澤田智洋のプロフや大学や経歴は?嫁や息子はいる?ゆるスポーツとは?

気になる人物
スポンサーリンク

澤田智洋のプロフや大学や経歴は?嫁や息子はいる?ゆるスポーツとは?をお届けします。

澤田智洋さんは「世界ゆるスポーツ協会」代表です。

運動が苦手でも年齢性別にかかわらず、誰もが楽しめる90種類以上ものユニークなスポーツを考案されました。

そんな澤田智洋さんはどんな方なのかより知りたいので、次のことをまとめました。

・澤田智洋のプロフや大学や経歴は
・嫁や息子はいる
・ゆるスポーツとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

澤田智洋(@sawadayuru)がシェアした投稿

スポンサーリンク

澤田智洋さんのプロフや大学や経歴は?

澤田智洋さんのプロフィール

澤田智洋さんは、1981年(昭和56年)生まれ
2021年で40歳。

現在、(株)電通でコピーライターとして活躍しています。

また、一般社団法人生涯攻略課理事で一般社団法人世界ゆるスポーツ協会に所属し、
「世界ゆるスポーツ協会」代表理事です。

澤田智洋さんの生まれは東京ですが、
親の仕事の関係で生後3か月にはフランスへ引っ越しています。

1歳から7歳までロンドンで暮らして帰国し、
小学4年生まで日本の小学校に通っていました。

小学校5年生からは再びフランスへ引っ越します。

パリで1年間日本人学校に通いますが、外国に住んでいるのだから英語が話したいと思い
「パリのイギリス人学校」に入学します。

しかし入学してからは地獄の日々だったと言ってます。

小さい頃には話せていた英語も、しばらく日本にいたことでほとんど忘れて、
クラスメイトとうまくコミュニケーションがとれず

誰とも話せないので英語も上達しない。
だから友人もできないという悪循環に陥ってとてもつらかったようです。

そんな時、澤田さんの気持ちを軽くしてくれたのが「音楽」で、
MICHAEL JACKSONやX JAPANといったPOPをよく聞いたそう。

イギリス人学校には約2年間程在籍して、中学3年生からは親の転勤に伴って
アメリカのシカゴに引っ越します。

早速、ギターを買って、中学3年生の時にバンド結成
ギターを始めて3ヶ月でオリジナルの曲を作り始めます。

音楽熱は高校生になっても冷めずに、知り合いのレーベルからデビューするまでになっています。

澤田さん音楽の才能もすごいものをもっているんですね。

その後、17歳で帰国しています。

幼少期から世界で暮らしてきた澤田智洋さん、この時の様々な人種とのふれあいや経験はたいへん現在の活動に役立っていると思います。

 

澤田智洋さんの出身大学

澤田智洋さんは慶應義塾大学経済学部を卒業しています。

海外の高校に通う学生のための入試制度があると知り、慶應義塾大学の経済学部を受験したようです。
出身高校はアメリカのNew Trier High School(ニュー・トライヤー高校)です。

なぜ経済学部だったかというのは、経済のしくみが一番わからないなと思ったからだそうです。

新聞を読んでも、誰かに聞いても、その仕組みがよく分からない。こんなに分かりにくいのは何かがおかしいからに違いない。もっとわかりやすくできるはずだと思ったことがきっかけでした。  出典:another life

結果的に経済学部はとても楽しかったようです。

 

澤田智洋さんの経歴

澤田智洋さんは大学卒業後の2004年、広告代理店・電通に入社しています。

電通を選んだのは、何か社会に対して大きく影響をあたえられる仕事、強いブランド力を持った会社ということで選んだようです。

澤田さんが手掛けたCMが
「DMM FX ローラ編」
「オーシャンズ13」
などがあります。

他にも
・アミューズメントメディア総合学院
・映画「ダークナイト・ライジング」
・高知県
などのコピーを手掛けています。

コピーライターとして順風満帆だった澤田智洋さんですが、32歳のときに障害を持った息子が誕生したことをきっかけに、マイノリティに寄り添う活動に力を入れるようになります。

2015年に、誰もが楽しめる新しいスポーツを開発する「世界ゆるスポーツ協会」を設立。

また、一般社団法人「障害攻略課」理事に就任しています。

嫁や息子はいる?

澤田智洋さんは結婚されて、2013年1月に産まれた息子さんが一人います

前述のとおり、その息子さんが障害をもっていたために、マイノリティに寄り添う活動に力を入れるようになりました。

息子さんの障害は先天性の視覚障害です。

澤田智洋さんは息子さんの病気が分かった時はひどく衝撃を受けて、一時仕事も手につかないほどの辛い状態になりました。

そのときの心境を澤田さんは次のように語っています。

まずは神に祈りました。キリスト、ブッダ、アッラー…。とにかく、あらゆる神様に息子の病気を治してほしい、幸せに暮らしていけるようにしてほしい、とお願いしました。
一通り祈り終わり、息子の命には別状がないと分かった後は、冷静になり、事実を受け入れ始めました。そして、視覚障害を持っている人がどんな人生を歩んでいるのか、再びネットと図書館で調べ始めました。しかしとにかく、情報が少ない。
(中略)
だから、実際に話を聞きに行こうと考え、3ヶ月で100人以上の障害を持つ方、ご家族、雇用されている方とお会いする機会を得ました。するとだんだん、息子の人生がイメージできるようになりました。目が見えなくてもこんな勉強ならできるな、こんな恋愛をするんだ、こんな働き方があるんだ、などなど。また、会う人会う人、とっても明るい。自分が障害者に対して持っていたイメージとのギャップを感じました。 出典:another life

様々な障害者と話していくうちに、暮らしや生き方、困難の乗り越え方、自分との付き合い方、人生の捉え方、幸せや豊かさなどの価値観に、それまで聞いたことのなかった興味深い発見をします。

そんな話をたくさん聞いているうちに、障害をもっている「弱さ」を生かさないことのほうがもったいないなと思うようになったことが、現在の澤田智洋さんの活動につながっています。

ゆるスポーツとは

澤田智洋さんの考案した「世界ゆるスポーツ」は運動音痴、身体の障害の有無、年齢、性別などにかかわらず誰もが楽しめるスポーツです。

澤田智洋さん自身も運動音痴だったことと、息子さんが障害をもっているということなどが発想のきっかけになっています。

ゆるスポーツの実際の競技例をみてみると次のようなものです。

■ハンドソープボール

手にハンドソープを付けてハンドボールをする競技

■イタイッス

椅子の周りに足つぼマットを敷き、音楽が流れている間はその足つぼマットを歩く椅子取りゲーム

■ハットラグビー

中折れハットにラグビーボールを乗せて、落とさずに敵陣のエンドラインまでもっていくラグビー

■ベビーバスケ

激しく動かすと大声で泣きだすためやさしくボールを運べる人が有利なバスケットボール

■イモムシラグビー

ほふく前進でラグビーをして歩けない人ほど強くなる

■500歩サッカー

ひとり500歩しか動けないサッカー。
これは本当はスポーツをやってみたい心臓病の少年のために考案したゆるサッカー。

こんなスポーツなら運動が苦手でも楽しく出来そうですね。

ゆるスポーツ以外にも澤田さんの活動は多岐に亘っています。

・義足をファッションアイテムに捉え直した「切断ヴィーナスショー」

・視覚障害者の「足」と寝たきりの人の「目」を交換する「ボディシェアリングロボットNIN_NIN」/

・過疎化地域への移住を劇的に促進させたPRプロジェクト「高知家」

・ユナイテッドアローズと立ち上げた、ひとりの悩みから新しい服をつくるレーベル
「041 FASHION」プロジェクト/

 

澤田智洋さんは著書があります。マイノリティデザインです。

この本は発売1か月で重版4刷でテレビ番組でも紹介されました。各メディア各紙でも紹介され話題沸騰となりました。

 

 

澤田智洋のプロフや大学や経歴は?嫁や息子はいる?ゆるスポーツとは?のまとめ

澤田智洋さんの「澤田智洋のプロフや大学や経歴は?」「嫁や息子はいる?」「ゆるスポーツとは?」をまとめました。

澤田智洋さんは、子どもの頃は親の仕事の転勤で、パリ・ロンドン・シカゴで暮らし、
帰国して慶応大学の経済学部に入学します。大学卒業後は電通に入社しコピーライターして活躍されてます。

その後、障害をもった息子の誕生をきっかけに社会的弱者が楽しめるプロジェクト
「ゆるスポーツ」などを立ち上げて活動を続けられています。

澤田智洋さんの活動は素晴らしいと思います。応援していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました