NA-FW12V1とNA-FW120V5の違いを比較!おすすめはどっち?パナソニック12kg 洗濯乾燥機

家電製品

NA-FW12V1とNA-FW120V5の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けします。

NA-FW12V1とNA-FW120V5は、パナソニック12kg 洗濯乾燥機

NA-FW12V1は2022年6月発売の新モデル。
NA-FW120V5は2021年6月発売の旧モデルです。

NA-FW12V1とNA-FW120V5の違いが気になりますが、違いはありません。

型番が違うだけです。
ただし、発売年が違うので価格は違ってきます

違いはないので価格の安い方がおすすめです。
新モデルのNA-FW12V1(2022年モデル)より、旧モデルNA-FW120V5(2021年モデル)の方がしばらくは断然安いのでおすすめです。

詳しくは本文に書いていますが、この記事では次のことをまとめています。

・NA-FW12V1とNA-FW120V5の違いを比較
・NA-FW12V1とNA-FW120V5でおすすめはどっち
・NA-FW12V1とNA-FW120V5の共通の特長

NA-FW12V1(2022年モデル)のチェックはこちらから

 

▼NA-FW120V5(2021年モデル)のチェックはこちらから

NA-FW12V1とNA-FW120V5の違いを比較

NA-FW12V1とNA-FW120V5の違いはありません。

型番が違うだけで、性能・機能・デザイン等は同じです。

NA-FW12V1(2022年モデル)のチェックはこちらから

 

▼NA-FW120V5(2021年モデル)のチェックはこちらから

 

NA-FW12V1とNA-FW120V5でおすすめはどっち

性能や機能の違いはないので価格の安い方がおすすめです。

新モデルのNA-FW12V1(2022年モデル)は徐々に価格は下がっていきますが、
しばらくは旧モデルNA-FW120V5(2021年モデル)の方が断然安いのでおすすめです。

NA-FW12V1(2022年モデル)のチェックはこちらから

 

▼NA-FW120V5(2021年モデル)のチェックはこちらから

NA-FW12V1とNA-FW120V5の共通の特長

ここからは、 NA-FW12V1とNA-FW120V5の共通の特長を紹介します。

NA-FW12V1とNA-FW120V5には次のような特長があり、性能・機能・使いやすさなど、とても満足できる商品です。

・温水スゴ落ち泡洗浄
・パワフル立体水流
・多彩なコース
・乾燥機能
・使いやすいデザイン
・ナノイー
・自動槽洗浄
・AIエコナビ

それぞれ詳しく説明しますね。

温水スゴ落ち泡洗浄

温水スゴ落ち泡洗浄というのは、洗剤液を温めることで洗剤の酵素を活性化させて、よりパワフルに洗浄するというものです。

洗剤液を温めるのは、洗濯機の下に温水専用ヒーターがついていて、洗剤液を「お湯」にしてくれるので、別にお湯を用意しなくてもいいです。

また、洗剤は泡立てると洗浄力がアップするのですが、NA-FW12V1とNA-FW120V5では、洗剤液からあらかじめ濃い泡を作ってくれて、洗濯槽に投入してくれます。

