K-IS9とK-IS8の違いを比較!おすすめはどっち?Toffyふわふわかき氷器

家電製品

K-IS9とK-IS8の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けします。

K-IS9とK-IS8はToffyで人気のふわふわかき氷器。
K-IS9は2022年4月に発売K-IS8は2021年4月に発売されてます。

K-IS9とK-IS8は新旧モデルということで価格は違ってきますが、さらに次の2つの点が違っています。

・K-IS9(2022年モデル)には、製氷パーツが増えた!
・K-IS9(2022年モデル)では、刃の高さ調節レバーにストッパーが付いた!

K-IS9(2022年モデル)で製氷パーツが増えたことで、より多種類のかき氷が楽しめるようになりました。

また、刃の調節ストッパーが付いたことで、より使いやすくなりました。

なので、おすすめはK-IS9(2022年モデル)ですね。

詳しくは本文で書いていますが、この記事では次のことをまとめてます。

・K-IS9とK-IS8の違いを比較
・K-IS9とK-IS8でおすすめはどっち
・K-IS9とK-IS8の共通の特長

K-IS9(2022年モデル)はこちらから

K-IS8(2021年モデル)はこちらから

K-IS9とK-IS8の違いを比較

K-IS9とK-IS8の違いは次の点です。
・製氷パーツの違い
・刃の高さ調節レバーのストッパー有無

それぞれ詳しく説明しますね。

製氷パーツの違い

K-IS9とK-IS8では付属品が違います。

共通の付属品は次です。

・製氷カップ×2個
・フルーツ用リング
・ユーザーズガイド

今回K-IS9(2022年モデル)には次の付属品が増えました。
・製氷パーツ(ハーフ、ミックス)×各1個

この新しく付属した製氷パーツで何ができるかというと・・・

2つの違った味の氷をMIXして作ることで、2つの味が混ざったかき氷を作ることができるようになりました。

ハーフ氷のパーツで作った氷では、半々に別の味のかき氷ができます。

ミックス氷のパーツで作った氷では、2つの味がミックスされたかき氷ができます。

シンプルなかき氷だけでなくて、
「萌える」「映える」かき氷がおうちでお手軽にできるようになっています。

「作って楽しい、食べておいしい」映えるかき氷!

これはとてもいいですね。

ハーフ氷とミックス氷の製氷パーツを使えば、次のようなふたつの味が味わえるおいしそうなかき氷を作ることができます。

刃の高さ調節レバーのストッパー有無

K-IS9もK-IS8も刃の調節レバーがあるのですが・・・

K-IS8(2021年モデル)では、刃の高さ調節レバーを止まるまで回します。
との説明ですが、「強く回しすぎないでください」との注意書きもあって、どの程度回せばいいのかちょっとあいましでした。


K-IS8(2021年モデル)の取扱説明書より

K-IS9(2022年モデル)には、刃の高さ調節レバーにストッパーが付いていて、調節レバーは、刃がストッパーに当たったところで回すのをやめる、というようにわかりやすくなりました。

                 K-IS9(2022年モデル)の取扱説明書より

というように、K-IS9(2022年モデル)は使いやすくなりました。

K-IS9もK-IS8の仕様と違い

K-IS9もK-IS8の仕様と違いを表にまとめました。

K-IS8                  K-IS9
品名 Toffy 電動ふわふわかき氷器 Toffy 電動ふわふわかき氷器
本体寸法 約190(W)×360(H)×200(D)mm 約190(W)×360(H)×200(D)mm
電源 AC100V 50-60Hz AC100V 50-60Hz
定格消費電力 30W 30W
定格時間 5分 5分
電源コード長 約0.8m 約0.8m
付属品 製氷カップ×2個、 フルーツ用リング、 ユーザーズガイド(保証書含む) 製氷カップ×2個、  フルーツ用リング、 ユーザーズガイド(保証書含む)          製氷パーツ(ハーフ、ミックス)×各1個、
重量 約1,625g 約1,635g
刃の高さ調節レバー ストッパーなし ストッパーあり

K-IS9(2022年モデル)はこちらから

K-IS8(2021年モデル)はこちらから

K-IS9とK-IS8でおすすめはどっち

K-IS9とK-IS8でおすすめはどっちかということですが、K-IS8(2021年モデル)
の方が新たに付属の製氷パーツでより多彩なかき氷が楽しめるし、

K-IS8(2021年モデル)は在庫流通分のみでK-IS9より価格が高くなっているので、K-IS9(2022年モデル)がおすすめです。

K-IS9(2022年モデル)はこちらから

K-IS8(2021年モデル)はこちらから

K-IS9とK-IS8の共通の特長

ラドンナのトフィーToffyかき氷器K-IS9とK-IS8の共通の特長は次のことがあります。

・レトロなデザイン
・氷の細かさの調整可能
・ジュースや冷凍フルーツも使える
・ボタン一つの簡単操作
・コンパクトサイズ

それぞれ説明しますね。

レトロなデザイン

デザインは、K-IS8とK-IS9で同じです。

ちょっぴりレトロで親しみのあるデザインが魅力ですね。

キッチンに置いても、まわりの小物ととてもマッチしていて、インスタ映えするような画像がとれますね。

氷の細かさが調節可能

氷ケースに刃の高さ調節レバーが付いていて、氷の細かさが調整可能です。
ふわふわ、さらさら、シャリシャリのかき氷が思いのままに作れます。

調節レバーは【粗】【細】の2種類。

【粗】は、シャリシャリ氷を作るときと、バラ氷やアルコールを含む氷
【細】は、ふわふわ氷を作るとき

自宅にいながら、まるで専門店のような口どけなめらかなかき氷を楽しめます。

氷は付属する専用の製氷カップで作りますが、家庭のバラ氷にも対応しています。

牛乳やフルーツ味もOK

牛乳やジュースを凍らせた味付きの氷や、冷凍フルーツもそのまま削れます。

なので、 定番のかき氷はもちろん、オリジナルの可愛いかき氷まで幅広く楽しめます。

夏らしいマンゴーやパイナップル、タピオカ、 バナナ、イチゴ、練乳などをトッピングすれば、オリジナル台湾風のかき氷も味わえますね。

冷凍フルーツで作るときは、ケースにフルーツ用リングをセットするだけなので簡単です!

ボタン一つの簡単操作

氷をセットしてボタンを押すだけなので、お子さんでも力がない高齢者でも、楽々操作できます。

大人も子供も楽しめますね。


氷を前からセットして、ボタンを押すだけ!

コンパクトサイズ

K-IS9とK-IS8のサイズは、幅19×奥行20×高さ36(cm)とコンパクトです。

コンパクトサイズなので、キッチンに出したままにしておいても場所を取りません。

サイズがコンパクトで場所を取らないのはありがたいです!

K-IS9(2022年モデル)はこちらから

K-IS8(2021年モデル)はこちらから

 

 K-IS9とK-IS8の違いを比較!おすすめはどっち?のまとめ

K-IS9とK-IS8の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けしました。

K-IS9とK-IS8の違いは、次の2つの点です。

・K-IS9(2022年モデル)には、製氷パーツが増えた!
・K-IS9(2022年モデル)では、刃の高さ調節レバーにストッパーが付いた!

K-IS9(2022年モデル)で製氷パーツが増えたことで、より多種類のかき氷が楽しめるようになりました。
また、刃の調節ストッパーが付いたことで、より使いやすくなりました。

価格も2022年モデルの方が安くなっているので、おすすめはK-IS9(2022年モデル)ですね。

K-IS9(2022年モデル)はこちらから

K-IS8(2021年モデル)はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました