブラシと水流で細かい部分の汚れもしっかり除去することができます。

ポイント磨きノズルで連続約55秒使用可能です。

どうしても歯磨きしにくいところはあると思うので、この機能が使えると便利だと思います。

◆舌磨き

これもEW-DJ41には無かった機能です。

舌磨きノズルで舌表面の汚れも除去することができます。

水流を使うので、ブラシと違って舌への刺激が軽減できます。

舌磨きノズル使用で連続約40秒使用可能です。

舌のケアをするときに、ブラシタイプだと、どうしても「ェッ」という嘔吐反射が起こりがちですが、これは水を使うので嘔吐反射が起こりにくいと思います。

なお、EW-DJ54については、口コミ評価を次の記事にまとめていますのでご覧下さい。
パナソニックEW-DJ54の口コミ評価をレビュー!使い方や特長は?

EW-DJ74

◆交流式

交流電源なので、据え置きで使うタイプです。
防水ではないので、お風呂で使ったりはできません。
携帯にも向かないです。

ただ、タンク容量が大きいので、EW-DJ41やEW-DJ54-よりも長時間たっぷり使えます。

しっかりと歯や歯茎のケアをしたい人には向いていますね。

◆タンク容量約600ml

タンク容量は約600ml あるので、給水1回で超音波水流ノズル使用で約3分間、たっぷり使うことができます。(水圧レベルマックス時)

◆水圧は10段階調節

水圧は10段階に細かく調節できます。

◆ポイント磨き

EW-DJ74にもポイント磨き機能があります。

磨きにくい場所を毛先が円すい形状になったブラシでポイント磨きができます。

この場合は、超音波洗浄にはならないのですが、ブラシと水流で細かい部分の汚れもしっかり除去することができます。

ポイント磨きノズルでは、連続約2分10秒 の使用が可能です。

 

◆舌磨き

EW-DJ74にも舌磨き機能があります。

舌磨きノズルでは連続約1分15秒の使用が可能です。

なお、EW-DJ74については、口コミ評価を次の記事にまとめていますのでご覧下さい。
パナソニックEW-DJ74の口コミ評価をレビュー!使い方や特長は?

EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74のおすすめはどれ

EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74のどれでも超音波水流で歯や歯茎の洗浄はできます。
EW-DJ54とEW-DJ74 ではさらにポイント磨きと舌磨きができます。

EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74を違いを簡単にまとめると次のようになります。

EW-DJ41はポータブル型
EW-DJ54はコードレス型
EW-DJ74は据え置き型

EW-DJ41がおすすめなのは次のような方です。
・置き場所をコンパクトにしたい
・携帯もして外出先でも使いたい
・ポイント磨きや舌磨きはできなくてもかまわない

EW-DJ54がおすすめなのは次のような方です。
・コンパクトさにはこだわらない
・携帯もしなくてもいい
・ポイント磨きや舌磨きもやりたい

EW-DJ74がおすすめなのは次のような方です。
・充電式でなくてもいいから、長時間しっかりと歯と歯茎のケアをしたい

 

EW-DJ41はこちら(ポータブル型)

EW-DJ54はこちら(コードレス型)

EW-DJ74はこちら(据え置き・大容量型)

なお、パナソニックの口腔洗浄器は、携帯型では水のつぎ足しがいる、据え置き型では場所をとるなどのデメリットがあります。

しかし中国製ですが、パナソニックのデメリットが改善された、たいへんコンパクトで、水のつぎ足しがいらない口腔洗浄器があります。
口コミでもたいへん評判がいいです。

次の記事にその製品の特長と口コミをまとめているので、是非みてみてください。
ビブレス(BVRES)ジェットウォッシャー口腔洗浄器の特長と口コミ評価をレビュー

 

EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74の違いを比較!おすすめはどれ?のまとめ

EW-DJ41とEW-DJ54とEW-DJ74の違いを比較!おすすめはどれ?をまとめました。

この3商品はどれも超音波水流で歯をきれいにするというすぐれた商品ですが、・電源
・防水・タンク容量・連続使用時間・水圧レベル段階・舌磨きノズル有無・携帯性が違っています。

比較して、自分のニーズに近いものを選ばれるといいと思います。

EW-DJ41はこちら(ポータブル型)

EW-DJ54はこちら(コードレス型)

EW-DJ74はこちら(据え置き・大容量型)

なお、パナソニックの口腔洗浄器は、携帯型では水のつぎ足しがいる、据え置き型では場所をとるなどのデメリットがあります。

しかし中国製ですが、パナソニックのデメリットが改善された、たいへんコンパクトで、水のつぎ足しがいらない口腔洗浄器があります。
口コミでもたいへん評判がいいです。

次の記事にその製品の特長と口コミをまとめているので、是非みてみてください。
ビブレス(BVRES)ジェットウォッシャー口腔洗浄器の特長と口コミ評価をレビュー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました