KI-PX70とKI-NS70の違いを比較!性能が進化してるよ!シャープ加湿空気清浄機

家電製品

KI-PX70とKI-NS70の違いを比較!性能が進化しているよ!をお届けします。

KI-PX70とKI-NS70はシャープ加湿空気清浄機です。

KI-PX70は2022年1月発売の新モデル。
KI-NS70は2020年9月発売の旧モデル

KI-PX70(新モデル)はKI-NS70(旧モデル)からどう変わっているのか違いが気になりますが、次の点が変わっています。

・プラズマクラスターの性能アップ
ウィルスをキャッチする能力が2倍
・サイズダウン
・3つのモニター追加
・エアコンとの連動機能追加
・加湿量アップ

一番の違いは、KI-PX70(新モデル)に搭載されているプラズマクラスターが、プラズマクラスター25000からNEXTになり、高性能になり、空気浄化や脱臭能力が格段にアップしたことです。

詳しくは本文で説明しますね。

そこで、この記事では次のことをまとめています。

・KI-PX70(新モデル)とKI-NS70(旧モデル)の違いを比較
・KI-PX70(新モデル)とKI-NS70(旧モデル)のどちらがおすすめ

KI-PX70(新モデル)はこちら
 プラズマクラスターNEXT搭載

シャープ 加湿空気清浄機 KI-PX70-T ブラウン系  適応畳数 空清:主に〜31畳、加湿:主にプレハブ洋室 〜21畳/ 木造和室 〜12.5畳

▼KI-NS70(旧モデル)はこちら
 プラズマクラスター25000搭載

SHARP プラズマクラスター25000搭載 加湿空気清浄機 KI-NS70-W

KI-PX70(新モデル)とKI-NS70(旧モデル)の違いを比較

KI-PX70(新モデル)はKI-NS70(旧モデル)と次の点が違っています。

・プラズマクラスターの性能アップ
ウィルスをキャッチする能力が2倍
・サイズダウン
・3つのモニター追加
・エアコンとの連動機能追加
・加湿量アップ

それぞれ詳しく説明します。

プラズマクラスターの性能アップ

KI-PX70(新モデル)はプラズマクラスター性能がアップしています。

KI-NS70(旧モデル)はプラズマクラスター25000で、イオン濃度25,000個/㎠以上
KI-PX70(新モデル)はプラズマクラスターNEXTで、 イオン濃度50,000個/㎠以上

KI-PX70(新モデル)の方が、KI-NS70(旧モデル)より、プラズマクラスターのイオン濃度が2倍になっています。

そのため、KI-PX70(新モデル)のプラズマクラスターNEXTでは、プラズマクラスター25000までではできなかった、次のことができるようになりました。

・ニオイの元となる付着ニオイ原因菌を除菌

・付着したペットの皮膚特有の菌の作用を抑える

・付着した排せつ物臭を消臭

これはものすごい進化ですね。

しかも次のように、
除電スピード・消臭スピード・ウィルス抑制スピードも速くなっています。

これはどういうことかと言うと・・・、

除電スピードがアップしたことで、花粉などの微小な粒子がさらに付着しにくくなった

消臭スピードがアップしたことで、タバコなどの付着臭を分解・除去が速くなった

抑制スピードがアップしたことで、付着ウイルスの作用を抑えるのが速くなった

これもスゴイ進化ですね!

KI-PX70(新モデル)とKI-NS70(旧モデル)の大きな違いは、このプラズマクラスター性能ですね。

ウィルスをキャッチする能力が2倍

KI-PX70(新モデル)に新たに搭載された運転モードに、「飛沫粒子モード」があります。

この「飛沫粒子モード」というのは、部屋の中の浮遊ウイルスを効率よく捕集して、室内の空気をより清浄にするものです。

仕組みは、暖房時は天井付近に空気が溜まりがちなことに着目。
そこに留まってるウイルス飛沫粒子を狙って風を当てて、気流に乗せて集め取るというもの。

この「飛沫粒子モード」で、KI-PX70(新モデル)はシャープの従来モデルに比べて、ウィルスをキャッチする能力が2倍になっています。

インフルエンザや風邪などウィルス感染症が流行するような時期には、とても役立つ機能ですね。

サイズダウン

KI-PX70(新モデル)はプラズマクラスターの性能は上がったのですが、小型イオン発生デバイスが新開発されたのでKI-NS70(旧モデル)より小型化されてます。

KI-PX70(新モデル)は外形寸法(mm)幅395×奥行265×高さ650

KI-PX70 寸法図

KI-NS70(旧モデル)は外形寸法(mm)幅400×奥行339×高さ686

KI-PX70(新モデル)では設置面積が27%も削減されています。

置き場所の選択が増えますね。

3つのモニター追加

KI-PX70(新モデル)には、新たに3種類のモニターが追加されました。

・微小粒子(PM2.5など)モニター
・ハウスダストモニター
・ニオイモニター

新たなモニターが3つも追加されたことで、空気のどの汚れがどの程度なのか、細かくわかるようになりました。

空気が何で汚れているのかが見える化されて、とても便利です。

モニター説明

キレイになっていく空気の様子が一目でわかるようになって楽しいですね。

エアコンとの連動機能追加

無線LANで、COCORO AIRアプリと連動できます。

さらにシャープ製のエアコンと連動させると・・・

空気清浄機とエアコンが連動して、部屋の空気清浄がより効果的にできます。

これは業界初の機能のようです。

空気清浄機の設置位置に応じて、エアコンの風向、風量を自動で調節してくれる優れもの。

部屋の空気が効率よく循環するので、ウイルス飛沫粒子は効果的に集められます。

 

加湿量アップ

KI-PX70 (新モデル)はサイズがコンパクトになって、水タンク容量も3.6Lから
3.2Lに減っていますが、逆に加湿能力はアップしています。

KI-PX70 (新モデル): 最大 750mL/h
KI-NS70 (旧モデル): 最大 700mL/h

KI-PX70(新モデル)はこちら
 プラズマクラスターNEXT搭載

シャープ 加湿空気清浄機 KI-PX70-T ブラウン系  適応畳数 空清:主に〜31畳、加湿:主にプレハブ洋室 〜21畳/ 木造和室 〜12.5畳

▼KI-NS70(旧モデル)はこちら
 プラズマクラスター25000搭載

SHARP プラズマクラスター25000搭載 加湿空気清浄機 KI-NS70-W

 

KI-PX70(新モデル)とKI-NS70(旧モデル)のどちらがおすすめ

KI-PX70(新モデル)がおすすめの人

KI-PX70(新モデル)は何といっても、 プラズマクラスターNEXTが搭載されたので、
空気清浄や脱臭で、今まで出来なかった部分も出来るようになっています。

空気清浄や脱臭をよりパワフルに行い方には、 KI-PX70(新モデル)がおすすめです。

KI-PX70(新モデル)は、ダストやニオイのセンサー表示も新たに3つ付いたので、
空気が何で汚れているか、また清浄化される具合が見える化されたのもメリットです。

本体が旧モデルよりも小型化され、加湿量も増えたのもメリットですね。

KI-PX70(新モデル)はこちら
 プラズマクラスターNEXT搭載

シャープ 加湿空気清浄機 KI-PX70-T ブラウン系  適応畳数 空清:主に〜31畳、加湿:主にプレハブ洋室 〜21畳/ 木造和室 〜12.5畳

 

 

KI-NS70(旧モデル)がおすすめの人

KI-NS70(旧モデル)でもプラズマクラスターの上位性能のプラズマクラスター25000 が搭載されているので、空気清浄や脱臭性能は高いです。

加湿能力も、一般的な加湿器よりも高性能です。

KI-PX70(新モデル)まで高性能ではなくても、お得に高機能のプラズマクラスター搭載の加湿清浄機を求めている方におすすめです。

▼KI-NS70(旧モデル)はこちら
 プラズマクラスター25000搭載

SHARP プラズマクラスター25000搭載 加湿空気清浄機 KI-NS70-W

KI-PX70とKI-NS70の違いを比較!性能が進化しているよ!のまとめ

KI-PX70とKI-NS70の違いを比較!性能が進化しているよ!をお届けしました。

KI-PX70(新モデル)とKI-NS70(旧モデル)の一番の違いは、プラズマクラスターが25000からNEXTになって、シャープのプラズマクラスターの最高峰が搭載されていることです。

空気清浄や脱臭で今までできなかった部分もカバーできるようになりました。
より強力に、空気清浄や脱臭を行いたい方には、迷わずKI-PX70(新モデル)がおすすめですね。

KI-NS70(旧モデル)はプラズマクラスターは最高峰ではありませんが、次に高性能のプラズマクラ
スター25000を搭載しているので、お得に高性能の空気清浄機を求めたい方にはおすすめです。

KI-PX70(新モデル)はこちら
 プラズマクラスターNEXT搭載

シャープ 加湿空気清浄機 KI-PX70-T ブラウン系  適応畳数 空清:主に〜31畳、加湿:主にプレハブ洋室 〜21畳/ 木造和室 〜12.5畳

▼KI-NS70(旧モデル)はこちら
 プラズマクラスター25000搭載

SHARP プラズマクラスター25000搭載 加湿空気清浄機 KI-NS70-W

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました