桜木紫乃の学歴と経歴!旦那や家族は?「ホテルローヤル」どんな映画?

スポンサーリンク

桜木紫乃さんは直木賞作家で、受賞作「ホテルローヤル」は、100万部超えのミリオンセラーを達成しています。映画化もされて2020年11月映画「ホテルローヤル」で全国公開です。映画化は、「ターミナル」に次いで2作目、受賞作品も多くてすごい作家さんです。そんな桜木紫乃さんって、どういう方なのかもっと知りたいと思います。そこで
・桜木紫乃さんの学歴と経歴!
・旦那や家族は?
・「ホテルローヤル」はどんな映画?

をまとめました。

スポンサーリンク

桜木紫乃さんの学歴と経歴

「ホテルローヤル」で2013年に直木賞を受賞された
 人気作家の桜木紫乃さん。

どんな方なのでしょうか。

桜木紫乃(さくらぎ しの)さん
本名は??

生年月日は、1965年4月19日
2020年で55歳ですね。
北海道釧路市の出身です。

実家は理容業をしてました。

中学は釧路市立北中学校
中学生の時に小説家・原田康子さんの『挽歌』に出会って
文学に目覚めます

原田康子さんって知りませんでしたが、
1928年~2009年の生涯で
原田さんが1歳の頃釧路に移住し
生涯北海道で活躍した女流作家さんです。

「挽歌」は1956年に発表されたもので、
70万部の大ベストセラーとなって
女流文学賞も受賞しています。

桜木さんが同じ地元釧路の女流作家さんの影響を受けたことは
自然のなりゆきのような気がします。

さらに
桜木さんが15歳のとき、
桜木さんの父親が「ホテルローヤル」というラブホテルを開業し、
部屋の掃除などを手伝う日々

多感な年頃にラブホテルの手伝いとは・・・
どのような思いで過ごしていたのでしょう。

でもその経験が直木賞受賞につながったわけですから
人生って面白いですね、
何ごとも人生につながっているのかも・・

高校卒業後は、裁判所でタイピストとして勤めますが、
24歳で結婚退職して、専業主婦となります。

2人のお子さんを授かりますが、

30代前半に小説を書き始めます
その理由が
書くことで自分の人生と折り合いをつけたかった
と桜木さんが語っています。

中学生のときに文学に目覚め
その頃父親のラブホテルの手伝いで
たぶんいろいろな人間模様を見ていると思います。

結婚して子育てにはいりますが、
このまま平凡な主婦、子育てで終わりたくない!

文学で自分の人生を表現したい!
という思いが強くなったんではないかと思います。

「挽歌」の著者の原田康子さんも所属したことのある
文芸誌「北海文学」の同人として活動し始めて、

次のような輝かしい受賞歴があります。

2002年:雪虫(第82回オール讀物新人賞)

2012年:ラブレス(第41回釧新郷土芸術賞)

2013年:ラブレス(第19回島清恋愛文学賞)

2013年:ホテルローヤル(第149回直木賞)

2016年:蛇行する月(第1回北海道ゆかりの本大賞)

2020年:家族じまい(第15回中央公論文芸賞)

桜木紫乃さんの旦那や家族について!

桜木さんは24歳で結婚してから、
ご主人の転勤に伴って釧路市・網走市・留萌市などに引っ越しています。

ご主人は公務員とのことです。

24歳の時に長男を出産され
後に長女を出産され
お子さんは二人で、
4人家族です。

お子さん方は、20代後半から30歳ぐらいになるので
もう働いているのではないでしょうか。

「ホテルローヤル」はどんな映画?

第149回直木賞を受賞したベストセラー小説「ホテルローヤル」
桜木さんの実体験からの小説の映画化ですね。

ホテルローヤルの映画は、
北海道の釧路町に実在したラブホテルを舞台に
ホテルを訪れる男女と従業員の人生模様を
経営者家族の一人娘の姿を中心に描いた作品です。

予告編動画です。

映画『ホテルローヤル』60秒予告編|11.13 (Fri.) 公開!

私はまだ「ホテルローヤル」の小説は読んでいませんが、
この映画を見ると、当時多感な年頃の桜木さんが
どういう思いで家業のラブホテルを手伝っていたかがわかりますね。
これはとても興味があります。

映画「ホテルローヤル」公開に先だって
桜木紫乃さんへの単独インタビューの動画があるので是非見てみてください。

直木賞作家・桜木紫乃さん単独インタビュー〜映画「ホテルローヤル」公開直前応援企画

なお、桜木さんはゴールデンボンバーの大ファンとして知られていますが、
この映画の主題歌は、残念ながらゴールデンボンバーではなく、
Leolaが歌う「白いページの中に」です。

「白いページの中に」は、
今まで色々な世代の歌手に歌い継がれてきていて
1978年発売の柴田まゆみさんの名曲です。

「ホテルローヤル」の小説はこちらから購入できます。

まとめ

直木賞作家の桜木紫乃さんの「学歴と経歴!」「旦那や家族は?」「「ホテルローヤル」はどんな映画?」をまとめました。
桜木さんは釧路出身で地元の中学や高校を卒業していますあ。中学の頃に文学に目覚め、そのころお父さんがラブホテルの経営を始めてその手伝いをしていたことなどが桜木さんの作品に大きな影響を与えています。24歳で結婚して子供を2人生んだあと、小説を書き始め、多数の受賞作品があります。「ホテルロイヤル」はお父さんが経営していたラブホテルを手伝っていたことの実体験をもとに書かれ、直木賞を受賞しました。 2020年11月には映画「ホテルローヤル」で全国公開です。是非見てみたい映画ですね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました