シャープIB-WX1とIB-WX2の違いを比較!

気になる新製品

シャープIB-WX1とIB-WX2の違いを比較ということでお届けします。

シャープのIB-WX1とIB-WX2はどちらもドレープフロードライヤーで吹き出し口が二つあって、広範囲に風が届くのでより早く髪を乾かせる優れものです。

IB-WX1は2020年に発売されたもので、IB-WX2は2021年5月27日の発売です。

IB-WX1とIB-WX2では何が違っているか気になるところです。

そこで、

・シャープIB-WX1とIB-WX2の違いを比較!

ということでまとめました。

 

2020年発売のIB-WX1

2021年発売のIB-WX2

2021年5月発売のIB-WX2については、次の口コミ評価レビュー記事がありますので是非参考にしてください。→シャープIB-WX2の口コミ評価をレビュー!風量もチェック!

シャープIB-WX1とIB-WX2の違いを比較

IB-WX2はIB-WX1より髪の乾燥時間が約10%短縮

「IB-WX2」は従来モデル「IB-WX1」よりも送風する面積が10%広くなり風量が増えたので、髪の乾燥時間も約10%短縮されます。

IB-WX1の送風面積

IB-WX2の送風面積

風量は数値だと次のようになります。

IB-WX1 約1.1m³ /分(ターボ運転時)
IB-WX2 約1.2m³ /分(ターボ運転時)

たとえばIB-WX1で髪を乾かすのに5分間かかっていたのが、10%短縮されると、4分30秒になる計算なので、この差は大きいですね。

IB-WX2はIB-WX1より軽量化

IB-WX2はIB-WX1より20gですが軽量化されています。

IB-WX1 約610g
IB-WX2 約590g

IB-WX1 はやや重いという口コミもありますが、ダイソンの大風量のスーパーソニック イオニックというドライヤーは697gもありますから。

それに比べれば軽いし、IB-WX2でさらに軽量化されました。

IB-WX1とIB-WX2は色が若干違う

IB-WX1とIB-WX2のカラーはどちらもピンク系とホワイト系の2種類ですが、ピンクとホワイトの色が若干違います。

IB-WX1は
P(ピンク系シェルピンク)
W(ホワイト系シェルホワイト)

IB-WX2は
P(ピンク系キャメルピンク)
W(ホワイト系ソルベホワイト)

IB-WX1とIB-WX2は重さと風量とカラー以外は同じ

IB-WX1とIB-WX2は重さと風量とカラー以外は次の仕様のように同じです。

IB-WX1の仕様

サイズ 高さ233×幅88×奥行132mm(付属品除く)、電源コード約1.7m
質量 約610g(付属品除く)
搭載モード HOT/SENSING/BEAUTY/SCALP/COLD/APP(アプリ対応)
電源 AC100V 50Hz-60Hz
消費電力 1,200W(ホット/ターボ運転時)
温風温度 約95℃(ホット/ドライ運転時 室温30℃)
風量 約1.1m³ /分(ターボ運転時)

IB-WX2の仕様

サイズ 高さ233×幅88×奥行132mm(付属品除く)、電源コード約1.7m
質量 約590g(付属品除く)
搭載モード HOT/SENSING/BEAUTY/SCALP/COLD/APP(アプリ対応)
電源 AC100V 50Hz-60Hz
消費電力 1,200W(ホット/ターボ運転時)
温風温度 約95℃(ホット/ドライ運転時 室温30℃)
風量 約1.2m³ /分(ターボ運転時)

2021年5月発売のIB-WX2については、次の関連記事がありますので是非参考にしてください。
シャープIB-WX2の口コミ評価をレビュー!風量もチェック!

シャープIB-WX1とIB-WX2の違いを比較のまとめ

シャープIB-WX2はIB-WX1より風量が10%アップして、20g軽量化されました。

IB-WX1は、髪の乾きが速くてつやつやになると評判ですが、IB-WX2はさらに機能アップしているので優れた商品だと思います。

価格は「ナノケア」より高いですが、「ダイソン」よりは低価格です。

但し、IB-WX2は発売時点でIB-WX1よりも16,000円ほど高価です。

IB-WX1でもIB-WX2でも、その性能と使用感は満足できるものだと思います。

従来のドライヤーよりちょっといいドライヤーがほしいという方は、ぜひ検討されるといいと思います。
2020年発売のIB-WX1

2021年発売のIB-WX2

2021年5月発売のIB-WX2については、次の関連記事がありますので是非参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました