百々千晴の年齢や出身や経歴は?夫や子供はいる?

スポンサーリンク

百々千晴さんは ファッション業界では有名なスタイリストです。特にデニムの着こなしについてはとても高い評価を受けています。 TV番組の「セブンルール」などにも出演されました。そんな注目スタイリスト百々千晴さんのことを詳しく知りたいと思います。そこで百々千晴さんの
・年齢や出身や経歴は?
・夫や子供はいる?
をまとめました。

スポンサーリンク

年齢や出身や経歴は?

まず、「百々千晴」さんって、
どう読むの?
というところからですが、

百々千晴(どどちはる)と読みます。
生年月日は1980年6月8日で、
2020年で40歳ですね。

出身地は徳島県宍喰(ししくい)町

百々さんがスタイリストを目指すようになったきっかけ
をまず知りたいですが、
お母さんの影響が大きかったようです。

お母さんは大阪モード学園出身で、
百々さんが小さい頃からお母さんの
着せ替え人形だったといいます。

朝起きると
その日に着る洋服が用意されている!
そんな環境で育ってます。

なので、友達の家に泊まりに行ったときに
今日着る服を自分で選んでいいの!
って衝撃を受けたそうです。

そんな環境で育っているので
自然とファッション雑誌を読み始め
スタイリストという職業も知ります。

高校生のときに、
当時全盛期だった『CUTIE』の雑誌の
「ソニア・パーク」さんコラムに衝撃を受けて
そのときに”私もスタイリストになりたい”
と思ったそうです。

高校卒業後すぐに
「バンタンデザイン研究所」というファッションやヘアメイクなどを
学べる専門学校に1年通います。

そのあと、
有名なスタイリストの「野崎美穂」さんを紹介してもらって
19歳から3年間アシスタントになります。

ところが、
スタイリストのアシスタントはとても過酷!
早朝から深夜まで、準備や衣装の返却などに追われる日々。

あまりにも過酷でハードな毎日に不安になり、
アシスタントをやめて
22歳からイギリスで暮らし始めます。
在英中はスタイリストの仕事は一切しなかったんだそう。

あまりにもスタイリストのアシスタントがたいへんだったんですね。

イギリスでは、自由にバイトをしながら、
好きなことをしていたのだそうです。

でも百々さんが現在編集長を務めているファッション誌の
「Union Magazine」を共に手がけている
Hiroyuki Kuboさんとその時期にロンドンで出会ったそうなので、
渡英したことも良かったようですね。

そして2004年に帰国し
・24歳からスタイリストの仕事をはじめて。
・ファッション誌の「Union Magazine」編集長、
・プライベートブランド「シシクイ(THE SHISHIKUI)」をスタートさせてます。

たいへんな活躍ぶりです。

夫や子供は?

2010年に結婚し(当時30歳)長男出産し、
現在はお子さんは二人(長男・長女)います。

出産後は7ヶ月で仕事復帰してますし、
職場にまでお子さんを連れてきてまで仕事をしているようで、
たいへんパワフルに仕事されています。

お子さんたちも、否が応でも
ファッションンに興味持ちますね。
あるいは、全く嫌いになるか。
どちらでしょうね。楽しみです。

書籍

百々千晴さんの初の書籍『THE DODO JEAN』をご紹介します。
この本はジーンズ好きな方にとてもためになる内容で、
ジーンズの魅力を百々さんがていねいに教えてくれる本です。
ジーンズ好きな方は、是非読んでみてください。

百々さんのユーチューブチャンネルです。是非見てみてください。

SUITCASE (HAWAII) ①

まとめ

百々千晴さんの「年齢や出身や経歴は?」「夫や子供はいる?」をまとめました。
百々さんはお母さんの影響からファッションに興味をもってスタイリストになられた方です。現在はファッション雑誌の編集長やオリジナルブランドも立ち上げて、結婚して育児もしながらパワフルに活躍されています。今後もますますのご活躍を応援しています。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました