ES-W114とES-W113の違いを比較!共通の特長は?シャープドラム式洗濯乾燥機

気になる新製品

ES-W114とES-W113の違いを比較!共通の特長は?をお届けします。

ES-W114は2021年9月に発売のシャープドラム式洗濯乾燥機の新モデルです。

ES-W113は2020年9月発売の旧モデルです。

ES-W114(新モデル)とES-W113(旧モデル)の違いが気になりますが、違いは次の点です。

・ES-W114(新モデル)には「ハイブリッド乾燥NEXT」が搭載

この「ハイブリッド乾燥NEXT」については、本文で詳しく説明しますね。

さてこの記事では次のことをまとめています。

・ES-W114(新モデル)とES-W113(旧モデル)の違い
・ES-W114(新モデル)とES-W113(旧モデル)の共通の特長

ES-W114(新モデル)はこちら(左開き・右開きあり)

ES-W113(旧モデル)はこちら(左開き・右開きあり)

 

 

ES-W114(新モデル)とES-W113(旧モデル)の違い

ES-W114(新モデル)には、ES-W113(旧モデル)にはなかった、「ハイブリッド乾燥NEXT」が搭載されています。

この「ハイブリッド乾燥NEXT」は次のようなものです。

「ハイブリッド乾燥」は、ES-W113(旧モデル)にも搭載されていて、省エネで無排気の優れた乾燥機能です。

「ハイブリッド乾燥NEXT」はさらにAI制御になってより乾燥機能がアップしてます。

AI制御は、布質にあわせて乾燥運転を制御します。
たとえば次のような制御です。

・「薄手」「化繊多め」などの乾きやすい布質の場合・・乾かしすぎのムダを抑え、すばやく乾燥します。

・「厚手」「綿多め」などの乾きにくい布質の場合・・温度低下を防ぎ、ムラを抑えてしっかり乾燥します。
フード付きのパーカーやズボンのポケットなど、厚手の衣類でもしっかり乾燥します。

「ハイブリッド乾燥NEXT」は、AI制御で、乾燥のムダをはぶき、乾燥ムラを抑えるので、乾燥機能がさらにレベルアップしていますね。

乾いてないところがあって、もう一回乾燥。なんていう二度手間が減りますね。

旧モデルとの違いはこの乾燥技術です。

ES-W114(新モデル)はこちら(左開き・右開きあり)

ES-W113(旧モデル)はこちら(左開き・右開きあり)

 

 

ES-W114(新モデル)とES-W113(旧モデル)の共通の特長

液体洗剤・柔軟剤の自動投入

あらかじめ液体洗剤や柔軟剤をタンクに入れておいて、洗剤の銘柄をアプリに登録しておくと、毎日の洗濯は衣類を入れてスタートキーを押すだけです。

液体洗剤や柔軟剤は自動で投入してくれます。

便利ですね。

洗剤の銘柄登録は難しくありません。

あらかじめ表示されているので選ぶだけです。

液体洗剤・柔軟剤自動投入で、次のことが便利になります。

手間いらず・・毎回洗剤を量って投入する必要がなく、手も汚れない

経済的・・洗剤の適量を自動で見極めて使いすぎないから、経済的

 

洗剤投入口は手入れも楽

洗剤投入口は洗濯するごとに水が流れるので、洗剤も目詰まりが抑えられます。
お手入れは6か月に1回程度でOKです。

❶洗剤投入経路・・洗濯するごとに水が流れるため、洗剤詰まりを抑えます。

❷流量計・・流量計で最適な液体洗剤量・柔軟剤量を計ります。

 

マイクロ高圧洗浄

高圧シャワーノズルから毎秒100万個以上の微細な水滴を衣類に噴射します。

微細な水滴なので、衣類の繊維の奥までしっかり入って汚れを落としてくれます。

また、微細な水滴なので衣類の生地を傷めにくく、衣類に優しいです。

マイクロ高圧洗浄おすすめ5つのコース

温水極め洗いコース

洗濯容量が4㎏以下になりますが、衣類の温度を35℃前後にして洗剤の酵素パワーを 活性化する仕組みです。

活性化により襟汚れや黄ばみ、ドロ汚れなど落ちにくい汚れに効果的です。

サッと予洗いコース

洗濯容量2㎏以下になりますが、約5分で汚れを落としてくれます。

秘密はマイクロ高圧洗浄。

微細な水滴が繊維の奥の汚れを落としてくれ、洗剤も不要なのでサッと洗いたい時に便利です。

ホームクリーニングコース

こちらも洗濯容量は2㎏以下になりますが、ファンデーションなどの落ちにくい汚れを落としてくれるコースです。

マイクロ高圧洗浄とドラムの動きで衣類を傷みにくく洗うので、芯材が入っていない手洗い表示のある洗濯物などに便利です。

時短コース

洗濯容量11㎏以下に対応です。

軽い汚れの衣類などを約10分で洗濯します。

すすぎも1回なので経済的です。

 

香りプラスコース

洗濯容量2㎏以下になりますが、すすぎの時に衣類をほぐしてから柔軟剤を投入するコースです。

衣類をほぐすことで柔軟剤が全体的にコーティングされて効果を高めてくれます。

 

ハイブリッド乾燥

ヒートポンプ乾燥というものとサポートヒーターを使ったハイブリッド乾燥方式です。

ちょっと難しいですが、簡単に説明すると次のようになります。

❶ヒートポンプ乾燥

温度センサーと湿度センサーを使って、乾き具合を感知しながらムダな運転をせずに乾燥するしくみです。

乾燥って電気料が心配ですが、消費電力600whで、業界最高水準の省エネになってます。

また、排気する乾燥器は回りも温度が上がってたいへんですが、シャープだけの無排気乾燥方式で、排気が出ません。

さらに夜間でもうるさくない安心の低騒音(低騒音:乾燥39db)になっています。

❷サポートヒーター

サポートヒーターが、乾燥の始めと終了前に作動して、衣類に心地よいあたたかさをプラスして、よけいな湿気を飛ばしてカラッと仕上げます。

先に説明したとおりに、新モデルのES-W114(新モデル)はこれにAI制御による乾燥が加わってよりレベルアップしています。

 

プラズマクラスターで除菌・消臭

乾燥時にはプラズマクラスターを放出して衣類を除菌、消臭してくれます。

ドラムのカビ菌を抑える「槽クリーンコース」もあるので、洗濯槽も清潔に使うことができます。

スーツや制服など水洗いできないものは「除菌・消臭コース」で清潔を保つことができます。

靴やぬいぐるみなどにも「除菌・消臭コース」は使えますよ。

 

便利なクラウドサービス「COCORO WASH」

洗濯機には無線LANが搭載されているのでスマホで操作ができます。

AIと連携しており、アプリで洗濯の仕上がりを評価することで好みを学習し、最適な仕上がりに近づけてくれます。

 

スマホで操作で次のようなことが可能です。

・運転状況や終了時刻を知らせてくれる

・帰宅時間に合わせて予約ができる

・天候に合わせて洗濯方法を提案してくれる

自動お掃除機能

2つの自動お掃除機能がついているので、面倒なお手入れを大幅に軽減できます。

さらに自動お掃除機能で乾燥性能を維持できるので、乾燥時間のムダな延長を防ぎ、電気代の節約にもつながります。

1. 乾燥フィルター自動お掃除

フィルターのホコリを自動でかき集めてくれます。

乾燥終了後に、❶ブレードが自動的で作動して、乾燥フィルターに溜まったホコリを❷ダストボックスに集めてくれます。

あとはホコリをつまんで捨てるだけです。

2.乾燥ダクト自動お掃除

ダクト内部の糸くずなどを自動で洗い流してくれます。

❶乾燥ダクトと❷排気口についた洗剤成分と一緒に固まる糸くずを、次の洗濯のときに、給水を利用して自動で洗い流してくれます。

この2つの自動お掃除機能で、面倒なお手入れがかなり軽減できますね。

ES-W114(新モデル)はこちら(左開き・右開きあり)

ES-W113(旧モデル)はこちら(左開き・右開きあり)

 

 

ES-W114とES-W113の違いを比較!共通の特長は?のまとめ

ES-W114とES-W113の違いを比較!共通の特長は?をお届けしました。

ES-W114(新モデル)とES-W113(旧モデル)の違いは、ES-W114(新モデル)の乾燥機能がES-W113(旧モデル)よりレベルアップしているところですす。

ES-W113(旧モデル)の「ハイブリッド乾燥」にAIが搭載されてES-W114(新モデル)では「ハイブリッド乾燥NEXT」になっています。

布質にあった乾燥で乾燥のムダをはぶいたり、乾燥ムラを軽減できるようになっています。

乾燥機能をより重視する場合は、ES-W114(新モデル)がおすすめです。

ES-W114(新モデル)はこちら(左開き・右開きあり)

ES-W113(旧モデル)はこちら(左開き・右開きあり)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました