バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの違いは2つ! K07Aがおすすめ!

バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの違いは2つ!をお届けします。

「K07A」は、バルミューダのオシャレな電気ケトルの2022年モデルです。

「K07A」と従来モデル「K02A」との違いは以下の2点です。

・印字カラーの変更
・水量表示の変更

機能やデザインなど大きな違いはないですが、水を入れるときに、水量の目安線が従来モデルより見やすくなっているのは確かです。

これからバルミューダの電気ケトルを購入するのであれば、2022年モデルの「K07A」がおすすめです。

詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

・バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの違い
・バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aのおすすめはどっち
・バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの共通の特長

▼K07A(2022年モデル)

K02A
【あす楽】バルミューダ The Pot (ホワイト) K02A-WH

バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの違い

バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの違いは、次の2点です。

・印字カラーの変更
・水量表示の変更

それぞれ説明します。

印字カラーの変更

バルミューダの本体側面下部には「BALMUDA」の文字が印字されてます。

従来機K02Aでは、本体色ホワイトとブラックで、印字色は次のようでした。

それが、2022年モデルK07Aでは、次のようにオレンジ系に変わっています。

これで、バルミューダのトースターK05Aの印字と同じ色になり、コーディネートされます。

つまり、トースターもバルミューダのトースターK05Aにした方がいいということですね。

 

水量表示の変更

従来モデル「K02A」の水量の目安線は、ポットの内壁に刻印されてました。

それに対し2020年モデルの「K07A」の場合は、MAXは「MAX」と刻印されたプレートが取り付けられています。

「K02A」                                                       「K07A」

これで、MAX線がとってもわかりやすくなりました。

すごく水を注ぎやすいと思います。

▼K07A(2022年モデル)

K02A
【あす楽】バルミューダ The Pot (ホワイト) K02A-WH

バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aのおすすめはどっち

従来モデルとの価格差もさほどないと思いますので、これから購入するのであれば、印字色がバルミューダのトースターとコーディネートされ、水量表示も見やすくなった2022年モデルのK07Aがおすすめです。

▼K07A(2022年モデル)

K02A
【あす楽】バルミューダ The Pot (ホワイト) K02A-WH

バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの共通の特長

K07AとK02Aは、容量は600mlで、コーヒー3杯、カップラーメン2杯分にちょうど良い容量です。

そのためサイズはやや小ぶりですが、その方がスペースを取らずに収まるというメリットがあります。

細口のノズルはコーヒーのハンドドリップに最適ですし、ハンドルの形も注ぎやすいように研究されています。

お湯を沸かしている間はランプが点灯し、湯沸かしが完了すると自動で電源オフになりランプが消灯します。

電源コードの長さは1.3mで、電源ベース底面のコードホルダーによって長さを調節できます。

▼K07A(2022年モデル)

K02A
【あす楽】バルミューダ The Pot (ホワイト) K02A-WH

バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの違いは2つのまとめ

バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの違いは2つ!をお届けしました。

バルミューダ電気ケトル K07AとK02Aの違いは、次の2点です。

・印字カラーの変更
・水量表示の変更

デザインや機能に違いはありませんが、 バリュミューダのトースターK05Aの印字と同じ色になり、水量表示も見やすくなった2022年モデルのK07Aがおすすめです。

▼K07A(2022年モデル)

K02A
【あす楽】バルミューダ The Pot (ホワイト) K02A-WH

コメント

タイトルとURLをコピーしました