温水に泡の作用も加わるので、凄く汚れが落ちるスゴ落ちを実現しています。

パワフル立体水流

温水スゴ落ち泡洗浄に加えて洗浄能力を高めているのが、パワフル立体水流。

NA-FW12V1とNA-FW120V5では、パルセーターと呼ばれる大きな3枚の羽で、
立体的な水流を作って、しっかりと洗浄してくれます。

多彩なコース

NA-FW12V1とNA-FW120V5には、多彩な洗濯コースがあります。

食べこぼしやどろんこ汚れのようなガンコ汚れから、おしゃれ着や毛布まで、洗濯コースを選ぶときれいにすっきり洗うことができます。

パワフル滝洗いコース

ケチャップなどの食べこぼし汚れや落ちにくいシミに最適なコースです。
ケチャップのシミも次のようにきれいなります。

泥汚れつけおきコース

泥だらけのくつ下も予洗いなしでキレイにすることができます。

靴下の泥汚れってなかなか落ちないので、このコースは助かります。

おうちクリーニングコース

衣類を泡で包んで、パルセーター(撹拌する羽)をほとんど動かさないで、
遠心力水流でやさしく押し洗いするコースです。

からみや傷みを抑えるので、次のようなデリケートな衣類も気軽に水洗いできます。

おしゃれ着コース

おしゃれ着をやさしく短時間で洗うコースです。

「おうちクリーニング」コースと比べて短時間で洗うので、布地の傷みを抑えて洗います。

次のようなおしゃれ着の洗濯に向いているコースです。

フレグランスコース

柔軟剤の香りをしっかりと衣類につけるコースです。

柔軟剤を投入する前に、からまった衣類をほぐす行程があります。

衣類のからみを取ってから、柔軟剤を投入するのでしっかりと浸透させることができます。

ソフト脱水

脱水回転数を通常の脱水より抑えて、やさしく脱水することができます。

これによって、脱水シワや形くずれを抑えることができます。

 

乾燥機能

梅雨等の雨の時には嬉しい乾燥機能がついています。

衣類を乾かしながら除菌までしてくれます。

冷却水で湿気を含んだ温風を除湿してから排出するので、洗濯機の周りも暑くなりにくく、快適です。

低温乾燥

また、低温乾燥を選ぶと、衣類の縮みを抑えることができます。

ダニバスターコース

通常の洗濯では落ちにくいダニを繊維から引きはがしてダニを駆除するコースです。

プレ乾燥でダニを高温加熱し、アレル物質を洗い流してくれます。

化繊60分コース

急ぎで洗って乾かしたいときに便利なコースです。

使いやすいデザイン

一般的な洗濯機と違って、手前に操作パネルがないので、すっきりしたフロントになっています。

なので、洗濯物の出し入れラクラクです。

ナノイー

洗濯後、衣類を取り出して、電源を切らずにフタを閉めると、自動でナノイー槽クリーン運転を始めます。

ナノイーの除菌抑制作用によって、洗濯槽の黒カビ発生を抑制してくれます。
これはありがたいですね。

 

また、ナノイーを使って、水洗いできないぬいぐるみやスーツなどのニオイをとったり、除菌をすることができます。

自動槽洗浄

すすぎ後のためすすぎの水を利用して、洗濯槽をお手入れ。
黒カビの発生を抑えて槽を除菌してくれるので、清潔に使えます。

AIエコナビ

センサーを駆使して、洗濯や乾燥時のムダを省いて、節電や時短運転をしてくれて、自動でエコ運転する機能です。

自動で省エネしてくれる機能なので、ありがたいですね。

・洗濯時のAIエコナビは次のようになっています。

洗濯槽へ入る水温を検知。
水温が高いとき(水温約13 ℃以上)は、洗濯時間を短縮します。
さらに水温約25 ℃以上のときは、脱水時間を短縮して節電します。

・乾燥時のAIエコナビは次のようになっています。

洗濯槽へ入る風と出る風の温度差を測定し、衣類の乾きやすさを検知。
乾燥時間を短縮して節電します。

NA-FW12V1(2022年モデル)のチェックはこちらから

 

▼NA-FW120V5(2021年モデル)のチェックはこちらから

NA-FW12V1とNA-FW120V5の違いを比較!おすすめはどっち?のまとめ

NA-FW12V1とNA-FW120V5の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けしました。

NA-FW12V1とNA-FW120V5の違いが気になりますが、違いはありません。

型番が違うだけです。
ただし、発売年が違うので価格は違ってきます。

性能・機能の違いはないので価格の安い方がおすすめです。

新モデルのNA-FW12V1(2022年モデル)より、旧モデルNA-FW120V5(2021年モデル)の方がしばらくは断然安いのでおすすめです。

NA-FW12V1(2022年モデル)のチェックはこちらから

 

▼NA-FW120V5(2021年モデル)のチェックはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました