コロナうつの症状とその原因と自分でできる解消方法!

スポンサーリンク

新型コロナの感染予防で自粛生活が続き、そのストレスからうつ症状がでている方は
少なくないと思います。いわゆる「コロナうつ」。
うつになる原因がわかるとその解消もしやすいと思います。
今回は、コロナうつの原因と自分でできる解消方法を解説します。

スポンサーリンク

コロナうつはどんな症状がでるの?

ころなうつになると、気持ちが落ち込むだけではなく、
次のような症状もでてきます。

・食欲がない、逆に食べ過ぎる

・眠れない、寝つきが悪い、夜中すぐ目が覚める

・疲れやすい

・やる気がでない、

・ものごとを楽しめない

・物事に興味をもてない

・自分はダメな人間だと思い込む

・集中できない

・落ち着かない

・死んだ方がましだと思ってしまう

などなどの症状がでてきます。
病院に行って、検査で異常がなければ、
たぶん「うつ病」と診断されるのではないでしょうか。

コロナうつになる原因は?

うつになるきっかけは、ストレスが大きいですが、
ストレスで、脳内ホルモンの分泌が悪くなることで
うつを発症すると考えられています。

うつに関係する脳内ホルモンは次の3つです。

・セロトニン
・ノルアドレナリン
・ドーパミン

これらのホルモンは、
やる気や元気を出したり、
集中したり、落ち着かせたり
楽しさや快感を感じるのに必要なホルモンです。

新型コロナがなければ、
ふだん自宅で過ごすのは、リラックスできて、ストレス解消になるのですが、

新型コロナ感染予防での自粛生活だと、
自分の意思とは別に、自宅待機、自粛を強制されている状態なので、
逆にストレスがたまってしまいます。

ストレスがたまると、とくにこの3つの脳内ホルモンが不足してきて
うつ症状がでてきます。

まとめると、今回の新型コロナの自塾生活のストレスが
脳内ホルモンの分泌を悪くして、
そのためにうつを発症して、コロナうつになっているということです。

コロナうつの解消方法のポイント

コロナうつの解消のためには、
これら3つの脳内ホルモンの分泌をよくしてあげればいいわけです。

◎セロトニンを増やす食べ物
 セロトニンの原料となるトリプトファンを含む食材の
 カツオやマグロ、牛乳やチーズなどの乳製品、
 納豆や豆腐などの大豆製品、
 ナッツ類やバナナ
などをよく摂るといいです。

◎ノルアドレナリンを増やす食べ物
 ノルアドレナリンの原料はフェニルアラニン、チロシンというアミノ酸ですが、
 これが多い食品は牛乳・大豆・カツオ・しらす干し・小豆など
 に多く含まれています。

◎ドーパミンを増やす食べ物
 ・ドーパミンはチロシンというアミノ酸ですが、
 これが多い食品は、
 アーモンド、アボガド、バナナ、牛肉、鶏肉、チョコレート、
 コーヒー、卵、緑茶、ヨーグルト、スイカなど
です。

日光浴でセロトニンやドーパミンは増えるので、
  暑くない時間帯に日光浴をするか、
  窓越しでも、日光の光をあびるだけでも行うといいです。

リズミカルな運動もセロトニンを増やすので、
  散歩やウォーキングや体操、ストレッチなどを行うといいです。

楽しさや快感を感じると、セロトニンやドーパミンは増えるので、
 これは自分の楽しめることを何でもいいので積極的に行うといいです。
(美味しい物を食べるとか、気のあう友人と話すとか、
 好きな音楽を聴くとか好きな写真とか絵とかを見る・・など)

コロナうつは、
ストレスが原因で脳内ホルモンの分泌が悪くなっただけでなく、
自粛生活によって、
・日に当たることが少なくなった、
・運動量が減った、
・食事バランスが悪くなった
などのことでも、
脳内ホルモンの分泌が悪くなってうつにつながっている可能性もあります。

コロナうつ解消方法、できることから始められるといいと思います。

まとめ

コロナうつは、自粛生活によってそのストレスと運動量が減ったこと、日光に当たることが減ったことなどから、脳内ホルモン(セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミン)
の分泌が悪くなったことで発症してると思われます。これらの脳内ホルモンの分泌を良くする、食べ物・日光浴・適度な運動・快感を感じることなどのことを行うことで、
コロナうつは解消できます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました