EE-RR35とEE-RQ35の違いを比較!違いはない!象印スチーム加湿器

家電製品

EE-RR35とEE-RQ35の違いを比較!違いはない!をお届けします。

EE-RR35とEE-RQ35どちらも、容量2.2Lのコンパクトなスチーム式加湿器です。

それぞれの発売時期は、

EE-RR35は2021年9月発売の新モデル
・EE-RQ35は2020年9月発売の旧モデル

そこで、EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)の違いが気になります。
結論から言うと・・

EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)の違いはない

機能やスペック等全く同じです。

詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

・EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)の違い
・EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)のおすすめはどっち
・EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)の共通の特長

EE-RR35(新モデル)

ZOJIRUSHI 象印 スチーム式加湿器 (木造6畳/プレハブ10畳) ホワイト EE-RR35(WA)
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

EE-RQ35(旧モデル)

created by Rinker
¥21,300 (2022/09/28 01:13:46時点 楽天市場調べ-詳細)

EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)の違い

EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)の違いですが、

・デザイン
・色
・機能
・スペック

全く違いはありません

ただし、EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)ということで、価格は違っていて、
日々常に変動しています。

EE-RR35(新モデル)

ZOJIRUSHI 象印 スチーム式加湿器 (木造6畳/プレハブ10畳) ホワイト EE-RR35(WA)
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

EE-RQ35(旧モデル)

created by Rinker
¥21,300 (2022/09/28 01:13:46時点 楽天市場調べ-詳細)

 

EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)のおすすめはどっち

スペック・機能は全く同じものなので、購入時点で価格の安い方がおすすめです。

通常家電は、発売から時間が経つと価格が下がってくるので旧モデルの方が安いことが多いのですが・・

EE-RR35(旧モデル)は人気があるので、EE-RR35(新モデル)の方がEE-RQ35(旧モデル)より安くなっていることがあります。

購入時点で安い方のモデルを選ぶのがおすすめです。

 

EE-RR35(新モデル)

ZOJIRUSHI 象印 スチーム式加湿器 (木造6畳/プレハブ10畳) ホワイト EE-RR35(WA)
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

EE-RQ35(旧モデル)

created by Rinker
¥21,300 (2022/09/28 01:13:46時点 楽天市場調べ-詳細)

 

EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)の共通の特長

ここからは、EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)の特長をご紹介します。

どちらもタンクに入れた水を沸かして、蒸気で加湿をするスチーム加湿器です。

フィルターを使わないので、お手入れが簡単で、湯沸かしポットと同じような感覚で使用できます。

EE-RR35とEE-RQ35の加湿量は1時間あたり305mLです。

 

適している部屋の広さ

EE-RR35とEE-RQ35のサイズはどちらも幅24×奥行き26×高さ27.5cmと、コンパクトなので、小さめのリビングとか個室に適しています。

・プレハブ洋室:16㎡(10畳)
・木造和室:  10㎡(6畳)

電気代

EE-RR35とEE-RQ35は、加湿時の消費電力は305W

電気代は、強運転で1時間あたり約8.2円です。

1日8時間強運転で使用したとすると、1ヶ月あたりの電気代は、約1968円

ただ、1日中強運転で使い続けることはないと思うので、電気代はもう少し安くなると思います。

スチーム式加湿器は電気代は気になりますが、フィルターは不要なので、その分のコストがかからないのもメリットです。

 

清潔な蒸気で加湿

タンクに入れた水を沸騰させ、65℃まで冷ましたキレイな蒸気で加湿するので、フィルター式のような、フィルターの汚れやカビの心配がいりません。

フィルターの掃除もいらないので、掃除がめんどうという方にも便利です。

容量は2.2L、タンクが満タンの状態で連続加湿できる時間は、

・強運転:6時間
・弱運転:27時間

弱運転だと1日給水いらず、強運転で丸1日使用し続けても、1日2、3回の給水で済みますね。

給水も上から水を注ぐだけなので簡単です。

スチーム式の加湿器は、水を沸騰させて加湿するので、電源を入れてから加湿を開始するまでに時間がかかるのはデメリットですが、沸騰消毒された蒸気なので安心です。

・通常:約20分
・湯沸かし音セーブモード(※):約35分

※湯沸かし音セーブモードとは、お湯を沸かす音が気になる場合に、水の温度をゆっくり上げて音を抑える機能です。

すぐに蒸気が出ないのがデメリットにはなりますが、水は沸騰消毒され、清潔な蒸気が出るのは安心です。

お手入れ簡単

お手入れは、フィルターがないので、湯沸かしポットの要領で給水部分をお手入れするだけなので、とっても簡単です。

広々とした給水口で、中までしっかり洗うことができます。

ポット内の洗浄用クエン酸「ピカポット」でお手入れすれば、加湿器内部についたカルシウムやミネラルなどの汚れを、スッキリきれいにできます。

自動加湿は3段階から選べる

自動加湿の加湿具合は、「しっかり」「標準」「ひかえめ」の3段階から選べます。

湿度センサーと室温センサーの2つのセンサーで、快適な湿度を自動でコントロールしてくれます。

また、部屋の湿度の状態は「低湿」「適湿」「高湿」の3段階で表示されるので、部屋の湿度の状態がすぐにわかりやすいです。

 

安心設計

安心に使えるための機能、もしっかり備わっています。

チャイルドロック

キーを3秒長押しするとロックがかかって全ての操作ができなくなります。

お子さまのいる家庭では、誤操作やイタズラを防ぐためにもチャイルドロックをしておくと安心ですね。

ふた開閉ロック

レバーでふたが常にロック状態になっているので、もし本体が倒れても、簡単に給水部分が開かないようになっているので安心です。

また、転倒時には自動で電源が切れるようになっています。

転倒時の湯もれを防ぐ

ふた開閉ロック機能のおかげで、万一本体が倒れても、お湯がもれるのを最小限に抑えます。

その他、タンクが空の状態で運転している場合は、ランプとブザーで給水を知らせます。

 

EE-RR35とEE-RQ35のスペック

消費電力 ・湯沸かし立ち上げ時:985W
・加湿時:                  305W
定格加湿能力(mL/h) 350
連続加湿時間 ・強:6時間
・弱:27時間
電気代 強運転:約8.2円/時間
タイマー入/切 ・入タイマー 6時間
(同時設定可能) ・切タイマー 2時間
タンク容量 2.2L
外形寸法(cm) 24×26×27.5
質量(kg) 2.3
カラー ・ホワイト

EE-RR35(新モデル)

ZOJIRUSHI 象印 スチーム式加湿器 (木造6畳/プレハブ10畳) ホワイト EE-RR35(WA)
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

EE-RQ35(旧モデル)

created by Rinker
¥21,300 (2022/09/28 01:13:46時点 楽天市場調べ-詳細)

EE-RR35とEE-RQ35の違いを比較!違いはない!

EE-RR35とEE-RQ35の違いを比較!違いはない!をお届けしました。

EE-RR35(新モデル)とEE-RQ35(旧モデル)の違いはありません。
機能もスペックも全く同じです。

この2つのモデルでは、必ずしもEE-RQ35(旧モデル)の方が安いわけではありません。

従って購入タイミングで価格の安い方が、お得に購入できます。

EE-RR35(新モデル)

ZOJIRUSHI 象印 スチーム式加湿器 (木造6畳/プレハブ10畳) ホワイト EE-RR35(WA)
象印マホービン(ZOJIRUSHI)

EE-RQ35(旧モデル)

created by Rinker
¥21,300 (2022/09/28 01:13:46時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました