F-YZVXJ60とF-YZVX60の違いを比較!パナソニック衣類乾燥除湿機

家電製品

F-YZVXJ60とF-YZVX60の違いを比較!をお届けします。

F-YZVXJ60とF-YZVX60 は、パナソニック 衣類乾燥除湿機の2022年モデルで、デシカント方式の除湿器です。

いずれも軽量でコンパクトなモデルであり、除湿能力も全く同じなのですが、

F-YZVXJ60とF-YZVX60 の違いは、次の点です。

・本体の形状の違い
・ナノイーの違い

詳しくは本文に書いていますが、この記事では次のことをまとめています。

・F-YZVXJ60とF-YZVX60の違いを比較
・F-YZVXJ60とF-YZVX60でそれぞれおすすめの人
・F-YZVXJ60とF-YZVX60の共通の特長

F-YZVXJ60のチェックはこちらから

F-YZVX60のチェックはこちらから

F-YZVXJ60とF-YZVX60の違いを比較

F-YZVXJ60とF-YZVX60の違いは次の点です。

・本体の形状の違い
・ナノイーの違い

それぞれ説明しますね。

本体の形状の違い

両機種のサイズは以下の通りです。

F-YZVXJ60 高さ33.5×幅43.6×奥行17.7cm
F-YZVX60 高さ45.9×幅17.8×奥行35.7cm

それで本体の形状がかなり違います。

F-YZVXJ60は、高さがかなり低く設計されています。

「F-YZVXJ60」は背が低いので、部屋干しの洗濯物の真下に置いて使うことができます。

洗濯物を干すスペースに除湿機がスッポリと納まってしまうので、余計なスペースがなくても部屋干しが可能になるということですね。

あと、真下から乾かすメリットがあります!

洗濯物の水分は重力で下に下がってくるので、下から風をあてると乾きやすくなります

また、両端に長い衣類を、中央に短い衣類を干してアーチ状にして、下部に空間を作るようにすうと、風が通りやすくなり、衣類乾燥が効果的にできますよ。

さらに、スイングルーバーとワイド送風機能で、送風がさらに洗濯物によく届くようになっています。

背が低いので、収納もしやすくなっていますね。

 

部屋が狭くて除湿機を置く場所に困っているという方には、F-YZVXJ60はおすすめです。

 

F-YZVX60はごく普通の形状をしたベーシックタイプのモデルです。

F-YZVXJ60に比べて幅が狭くなっていますが、高さが10cm以上高くなっています。

従来の衣類乾燥機のように、横から衣類に送風して乾かすタイプです。

ナノイーの違い

「F-YZVXJ60」と「F-YZVX60」には、パナソニックの「ナノイー」が搭載されています。

「ナノイー」とは除菌や消臭効果を持つパナソニックの独自の技術です。

ただ、「F-YZVXJ60」と「F-YZVX60」ではそのグレードが違います。

F-YZVXJ60: ナノイーX(エックス)
F-YZVX60:  ナノイー

「ナノイーX」は「ナノイー」をグレードアップしたものです。

洗濯物の部屋干し臭を消臭するスピードは、「ナノイー」よりも「ナノイーX」の方が10倍速くなっています。

 

より効果的に脱臭や除菌をしたいという方は、「ナノイーX」を搭載した「F-YZVXJ60」をおすすめします。

F-YZVXJ60のチェックはこちらから

F-YZVX60のチェックはこちらから

F-YZVXJ60とF-YZVX60でそれぞれおすすめの人

F-YZVXJ60とF-YZVX60でそれぞれおすすめの人は次のような人です。

F-YZVXJ60がおすすめの人

・衣類乾燥は、部屋が狭いので衣類の下に本体を置いて使いたい人
・ナノイーの性能は高い方がいい人

F-YZVXJ60のチェックはこちらから

 

F-YZVX60がおすすめの人

・衣類乾燥は、従来の衣類の横から送風するタイプでいい人
・ナノイーは、高性能でなくてもいい人
・除湿性能が同じなら価格が安い方がいい人

F-YZVX60のチェックはこちらから

 

F-YZVXJ60とF-YZVX60の共通の特長

ここからは、F-YZVXJ60とF-YZVX60の共通の特長を紹介します。

パワフルな除湿能力

F-YZVXJ60とF-YZVX60の除湿能力は同じです。

   50Hz:5.4L/日
 60Hz:5.6L/日

お部屋やクローゼットをしっかり除湿できる除湿能力です。
湿度の高い夏の除湿や、冬場の結露対策にも活躍します。

除湿と同時にナノイーの効果で、家の中をさらに清潔に快適にできます。

デシカント式の除湿器なので、

・温度の影響を受けにくく、梅雨期でも秋冬の寒い季節でもパワフルに除湿してくれます。
・コンプレッサーがないので軽量・コンパクトです。

除湿以外にも、衣類ケアモードや寝具ケアモードで、脱臭や花粉の抑制ができます。

カラッとセンサーで自動停止

洗濯物が乾き具合を予測して運転を自動停止してくれるので、電気代の節約になります。

外出時や寝る前に稼動させても洗濯物が乾いたら自動で停止してくれるので、便利ですよ。

パネルランプで湿度を表示

本体のパネル上のランプで、部屋の湿度の状態がわかるので便利です。

・低湿(赤):湿度が低いとき(約40%以下)
・適湿(緑):適度な湿度のとき(約40%〜約60%)
・高湿(赤):湿度が高いとき(約60%以上)

持ち運びラクラク

F-YZVXJ60は本体側面に取っ手があり、
F-YZVX60は本体上部にハンドルがついていて、持ち運びが楽です。

F-YZVXJ60のチェックはこちらから

F-YZVX60のチェックはこちらから

F-YZVXJ60とF-YZVX60の違いを比較のまとめ

F-YZVXJ60とF-YZVX60の違いを比較!をお届けしました。

F-YZVXJ60とF-YZVX60 の違いは、次の点です。

・本体の形状の違い
・ナノイーの違い

部屋が狭いことなどで、洗濯物の下に本体を置いて、使えた方がいい方、ナノイーが高性能の方がいい方は、F-YZVXJ60がおすすめです。

価格はF-YZVX60の方が安いので、従来型の横からの衣類乾燥でもいい、ナノイーは高性能でなくてもいい方は、F-YZVX60がおすすめです。

F-YZVXJ60のチェックはこちらから

F-YZVX60のチェックはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました