CV-P120とCV-N120の違いを比較!違いはない!シャープ衣類乾燥除湿機

家電製品

CV-P120とCV-N120の違いを比較!違いはない!をお届けします。

CV-P120とCV-N120はシャープ衣類乾燥除湿機。
CV-P120が2022年3月、CV-N120が2021年4月の発売です。

CV-P120とCV-N120の違いが気になりますが、違いは次です。

CV-P120とCV-N120の違いはない!

性能・機能・デザインなど同じです。
ただし、発売年が違うので価格は違ってきます。
しばらくは、旧モデルのCV-N120(2021年モデル)の方が安いと思うので、おすすめです。

詳しくは本文で説明しますが、商品の特長を含めてこの記事では次のことをまとめてます。

・ CV-P120(2022年モデル)とCV-N120(2021年モデル)の違い
・ CV-P120(2022年モデル)とCV-N120(2021年モデル)の共通の特長

CV-P120(2022年モデル)はこちらからチェック

▼CV-N120(2021年モデル)はこちらからチェック

CV-P120(2022年モデル)とCV-N120(2021年モデル)の違い

CV-P120(2022年モデル)とCV-N120(2021年モデル)の違いはありません。

型番が違うだけで、性能・機能・デザインなど中身は同じです。

従って、新モデルにこだわりがなければ、価格が安い方がおすすめです。

しばらくは、CV-N120(2021年モデル)の方が安いと思うのでおすすめです。

ただし、CV-N120(2021年モデル)は在庫流通分のみだと思うので、早めの購入がおすすめです。

価格については、次の商品案内をチェックしてください。

CV-P120(2022年モデル)はこちらからチェック

▼CV-N120(2021年モデル)はこちらからチェック

 

CV-P120(2022年モデル)とCV-N120(2021年モデル)の共通の特長

ここからは、 CV-P120(2022年モデル)とCV-N120(2021年モデル)の共通の特長を紹介します。

CV-P120(2022年モデル)とCV-N120(2021年モデル)は、

どちらもプラズマクラスター7000搭載のコンプレッサー方式の衣類乾燥除湿機です。
・約3人分の衣類乾燥に適しています。
・1日の除湿能力は、12L
・2kgの洗濯物は約100分で乾燥できます。

コンプレッサー方式の除湿器は。

・湿った空気を冷却器で冷やし、結露させて除湿する仕組みです。
・梅雨の季節から夏に、気温が高い時期の除湿に特に効果的な除湿器です。

コンプレッサー方式は電気代が安いです。

・CV-P120とCV-N120の衣類乾燥の1時間あたりの電気代は、約8.2円
2kgの洗濯乾燥は100分なので、電気代は約14円
・毎日2kgの洗濯物を100分乾かしても、1ヶ月の電気代は420円とオトクです。

CV-P120とCV-N120の除湿が適している部屋の広さは、

・50Hz地域で、14~28畳(23~46㎡)
・60Hz地域で、15~30畳(25~50㎡)

・プラズマクラスターの適用面積:約14畳(約23㎡)

割と広めの部屋の除湿や空気清浄ができます。

詳しい特長を次から説明します。

プラズマクラスター7000で除菌・消臭

CV-P120とCV-N120は、プラズマクラスター7000を搭載しています。

部屋干しの嫌な生乾き臭は、プラズマクラスターと除湿された風で、次の二段構えでしっかり、消臭・乾燥してくれます。

◎衣類を乾燥させながらプラズマクラスターイオンを放出して、部屋干しのイヤな臭いをしっかり抑制してくれます。

◎臭い戻り対策モードに設定しておくと、衣類乾燥後もプラズマクラスターイオンが放出されて、すぐに衣類を取り込めないときでも、臭いが戻ってつかないようにしてくれます。

プラズマクラスターは部屋干し臭の消臭のみでなく、次の消臭もしてくれます。

◎ 衣類に付いた汗臭を消臭
◎衣類やお部屋に付いたタバコの臭いを分解・除去
◎日頃洗いにくいブレザーやスーツなどの衣類の消臭

上下広角スイングで「2段干し」もしっかり乾燥

上下幅約190cmもの広範囲に風を当たる上下広角スイング機能搭載です。

このため、2段干しや長い衣類でもしっかり乾燥することができます。

狭い部屋でも二段干しにして、衣類乾燥することができるので便利です。

部屋のカビを防ぐ「カビバリア運転」」機能

パワフルな風と除湿機能とプラズマクラスターで、部屋にカビが発生しないように、「カビバリア運転」をすることができるので、カビが心配な梅雨期など便利です。

カビバリア運転のイメージは次のとおりです。

使いやすい排水タンク

排水タンクは、4.5Lと結構容量があります。

そして次のように使いやすくなっています。

持ち運びしやすい(ハンドル付き)  引き出しやすい

蓋付きで排水しやすい    凹凸が少なく洗いやすい

便利な機能

その他、次のような便利な機能がついています。

大きなホコリは、このプレフィルターでブロックしてくれるのでフィルターの汚れが軽減できます。

4輪キャスターで移動がらくらくです。

本体内部乾燥機能があるので、本体内部のカビ発生が抑えられます。

24時間連続排水に対応

排水タンクでの排水が面倒だったり、長期間の外出中に除湿したい場合などには、本体にホースをつないで、連続排水することもできるので便利です。

CV-P120とCV-N120の仕様

CV-P120とCV-N120の仕様は次のようになっているので参考にしてください。

定格除湿能力(50Hz/60Hz) 11/12 L/日
除湿可能面積の目安 50Hz 14~28畳(23~46㎡)
(木造住宅~コンクリート住宅) 60Hz 15~30畳(25~50㎡)
プラズマクラスター7000適用床面積(目安) 約14畳(約23㎡)
衣類乾燥時間(2kg) 約100分
衣類乾燥1回あたりの電気代目安 約13円
スイングルーバー 上下(自動) 左右(手動)
消費電力(50Hz/60Hz) 衣類乾燥 275W(約7.4円)/ 305W(約8.2円)
(1時間あたりの電気代目安) 除湿 265W(約7.2円)/ 290W(約7.8円)
衣類消臭 47W(約1.3円)/ 55W(約1.5円)
運転音(50Hz/60Hz) 衣類乾燥 強 49/50dB 弱 36/37dB
除湿 強 36/37dB 弱 34/35dB
衣類消臭 強 49/50dB 弱 26/25dB
内部乾燥
センサー 温度/湿度
現在湿度表示(目安)/満水サイン 5段階湿度表示)
タイマー 切タイマー(2/4/6時間)
キャスター 4輪〈横移動のみ〉
フィルター ホコリブロックプレフィルター
チャイルドロック
排水タンク容量 約4.5L(ハンドル付)
連続排水 (市販のホース〈内径15mm〉が必要)
使用可能温度 4~38℃
外形寸法(幅×奥行×高さ) 359×248×665mm
質量 約15.5kg

CV-P120(2022年モデル)はこちらからチェック

▼CV-N120(2021年モデル)はこちらからチェック

CV-P120とCV-N120の違いを比較のまとめ

CV-P120とCV-N120の違いはありません。
性能・機能・デザインなど同じです。

ただし、発売年が違うので価格は違ってきます。
しばらくは、旧モデルのCV-N120(2021年モデル)の方が安いと思うので、おすすめです。

CV-P120(2022年モデル)はこちらからチェック

▼CV-N120(2021年モデル)はこちらからチェック

 

CV-P120とCV-N120をお得に購入する方法

シャープ衣類乾燥除湿機CV-P120とCV-N120をお得に購入する方法があります。

条件は、楽天カードを新規で作る方に限ります。

楽天カードを新規で作ると5000ポイントもらえるので、それを使って購入する方法です。

5000ポイント=5,000円として使えます。

日頃、楽天カードで決済するとポイントが貯まり、1ポイント1円で利用することができるのでとても便利です。

楽天カードは年会費無料で、持っていて損はないのでおすすめです。

楽天カードの新規作成はこちらでできます。

 

CV-P120(2022年モデル)はこちらからチェック

▼CV-N120(2021年モデル)はこちらからチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました