ER-W16とER-T16の違いを比較!共通の特長は?東芝オーブンレンジ

気になる新製品

ER-W16とER-T16の違いを比較!共通の特長は?をお届けします。

東芝オーブンレンジER-W16は、2021年9月発売のコンパクトタイプ(16L)の新モデルです。

ER-W16もER-T16も、ターンテーブルが付いてないので、庫内を広く使えて、出し入れや手入れが簡単なのが特長です。

新モデルER-W16と旧モデルER-T16は、何が違っているのでしょう。

新モデルER-W16と旧モデルER-T16の違いは、ずばり次の2点です。

・液晶画面のバックライトの違い
・操作ボタン配置の違い

機能的には変わりありませんが、詳しくは本文で説明しますね。

そこでこの記事では、次のことをまとめています。

・ER-W16とER-T16の違いを比較
・ER-W16とER-T16の共通の特長

▼新モデルER-W16はこちら

▼旧モデルER-T16はこちら

 

 

ER-W16とER-T16の違いを比較

新モデルER-W16と旧モデルER-T16の違いは次の2点です。

・液晶画面のバックライトの違い
・操作ボタン配置の違い

それぞれ詳しく説明していきます。

液晶画面のバックライトの違い

新モデルER-W16と旧モデルER-T16の操作パネルの液晶画面の色が違います。

新モデルのER-W16のバックライトは「ホワイト 」
・旧モデルのER-T16のバックライトは「オレンジ」 が採用されています。

ER-W16(新モデル)のバックライト

ER-T16(旧モデル)のバックライト

バックライトがオレンジや見やすいか、ホワイトが見やすいかは、個人差ですね。

ボタンの配置の違い

ER-W16とER-T16では若干ですが操作ボタンの配置が違います。

操作パネルの下段の、「レンジ・オーブン発酵・グリル」の並びが、旧モデルでは橫配置、新モデルでは縦配置となっています。

操作パネルの内容自体は、同じですね。

違いはこの2点で機能面で新旧の違いはありません。

▼新モデルER-W16はこちら

▼旧モデルER-T16はこちら

 

ER-W16とER-T16の特長

新モデルER-W16でも旧モデルER-T16でも、共通の特長があるので、説明します。

フラット庫内

底面がフラットでターンテーブルが付いてないので、広く使うことができます。

大きめのお弁当も温められます。

フラットなので、出し入れしやすいし、お手入れも楽なのがいいと思います。

庫内よごれプロテクト

庫内は撥水、撥油コーティングされているので、汚れがつきにくくなっています。

汚れが付いてもサッと拭き取ることができて、この点でもお手入れが楽ですね。

大きさ

大きさは、461(幅)×337(奥行)×293(高さ)のコンパクトサイズ

左右と後ろには10cm以上、上方は15cm以上の空間が必要です。

台所のスペースが限られている場合は、大きさも結構決め手になってくると思います。

機能面で新旧の違いはありません。

▼新モデルER-W16はこちら

▼旧モデルER-T16はこちら

 

ER-W16とER-T16の違いを比較!共通の特長は?のまとめ

ER-W16とER-T16の違いを比較!共通の特長は?をご紹介しました。

ER-W16とER-T16の違いは、バックライトの色と操作パネルの一部ボタンの配置の違いだけで、機能的は同じです。

この違いが気にならなければ、価格の安い旧モデルのER-T16がおすすめです。

但し旧モデルは生産が終了していますので、在庫分だけなのでご注意下さい。

一人暮らしには最適の大きさですが、家族でも小さいサイズの食品の使用頻度が多い場合は十分なオーブンレンジだと思います。

▼新モデルER-W16はこちら

▼旧モデルER-T16はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました