MK-K82とMK-K81の違いを比較!おすすめはどっち?パナソニックフードプロセッサー

家電製品

MK-K82とMK-K81の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けします。

MK-K82とMK-K81は、パナソニックフードプロセッサー

MK-K82は2022年5月発売の新モデル。
MK-K81は2011年発売の旧モデルです。

何と11年ぶりの新モデル。
何が違うんでしょう。
違いを調べたら次の点でした。

・消費電力の違い
・回転数の切り替えの有無
・あらびき機能の有無
・こねる機能の有無
・食洗機対応の有無

詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

・MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)の違い
・MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)でおすすめはどっち
・MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)の共通の特長

MK-K82(2022年モデル)はこちらからチェック

▼MK-K81(2011年モデル)はこちらからチェック

MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)の違い

MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)の違いは次の点です。

・消費電力の違い
・回転数の切り替えの有無
・あらびき機能の有無
・こねる機能の有無
・食洗機対応の有無

それぞれ説明しますね。

消費電力の違い

MK-K82とMK-K81は消費電力に違いがあります。

MK-K82・・・170W
MK-K81・・・120W

最大回転数は変わってないので、モーターへ余裕を持たせる改善と思います。

回転数切り替え有無

MK-K82とMK-K81では、回転数の切り替え有無の違いがあります。

MK-K82・・・2,900回転固定
MK-K81・・・2,900回転と2,200回転の切り替えが可能

この回転数の切り替えの有無が次の”こねる”と”あらびき”機能に影響しています。

こねる機能の有無

MK-K82の新モデルは「こねる」機能がなくなっています。

この機能はパン生地をこねて、うどんやパスタなどが作れるというものです。

MK-K81の旧モデルは回転数の切り替えが出来るため、パンの羽根の付属品を付けて
「こねる」ことが出来ました。

MK-K82の新モデルは回転数が一定のため、「こねる」という調理は出来なくなりました。
MK-K82ではパンのはねの付属品もなくなりました。

あらびき機能の有無

MK-K81はではあらびきボタンがあって、あらびきができる機能がありました。

MK-K82新モデルではあらびきボタンはなくなっています。

食洗機対応の有無

MK-K82の新モデルは食洗機に対応しています。

MK-K81の旧モデルでは食洗機に対応していません。

スペックは次のようになってます。

モデル MK-K82 MK-K81
消費電力(約) 170W 120W
たまねぎ(スライス) 最大量200g 最大量300g
魚のすりみ 最大量300g 最大量300g
ハンバーグのたね 最大量500g 最大量500g
大根・長いも(おろし・とろろ) 最大量 大根:250g、長芋:150g 最大量 大根:250g、長芋:150g
大根(鬼おろし) 最大量250g 最大量250g
パン生地 強力粉150g
大きさ(本体約)幅x奥行x高さ 23.4cm×15.8cm×20.9cm 15.4×22.5×21.2cm
質量(約) 2.7kg 2.8kg
できる機能 きざむ・まぜる・する(ナイフカッター) きざむ・まぜる・する(ナイフカッター):ブラックハードチタン
おろす(おろし・とろろカッター) おろす(おろし・とろろカッター)
おろす(鬼おろしカッター) 粗くおろす(鬼おろしカッター)
スライス・せん切り(スライス・せん切りカッター) スライス・せん切り(スライス・せん切りカッター)
パン生地練り(パンの羽根)
使いやすさ モーター保護装置 高速スイッチ
コード本体底巻き付け 低速スイッチ
あらびきスイッチ
入れすぎストッパー
コードリール
「辻調レシピ」つき
清潔 ガラス容器 ガラス容器
食洗機対応(本体、へら付きブラシ除く)

MK-K82(2022年モデル)はこちらからチェック

▼MK-K81(2011年モデル)はこちらからチェック

 

MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)でおすすめはどっち

MK-K82(2022年モデル)は食洗機に対応できるようになっていますが、
MK-K81(2011年モデル)にあった、こねる機能・あらびき機能がなくなっています。

こねる機能・あらびき機能はなくてもいいから、食洗機が使いたいという方は
MK-K82(2022年モデル)がおすすめです。

食洗機が使えなくても、こねる機能・あらびき機能はあった方がいいという方は、MK-K81(2011年モデル)がおすすめです。

MK-K82(2022年モデル)はこちらからチェック

▼MK-K81(2011年モデル)はこちらからチェック

 

MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)の共通の特長

MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)の共通の特長を紹介します。

4種類のカッター搭載

MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)では次の4種類のカッターを搭載しています。

ナイフカッター (ブラックハードチタンコートカッター )

きざむ・する・混ぜる

ハンバーグ、餃子の具など

鬼おろしカッター

粗おろしで、素材の水分を出さずシャキシャキ感を生かしたい料理のときに使います。

 

 

 

大根サラダ、大根ごはん、みぞれなべなど

おろし・とろろカッター

おろす

だいこんおろしなど

スライス・せん切りカッターセット

スライス・せん切り

野菜サラダなど

MK-K82(2022年モデル)はこちらからチェック

▼MK-K81(2011年モデル)はこちらからチェック

MK-K82とMK-K81の違いを比較!おすすめはどっち?のまとめ

MK-K82とMK-K81の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けしまた。

MK-K82(2022年モデル)とMK-K81(2011年モデル)の違いは次の点です。

MK-K82(2022年モデル)では、食洗機対応になりましたが、回転数の切り替えがなくなり、あらびき機能とこねる機能がなくなりました。

こねる機能・あらびき機能はなくてもいいから、食洗機が使いたいという方は
MK-K82(2022年モデル)がおすすめです。

食洗機が使えなくても、こねる機能・あらびき機能はあった方がいいという方は、MK-K81(2011年モデル)がおすすめです。

MK-K82(2022年モデル)はこちらからチェック

▼MK-K81(2011年モデル)はこちらからチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました