VC-CLS2とVC-CLS1の違いを比較!抗菌加工が増えた!東芝コードレス掃除機

家電製品

VC-CLS2VC-CLS1は東芝で人気のコードレスサイクロン掃除機「トルネオ」の型番違いです。

VC-CLS2は2022年2月発売の新モデル。
VC-CLS1は2021年2月発売の旧モデル

VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)の違いが気になりますが、違いは次の1点のみです。

VC-CLS2(新モデル)はブラシの抗菌加工が増えた!

デザインや性能は全く同じです。

詳しくは本文で解説するとして、この記事では次のことをまとめています。

VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)の違いを比較
・VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)おすすめはどっち
・VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)共通の特長

VC-CLS2(新モデル)はこちら
フィルターとブラシが抗菌仕様になった

【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー グランオレンジ VC-CLS2-D [サイクロン式 /コードレス]
【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー ピンクブロンズ VC-CLS2-N [サイクロン式 /コードレス]

 

VC-CLS1(旧モデル)はこちら
新モデルと性能は同じでお値段お得!

 

VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)の違いを比較

VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)は、ダストカップ内プリーツフィルター(不織布)、が抗菌加工されていました。

VC-CLS2(新モデル)では、さらに次の部分が抗菌加工されています。

・床ブラシ(回転部のブラシ毛)

メーカーによる試験方法(JIS L 1902)によると繊維に付着の菌に99%以上の抗菌効果が
あるようです。(https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/vacuum_cleaners/vc-cls2/feature/)

昨今、雑菌に対してはたいへん神経質になっているので、この抗菌加工が増えたのはうれしいですね。

この抗菌加工追加以外は、VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)ものデザインや性能は変わりません。

ただし、VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)ということで、価格は違ってきます。
価格については、次の商品案内でチェックしてみてください。

VC-CLS2(新モデル)はこちら
フィルターとブラシが抗菌仕様になった

【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー グランオレンジ VC-CLS2-D [サイクロン式 /コードレス]
【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー ピンクブロンズ VC-CLS2-N [サイクロン式 /コードレス]

 

VC-CLS1(旧モデル)はこちら
新モデルと性能は同じでお値段お得!

VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)おすすめはどっち

VC-CLS2(新モデル)がおすすめの人

・雑菌が気になる人には、ブラシも抗菌仕様になった VC-CLS2(新モデル)はおすすめです。

VC-CLS2(新モデル)はこちら
フィルターとブラシが抗菌仕様になった

【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー グランオレンジ VC-CLS2-D [サイクロン式 /コードレス]
【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー ピンクブロンズ VC-CLS2-N [サイクロン式 /コードレス]

VC-CLS1(旧モデルがおすすめの人)

・ブラシの抗菌仕様までは必要はなく、お手頃価格で「トルネオ」を購入したい人は、VC-CLS1(旧モデル))がおすすめです。

VC-CLS1(旧モデル)はこちら
新モデルと性能は同じでお値段お得!

 

 

 

VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)共通の特長

ここからは、 VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)共通の特長を紹介します。

VC-CLS2(新モデル)とVC-CLS1(旧モデル)どちらも、サイクロン式の掃除機です。

そもそもサイクロン式の掃除機とは、吸い込んだ空気とゴミを回転させてダストカップに集め、ゴミがたまったらその都度捨てるタイプの掃除機です。

紙パック式と違い、紙パックを使わないので、その分のコストを抑えられるのがメリットですね。

その他の特長は次のようになってます。

1.2kg スリム・コンパクト設計

VC-CLS2もVC-CLS1も、何と1.2kgと超軽量!

軽量ボディでラクなのに、しっかり掃除できるスグレモノです。

充電時間と運転時間

充電式で、フル充電にかかる時間は4.5時間。

フル充電の状態での運転時間は、

●標準:約32分 (ヘッドを外した状態では約35分)
●おすすめ:約20分
●強:約8分

標準運転で、30分以上も使えるので、部屋のすみずみまでかなり掃除できますね。

コンパクトなヘッドでしっかりゴミ取り

ヘッドは「軽量パワーヘッド」。

薄肉設計でヘッドが軽量化されているので、ヘッドの持ち上げがとてもラクです。

狭いところなど隅々まで届き、じゅうたんやフローリングなどさまざまな種類の床のゴミをしっかり取り除くことができます。

 

吸引力が99%以上持続

サイクロン式の掃除機とは、吸い込んだ空気とゴミを回転させてダストカップに集める方式です。
紙パックと違って吸引力が落ちません。

吸引力は最初に比べて、99%以上持続します。

ゴミ圧縮でゴミ捨てしやすい

ダストカップ内でゴミは約1/3に圧縮されます。

また、ダストカップは帯電防止加工でゴミが付着しにくいので、ゴミ捨ての際にホコリがの舞い上がるのを抑えます。

水洗いできるから衛生的

ダストカップや回転ブラシは丸ごと水洗いできるので、衛生的に使うことができます。

お手入れ時期をランプでお知らせ

ランプの青点滅で、お手入れが必要なことをお知らせしてくれます。

操作しやすい「らくわざグリップ」

握りやすく、操作しやすい「らくわざグリップ」を採用しています。

手元の動きにヘッドの向きが連動するので、方向転換がラクです。

 

狭いすきまもらくらくお掃除

ソファーの下など掃除しにくい場所も、6cmちょっとあれば、奥までヘッドが浮かずに届きます。

 

スタンド利用で置くのが簡単

別売用のスタンドを使えば置きたい場所に収納が可能です。

 

VC-CLS2(新モデル)はこちら
フィルターとブラシが抗菌仕様になった

【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー グランオレンジ VC-CLS2-D [サイクロン式 /コードレス]
【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー ピンクブロンズ VC-CLS2-N [サイクロン式 /コードレス]

 

VC-CLS1(旧モデル)はこちら
新モデルと性能は同じでお値段お得!

 

VC-CLS2とVC-CLS1の違いを比較!抗菌加工が増えた! のまとめ

VC-CLS2とVC-CLS1の違いを比較!抗菌加工が増えた!をお届けしました。

VC-CLS2とVC-CLS1は東芝で人気のコードレスサイクロン掃除機「トルネオ」の新モデルと旧モデルです。

VC-CLS2とVC-CLS1の違いは、新モデル VC-CLS2に床ブラシの抗菌加工が増えたことです。

抗菌仕様って目に見えてわかるところではないので、個人的にはデザインや性能が変わらないのであらば、値段がお得な旧モデルのVC-CLS1でいいかなと思います。

 

VC-CLS2(新モデル)はこちら
フィルターとブラシが抗菌仕様になった

【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー グランオレンジ VC-CLS2-D [サイクロン式 /コードレス]
【2022年02月01日発売】 東芝 TOSHIBA スティッククリーナー ピンクブロンズ VC-CLS2-N [サイクロン式 /コードレス]

 

VC-CLS1(旧モデル)はこちら
新モデルと性能は同じでお値段お得!

コメント

タイトルとURLをコピーしました